パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: 経済   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

浜矩子講演から考えるアホノミクスの向こう側(1)

2015年11月3日、広島県9条の会ネットワーク主催の「憲法のつどい・ひろしま」が開かれ、経済学者の浜矩子さんが講演しました。

浜さんはアホノミクスから一番遠いところに私たちのめざす経済のあり方があると言いました。それは浜さんの名の通り「己の欲するところに従えども矩を超えない」経済と言い換えることもできます。

浜さんはあまり具体的なことはおっしゃいませんでしたので、浜講演をヒントにしつつ、アベノミクスが推し進めている経済政策を批判し、私なりの「平和の経済学」を述べてみたいと思います。

1.医療と福祉を重視する

受診抑制と医療崩壊

アベノミクスからの転換が求められる第一は、医療と福祉の分野です。いまアベノミクスのもとで社会保障の解体が進められています。医療費の自己負担は増え、入院日数も厳しく制限し、必要な医療が受けられない状況、受診抑制が広がっています。

厚労省は医療費を削減するために病院のベッドを減らすことを考えています。ベッドがなければ入院できないからです。2013年の総ベッド数は134万7千床。このまま推移すると2025年には152万床が必要になると試算した上で、115~119万床に絞るというののです。30万人以上が入院できなくなる。はみ出した人はどうするのか?高齢者住宅や在宅で対応する。そこでの医療水準は当然、病院より低く安上がりになるということです。

診療報酬も削減。病院や診療所が同じ医療を提供しても収入は減少します。医療機関は消費税を払うことはあっても患者さんからもらうわけではありません。診療報酬が下がれば、医療機関の負担は重く、医療崩壊がさらにすすむことになります。

日本の医療費は決して高くありません。医療費を削減しなければ財政が破綻するなどというのはあきらかに誇大宣伝。


グラフ1は、医療費の名目GDP比率のOECD諸国との国際比較(2011年)です。上から三分の一ぐらい。

HP176zu7-1_convert_20160104103721.jpg

グラフ2は、一人当り国民医療費を購買力平価(米ドル基準、2011年)での比較です。まんなかからやや下ぐらい。

HP176zu7-2_convert_20160104103921.jpg

「危機だ、危機だ」とさわぐほどのことはありません。現在の医療費は年間40兆円ですが、日本国民はその半分ぐらい(19兆円)をパチンコにつぎ込んでいます。大きいように見えて、その程度なんですね。



Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS