パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: 府中町   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

少しずつ手応えが

6月7日(火)。

午前は、あいにくの雨。朝5時の天気予報では演説を始める10時頃にはあがるとあったのだが、時間を追うごとに曇りになる時間が遅くなり、9時過ぎには一日中雨という予報に変わる。今日の午前はは周防大島から応援に駆けつけてくれた方と一緒に動くことになっているので、なんとしても雨が上がってほしいと、祈るような気持ちでした。

11時頃は曇りという予報をみて「とりあえず10時30分に事務所においでください」とメール。事務所に着いて気づきました。「そうだ、宣伝カーがあるじゃないか」と。

午前中4回ほど演説しましたが、最初の2回は小雨で全くのオッケー。3回目と4回目はけっこうな降りでした。3回目、傘をさしてじっと聞いている女性がいて、初めての聴衆だ、終わったら握手しにいこうと、はやる気持ちを抑えて演説しました。
と、ところが、半分ぐらい過ぎたところで、車がきてサヨナラ。迎えを待っていたんですね。まあ、聴いてはなかったかも知れませんが、間違いなく聞こえていたでしょう。

午後は、うってかわって晴天で蒸し暑い。14時からぶらざあとともにスタート。ハンドマイクはダブルです。最初は、保育園のちかく。宣伝をはじめてまもなく、若い男の人がきて「子どもたちがお昼寝しているのでやめてほしい」とのこと。保育士さんだったんでしょうね。

こりゃまずいとさっさと終えて次の場所に行こうとして、ふりかえると、ぶらざあが60代の男性となにやら話している。こりゃあしまった。また注意されたかと思い、あわてて「すみません、これから注意しますから」と平謝り。
すると「いえいえ、そうではないんですよ。戦争法反対とかのステッカーはどこにいったら手にはいるのか、教えて欲しいという話をしていたんです」と。

「ほんとうに安倍さんは危ないと思う。どの政党を支持しているわけではないが、共産党にがんばってほしい。前回も投票しました。社会保険労務士をしているけれども、本当に労働者はひどい扱いをされている」という話でした。10分ぐらい話したでしょうか。
お昼寝の時間については気をつけないといけませんが、演説を聴いて、出てきてくれた人がいて、感激しました。

午後6回目、小学生2人と園児1人が聞いてくれ、「明日も来てね」と言われました。

今日も、実り多い一日で、少しずつ手応えを感じ始めています。

累計71回。100回までもう一息です。
Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS