パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 反貧困   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

厚労省 相対的貧困率 初めて発表

 厚生労働省は20日、「相対的貧困率」を初めて発表しました。

全人口の可処分所得の中央値(07年は228万円)の半分(114万円)未満の人がどれだけいるのか、というのが「相対的貧困率」です。

低い方から高い人までずらっと並べてその真ん中の半分以下は「貧困」だとみなします。
OECD(経済協力機構)が採用している計算方式です。
相対的貧困率の考え方
(厚労省のプレスリリースより)

 「所得」は収入から税金と社会保険料を引いたもの。(給付がある場合は足す)


ですから、07年でいえば、税金と社会保険料を引いた残りが114万円に達しない人がどれだけいるのかということになります。
 その率、15.7%。7人に一人が年収150万円に届かない。

政府は長年にわたって調査をせず、貧困の実態を覆い隠そうとしてきました。

湯浅誠さんは、著書『反貧困』(岩波新書)で、
「なぜ、日本政府は貧困問題に向き合おうとしないのか。日本社会における貧困の広がりを認めなければ、貧困が生みだされる社会構造はそのままに放置され、貧困はさらに拡大する。生活苦による犯罪、児童虐待を含む家庭内暴力、自殺は減ることはなく、社会の活力はますます失われ、少子高齢化にも拍車がかかっていくだろう。ただちに大規模な実態調査を行い、その結果を踏まえて対策をたてるべきである」(102ページ)
「政府を始めとする日本社会総体は、貧困問題に関して、依然としてスタートラインにさえ立っていない」(104ページ)

と告発し、その調査を求めていました。

民主党政権になって、そのスタートラインに立ちました。おおいに評価していいと思います。

明らかになった貧困ライン、所得114万円。
これに満たない人をなくすことがつぎの課題です。

そのために、最低賃金を時給1000円に引き上げることが一つ。
また、派遣労働を原則禁止し、低賃金労働の温床をなくすこと。

生活保護の老齢加算や母子加算を復活し、保護費も引き上げる。

貧困ラインに満たない国民年金受給者に対しても加算をすること。

労働政策と社会保障政策を重ねあわせて、「セーフティーネット」の網目を細かくすることが求められています。
省庁再編で「厚生労働省」になりましたので、その名にふさわしく、縦割り・縄張り主義でない、総合的な施策を打ち出して欲しい。

 財源は、いままで大まけにまけてきた、大企業と大資産家への税金を1989年の水準に戻せばいいのです。そうすると法人税で4.4兆円、所得税で1.2兆円、それに連動した地方税6000億円。合計、6.2兆円の財源が生みだされます。それに加えて大企業むけの優遇措置を是正するとなんと20兆円(自治労連「大企業・大資産家に応分の負担を求めるQ&A」パンフレット)。

民主党がマニュフェストにかかげた「中小企業に総額2100億円の財政・金融対策」の財源だって余裕でひねりだせます。

生活保護の老齢加算・母子加算の復活に必要なのは490億円にすぎません。

子育て支援の財源を、扶養控除、配偶者控除の廃止など、庶民増税に求めるやり方は間違いです。
これでは、ビンボー人のいす取りゲームになってしまいます。カネのあるところから取るのです。
 
 ちなみに、輸出企業は消費税が戻ってくる(日本の消費者=国民が負担する税金だから外国へ輸出する車には消費税がかからない)のですが、トヨタ1社で年間いくらでしょう?

2008年3月決算で3,219億円です。 トヨタは受け取りを辞退して、中小企業予算にしたらいいのではないでしょうか?(こんな税金は廃止すべき!ですね)

最低時給が1000円になったら、中小企業の多くは倒産するか、人を減らすかして、雇用そのものが失われ、非現実的だという意見もありますが、とんでもない。
もちろん、政府による中小企業対策の抜本的な強化、時給引き上げのための援助は必要です。

きちんと賃金を払えるだけの、仕事と単価をつくりだすことが大切です。

低賃金労働者の賃上げは、消費にすぐに結びつきます。
それは、中小企業の仕事を増やすことにも繋がるのです。
労働総研の試算によると、生産誘発効果、2兆6000億円です。

時給1000円波及効果



Comments
NoTitle 
おお、すばやい情報ありがとうございます。厚労省の算出方法の表、よくわかりました。これからよく使われる表になりますね。
昨日の朝日に竹中平蔵が1面いっぱい使って出てきてて、目が回りました。いまだに規制緩和だ成長路線だと叫んでいて、誰のための?と質問しない朝日のインタビュアーに苛立ちました。
相対的貧困率はめやす 
あの表、検索したら厚労省のプレスリリースにあったの。
中央値の半分未満を貧困とするのは一応のめやすですね。
ボクは中央値228万円でも十分、貧困だと思うけど。

06 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。