パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: 福島生協病院の歴史(第1部)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

歴史に学び 病院の新しい未来を(14) 完

自信はなかったけれど

地区外の人が医療生協に入るだろうか、受診に来るだろうか。自信はなかったけれども、医療部会の指導にしたがって活動を始めました。すると、いろいろ知恵が出てきて、①組合員増やし、②出資金増やし、③健康班会、④活動家づくりという生協4課題の目標と到達も年ごとに大きくなっていったのです。それとともに経営の先もみえるようになりました。
 
「診てもらう」「診てあげます」という古い意識が邪魔をして、組合員と役職員が同じ目線で協同することがなかなかできなかったのですが、組合員が増え、出資金が増えるとともに、こうしたギャップも克服されていきました。それとともに、「やればできる」という自信が広がっていったのです。

誇り高きあゆみ

 こうして、広島中央保健生協は新しい歩みを始めました。その後も幾多の困難に直面し、それを組合員と職員が力を合わせて乗り越え、今日にいたっています。

 福島生協病院の院長であった田阪正利さんは著書『部落問題と原爆の町』のあとがきで「この町のあゆみは誇り高い」と書いています。

「新しい思想を持つ町」であり、「一層深刻になった貧困と差別からは、旧来の身分制支配の時代とは異質の、より近代的な批判精神が育っていったのではなかろうか、と思うようになった」

「このような新しい思想と近代的な批判精神は一体となり、素朴で開放的で合理的でこだわりのないこの町の作風となり、明治中後期にかけて定着した。この作風は時代とともに、一致協会、水平社、町民有志ほかの諸活動となって体現されていくが、戦後も太い地下水脈となって諸活動に栄養を与え続けているようである。……こうした一貫した流れがあることが、この町のあゆみを誇り高いものに感じさせるのであろう」

この町にある、福島生協病院、そして広島中央保健生協のあゆみもまた誇り高い、といえるのではないでしょうか。

初代院長の中本康雄さんに「福島生協病院、広島中央保健生協の歴史のエッセンスはなんでしょうか」とお尋ねしました。

 「それは、あきらめない心です。60年の歴史を通して、未解放部落であった福島町の姿はすっかり変わりました。診療所を始めたときには想像も出来なかったことです」

あきらめない心をもち、誇り高く歩みつづけること。それが今日の福島生協病院をつくり、未来の福島生協病院をつくってゆくのです。

    (第1部おわり)

《参考文献》
『広島中央保健生協50年誌』広島中央保健生協、2010年
ふくしま文庫編『地域民主主義を問いつづけて』部落問題研究所、1992年
田阪正利編『部落問題と原爆の町』部落問題研究所、2000年
石田寿美恵『麦飯花 白衣の半世紀』日生協医療部会、1992年
『民医連綱領・規約・歴史のはなし〈2005年改訂版〉』全日本民医連
『無差別・平等の医療をめざして』全日本民医連、2012年





Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS