パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: 熊本震災ボランティア   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

くまもとボランティア日記(2)

14日(火)快晴  ときおり涼しい風が吹くが最高気温30℃

今日は、一回目の地震で倒壊したお宅の解体作業を手伝いました。

KIMG0532_convert_20160625042056.jpg

重機が建物を少しずつ壊し、ボクら、チーム広島がテレビや仏壇など家財道具を運び出します。

KIMG0550_convert_20160625042124.jpg

実印など探していたものを見つけると、大変喜んでいただき、ボランティアにきて良かったと思います。

2ヶ月前の夜9時半ごろ、一回目の震度7が襲い、奥さんは5歳の息子さんを風呂に入れていました。

建物は倒壊し電気も切れ真っ暗。息子さんは激しい揺れでどうやら湯船のなかから放り出されたようです。慌てて子どもを掴みましたが、天井が落ちて脱出できない。一時間後に助け出され、家族全員無事だったそうです。

さまざまなものを運び出しながら、壊されたのは、建物というより、暮らしなのだと思いました。

KIMG0144_convert_20160625044712.jpg

午後も引き続き、同じお宅で家財道具の救出です。

午前中は2階の物を運び出しましたが、午後は1階。

重機が天井の太い梁と2階の床を上手に剥がし、1階の物がガレキとともに見えてきました。

ここはおばあちゃんの部屋だったそうで、おばあちゃんも避難所からやってきました。なんと91歳。

1階の物はほとんどダメなのではと思いましたが、そうでもありません。

ミシンが無傷でみつかりました。隣に金庫があったので、そのおかげで潰れることもなく、また雨がしみこんでもいませんでした。このミシンで袋物をつくっていたそうで、その作品もすこし土埃がついていましたが、ほぼきれいな状態で発見しました。

 「大変だったですね」と声をかけると、「91歳まで生きてきたので、いつ死んでもいいと思っていたが、死にたくない、助かりたかったです」とおばあちゃん。

 「せっかく命拾いをしたのですから、100歳まで生きて下さいね」とボク。

リクエストに応えていろいろ発掘しましたが、作業終了間際に「おばあちゃんの貴重品の入っている袋があるはずなのでそれを探して欲しい」と奥さんに言われて、必死にさがすと、それらしき袋を発見。

おばあちゃんに「これですか?」と聞くと「そうです」という返事。手を合わせて拝まれました。

KIMG0565_convert_20160625042245.jpg

KIMG0570_convert_20160625045023.jpg

KIMG0567_convert_20160625045110.jpg

作業を終えて帰るとき、見送ってくれたおばあちゃんは涙を流していました。

そこまで喜んでもらえて、こちらも感激です。来てよかった。


Comments

05 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS