パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: 本を読む   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

ジャーナリストの果たした役割を伝える

書評「JCJ賞受賞作で読み解く 真のジャーナリズムとは。」
(日本ジャーナリスト会議60周年史編纂委員会)
 KIMG0613_convert_20160619094343.jpg

JCJが60周年を迎え、その年誌を編んだ。あまりに政権寄りの報道に、今日、マスコミならぬ「マスゴミ」という蔑称も生まれた。しかし、本書を読むと戦後ジャーナリズムは決してゴミではなく、「真実の報道追及」「権力の監視」「言論・報道の自由を守る」たたかいの最前線に立ってきたことが分かる。

本書の特徴は「JCJ賞受賞作で読み解く」点にある。JCJがどういう報道、放送、著作に光を当ててきたのか。60年安保闘争時に「真実を知ろうと願う聴取者のために、判断の材料を提供した」ラジオ東京報道部。徹底的に足で取材した「福島県汚職事件」報道(1978年)、「客観報道主義」からの脱却をめざし、論点を明示する報道を展開している東京新聞(2014年)、などなど。

 「真実の報道を通じて世界の平和を守る」を掲げてスタートしたJCJは、「賞を選ぶ視点をまず反核・反戦・平和」に置き、小田橋弘之『君が代は微風にのって』(1983年)、関千枝子『広島第二高女二年西組」(85年、本書本文では「四組」となっているが「西組」である。年表は正しい)、椎名麻紗枝『原爆犯罪』(86年)、土田ヒロミ『ヒロシマ』(同)などに賞を贈っている。

受賞作や候補作は、日本のジャーナリズムが「時代の真実に肉薄し、写し出す努力」をしてきたことを裏づける。残念なのは、「JCJ賞受賞作で読み解く」ことに徹しきれていない点だ。時代状況に紙数の多くが割かれ、受賞作品の内容、評価、受賞者の声などの紹介がおろそかになっている。せっかくの視点が生かされていないことを残念に思う。

少なくない受賞作が現在では接することができない。アーカイブスを整え、活字はJCJ叢書、映像はDVDシリーズとして伝えられるようになることを期待している。

  (日本ジャーナリスト会議発行、1500円)

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS