パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: うたごえ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

しずく完成。 が、歌えない…

 8月16日、病人をこき使って、しずく工房社歌「しずく」が完成いたしました。

詞はボクが書いて、山ノ木師匠に直してもらいました。
以前にも載せたことがありますが、いま一度。

         しずく

作詞 比嘉 昇/作曲 どすこいブラザーズ


凍てつく大地に 木枯らし吹く
木々は葉を落とし 虫たち潜(ひそ)む
乾いた大地に 風ざわめく
ほこりまいあがり けものたちさまよう 

このしずく あふれて 大地潤(うるお)せ
草花よ 根を張れ どこまでも深く

凍てつく大地に 光さす
雪は溶けだし せせらぎ流れる
芽を吹く大地に 風そよぐ
鳥たち飛び交い 梢(こずえ)ささやく

このしずく あふれて 大地潤せ
草花よ 咲きほこれ いのちのかぎり

みどりの大地に 人々つどう
ともに学んで 明日(あした)を語る
みどりの大地に うた響かせ
歩いてゆくのさ ギターかかえて

このしずく あふれて 大地潤せ
言の葉よ つなげ 人々の願いを
このしずく あふれて 大地潤せ
言の葉よ つなげ 人々の願いを


曲はボクがつくったのと、ブラザーK栖がつくったのを、山ノ木師匠が病床でうまく
ミックスして仕上げてくれました。熱があったのに申し訳ない&感謝感激です。

とってもいい感じで気に入っています。

が、問題は譜面どおりに歌えないこと。ここに超いい加減フォークシンガーふとめしんどの
最大の弱点があります。

 昨日もブラザーにしごかれました。とくにハモりの部分が、すぐつられてしまい、ずるずるです。
上を歌おうが下を歌おうが、すぐつられてしまうのです。

 本番まであと2日。ちゃんとハモれるようになるだろうか

090817006.jpg

Comments

05 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS