パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Shin-Go物語   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

Shin-Go物語 はじめまして二見伸吾です (1)

8月6日に生まれて

1963年8月6日、神奈川県伊勢原町(現在は伊勢原市)で産声を上げました。

「8月6日生まれ」というとみなさん、「へえ」とか「ほう」という反応をされます。当たり前のことですが、別に努力してこの日に生まれたわけではありません。コウノトリが両親の元に届けてくれたのがこの日だったというだけです。しかし、自分の誕生日の朝にテレビに映し出される式典の模様に関心をもったことはもちろんです。

1927年生まれの父親は、志願して兵隊になりましたが、戦地におもむく前に敗戦を迎えました。「必ずこの戦争は負けるから行くなと両親(わたしのおじいさんとおばあさん)から言われたがそれでも自分は行った。そういう教育を受けたからだ」と父から聞いたことがあります。3つか4つの頃、傷痍軍人がアコーディオンを弾いて物乞いをしている姿もみたことがあります。戦争の跡がまだ残っていたのです。

1970年、大阪万博の年に伊勢原小学校に入学。田んぼに入ってはザリガニやヤゴを捕ったり、高学年になって自転車が買い与えられると、友だちと連れだってサイクリングにでかけ、道に迷って途方に暮れるという日々を過ごしておりました。

今ほどではありませんが当時から太っていましたので運動は苦手でした。あと音楽もだめ。ハモニカとか全然吹けません。音楽については親はなんとかしようと思い、小学校2年生からエレクトーン教室に通わせました。

親の心子知らずといいますが、家でまったく練習せず、うまくなるはずがありません。5年生まで通って、普通の人なら半年で楽々いくようなところまでしか上達しませんでした。ただし、音楽の成績は普通ぐらいにはなったので、全く無駄というわけでもなかったのでしょう。

あと作文が苦手でした。作文の時間になるといつも「書くことがない。書くことがない」と言い、原稿用紙とにらめっこ。今こうして書いているのが不思議です。本もほとんど読みませんでしたね。機械いじりというか機械壊しをよくしていました。

生徒会活動に打ち込む 中学時代

76年、伊勢原中学校に入学。私が入学する少し前に万引き事件が起こり、週刊誌に「なぜこのような田舎の学校で」などと書かれました。先生方は力で押さえつけるのではなく、生徒の自治的活動を促して、それを乗り越えるちからを生徒たちにつけさせようとしたのです。

わたしは生徒会活動改革のまっただなかに中学に入学し、中3のときに生徒会本部役員になりました。生徒会会則の改正、体育祭や文化祭の改革。熱心に論議して、その結果に基づいてどんどん変わっていく。みんなで論議して、みんなで決めて、ひとつのものをつくりあげる。これほど面白いものはありません。わたしが民主主義が大好きなのは、この中学校の体験からです。

ある日、生徒会顧問の先生が、「伸吾ちゃんはこういうのが好きでしょう」と『あたらしい憲法のはなし』の復刻版をくれました。日本国憲法制定直後に数年しか使われなかった文部省がつくった中学校社会科の教科書です。表紙がとれてぼろぼろですが今でも持っています(新しいのも買いました)。日本国憲法も大好きになりました。

KIMG0496_convert_20160610200853.jpg
(買い直した「新しい憲法のはなし」と中学校の文化祭「秋桜祭」のパンフレット。1977年〔中2〕と78年〔中3〕)

77年のスローガンは「心で築こう ぼくらの文化 この手でつかもう小さな何か」
78年は「僕らの心 今こそ一つの輪になって 作り上げよう 秋桜祭」

77年の秋桜祭でステージに立つ 一番左ね。
南こうせつとかぐや姫の「うちのお父さん」をうたい、アンコールをもらいました。フォークギターが7本。みんな弾きたかったんだねえ。

「♪春になれば 下がり梅の花が咲きます お父さん にっこり笑う にっこり笑う あした天気になあれ」

iseharachugaku001_convert_20160610203735.jpg

Comments

08 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。