パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 反貧困   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

新自由主義という名の「戦争」 7月29日のニュースから

090730012.jpg
(7月30日午前5時ごろ)

また新自由主義の犠牲者が増えました。小さな命です。
何の罪もないのに生まれてすぐに殺された。
「咎(とが)なくて死す」です。かわいそうに。

<えい児遺棄>ネットカフェのトイレで死亡 東京・渋谷
7月29日23時39分配信 毎日新聞

 29日午後5時ごろ、東京都渋谷区宇田川町のビル6階のインターネットカフェで、店員が女子トイレで生後間もない男児を発見し、110番した。男児は病院に搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。警視庁渋谷署は、店内から病院に搬送された女性が、トイレ内で男児を出産し放置した疑いもあるとみて、保護責任者遺棄容疑で事情を聴く方針。
 同署によると、男児は裸でへその緒が付いたままだった。ネットカフェの利用客がトイレが詰まっていると店側に知らせ、点検したところ、男児が便器内に沈んでいるのが見つかった。同日午後4時ごろ、店がトイレを点検した際は異常がなかったという。【町田徳丈】



「無責任な親」、個人を問題にしているかぎり、このような事件はなくなりません。
政治の問題としてとらえる必要があります。

(1)労働法制を改めワーキング・プアをなくすこと。労基法第6条「何人も、法律に基づいて許される場合の外、業として他人の就業に介入して利益を得てはならない」(中間搾取の禁止)の精神にもとづき、派遣労働を原則禁止にすることです。
 また、最低賃金を1000円以上に引き上げることです。

(2)社会保障予算の削減をやめ、医療の予算を増やすこと。
憲法25条の精神で社会保障を充実発展させる。
具体的には、医師削減方針を改めること。
出産にかかる費用に保険を適用すること。さらには無料にすること。

(3)児童手当を大幅に引き上げ、子育て環境をよくすること。

そうすれば、このような事件はなくなります。

「人間を食ったこともない子どもは、まだいるかしらん。子どもを救え・・・」(魯迅「狂人日記」)

この魯迅の言葉を哲学者の高橋哲哉さんが発言に引用しているページを発見。読んでみて下さい。さすが、高橋さんです(高橋さんの名前をクリック)。

090730010.jpg

Comments

11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。