パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 核兵器廃絶   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

矛盾に満ちた日本の核政策

090727009.jpg

広島修道大学名誉教授の岡本三夫先生(名前をクリックすると岡本先生のホームページへいきます)から、「アメリカの核戦略見直しの足を引っ張る日本政府」について、コメントが来ました。

 許可をいただきましたので、このブログに転載します。

岡本三夫です 

 日本の核政策は矛盾に満ちています。

 たとえば、「唯一の被爆国」であることを主張しながら、米ロ英仏中という核兵器5大国に対して、核兵器廃絶をめざして立ち上がった新アジェンダ連合7カ国から呼びかけがあったのに、これを拒絶しています。

 日本政府は新アジェンダ連合のような「非現実的・急進的アプローチ」ではなく、「現実的・漸進的アプローチ」をとるというのが拒絶の理由ですが、実際は、米国の「核の傘」によって防衛されているという前提があるためであり、そのために日本国内の米軍基地に配備されている可能性のある核兵器や日本の港や空港に立ち寄る艦船・航空機の核兵器搭載の有無を不問にふしており、「非核三原則」の「持ち込ませず」とも矛盾しています。

 「北朝鮮の脅威」という国内議論を背景に日本政府は米国でも実証済みとは言い難いミサイル防衛に膨大な予算を投入しており、これも「防衛上の必要」よりも「米の強い意向」に押された「政治的判断」だと考えられます。

 さらに、米ロによる宇宙空間への核軍拡が懸念されていますが、日本政府はイージス艦にミサイル防衛システムを導入するなど、日本が現実に行っていることは、防衛能力が不確かな巨額の兵器システムを購入し、周辺諸国を刺激して新たな軍拡競争の引き金を引こうとしています。

 北朝鮮に関しても「北朝鮮に対して核不使用の確約をしないよう」日本政府自身が米に要請しています。「核の傘」どころか、「核の槍」ではないかと評される所以です。

 その他、これまで広島・長崎市が海外で展開してきた「ヒロシマ・ナガサキ原爆展」に対しても、「対米配慮」から政府は冷ややかであり、支援体制はとっていませんし、数千発の核兵器が製造可能な膨大な備蓄量のプルトニウムのために、周辺諸国は日本を潜在的な核兵器国とみなしています。 

 矛盾の最たるものは 「自衛のための最低限度の戦力は憲法九条第2項に抵触するものではない」という政府答弁で明らかになったように、「この戦力は通常兵器であるか核兵器であるか」は限定していないというものです つまり 政府答弁では 自衛隊は核兵器も持てるということです

 もちろん NPT加盟の非核兵器国である日本は 核武装するためには かつての北朝鮮のようにNPTからの脱退宣言をしてからでないと核兵器は持てません それに違反すると 国際的な制裁が加えられます。 


 以上が岡本先生のコメントです。

 田母神氏らはこの矛盾を突いて、核武装論を叫んでいるのでしょう。
 
 この矛盾を核兵器廃絶の方向で解消することが日本人に求められていると思います。そういう運動がいま、一番必要だと思います。「オバマさん、いらっしゃい」のオバマ大統領だのみではダメです。
 
 そう思いませんか、秋葉市長。

090730005.jpg
(今朝の天満川)

Comments
No title 
秋葉さんは「オバマ頼み」で核が廃絶できると考えてる人なんですか。
No title 
そんなことはないと思いますよ。

たぶん、秋葉さんも核廃絶の世論が大切だと思っているんじゃないでしょうか。


08 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。