パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: 体験的・古典の修行   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

賃労働と資本(8) 体験的・古典の修行

賃金は何によって決まるのか

今回は、第2章75頁からです。

商品の価格は変動するものの、変動する幅の中心にあるのは生産費=コストでした。では、労働力という商品の価格の場合はどうでしょうか。

マルクスは「商品価格を規制しているのと同じ一般的な法則が、当然に、賃金すなわち労働〔力〕の価格をも規制している」(75頁)といいます。

賃金も需給関係によって変動。人手が足りなければ賃金は上昇します。建設業界はいま人手不足で賃金が上がっているようですね。

 「2011年3月の東日本大震災以降、建設会社が被災地だけでなく全国で技能労働者の確保に苦労している。復興需要の増大に伴い、技能労働者の賃金は上昇傾向にあり、その市場は全国的に《「売り手市場》となっている」(2012/11/21日経web版)

そして、変動する幅の中心点は、その生産費であるということも一緒です。

 

「労働〔力〕の価格は生産費によって、つまり、この労働力という商品を生産するのに必要な労働時間によって、決定されるであろう」(75頁)



では、労働力商品を生産するためのコストとは何でしょうか。

「それは、労働者を労働者として維持するために、また労働者を労働者にそだてあげるために、必要な費用である」(同)



第一に労働者本人が生きていくための費用です。衣食住が基本ですね。

第二に、養成費です。修業期間が長い場合はそれがプラスされます。医師、弁護士、公認会計士などの賃金(自営でなく雇用されている場合ですが)が高い理由はここにあります。なるのに大変な仕事は労働力の価格が高いということです。

第三に、「繁殖費」。マルクスはストレートですね(笑)。労働者が一代限りでは、資本は儲け続けることができません。未来の労働者を生み出さないといけない。

「労働力の生産費にも、労働力の種族が繁殖して、消耗した労働者を新しい労働者ととりかえることのできるための繁殖費を加算」します。家族の生活費です。学費も入りますね。

このように賃金を決めるベースになるのは、圧倒的多数の人にとって本人と家族の生活費であり、一部の人によっては養成費が加わります。

 「この生存および繁殖費の価格が、賃金を形成する。こうして決められた賃金は、賃金の最低限とよばれる」(77頁)



あくまで労働者全体として

次の指摘がとても重要です。 

「この賃金の最低限も、一般に生産費による商品価格の決定と同じように、個々人についてではなく、〔労働者という〕種族についてあてはまることである」



賃金が労働力の価格として生活費を賄うものだというのは、労働者一人ひとりに当てはまるのではない、と言っているのです。 マルクスは続けます。

「個々の労働者は、幾百万人もの労働者は、生きて繁殖してゆけるだけのものをもらってはいない。しかし、労働者階級全体の賃金は、その変動の範囲内で平均化されて、この最低限におちつく」(同)



賃金が生活費として十分なのは、労働者階級全体として、あくまで平均として、そうだといえるのであって、かなりの部分が不十分なのです。今もそうですね。1990年代後半から非正規雇用が増え、不十分な層が広がっています。

労働力が萎縮する

 『資本論』では次のように述べられています。

 「労働力の価値の最後の限界または最低限界をなすものは、日々その供給を受けなければ労働力の担い手である人間がその生活過程を更新しえないようなある商品総量の価値、すなわち、肉体的に必要不可欠な生活諸手段の価値である。もし、労働力の価格がこの最低限にまで下がるならば、それは労働力の価値以下への低下である。というのは、その場合には労働力は、ただ萎縮した形態でしか維持され発揮されえないからである」(新日本新書版②295頁)



日本では急速に「価値以下への低下」が進行し、労働力は萎縮しています。そのことを示すのが子どもの貧困です。貧困は、不十分な衣食住、適切なケアの欠如(虐待・ネグレクト)、文化的資源の不足、低学力・低学歴、低い自己評価、不安感・不信感、孤立・排除などを子どもにもたらします(『子どもの貧困白書』2009年、明石書店)。これが「萎縮する」ということですね。
 
資本とはなにか

 「3」(78頁)にいきましょう。

「資本は、新しい原料、新しい労働用具、新しい生活資料を生産されるたためにつかわれる、あらゆる種類の原料、労働用具、生活資料からなりたっている。資本のこれらの構成部分はみな、労働の創造物、労働の生産物であり、蓄積された労働である。新しい生産のための手段として役立つ蓄積された労働が資本である」(78頁)



資本とは蓄積された労働である。富は労働によってつくりだされるという労働価値説の立場です。

しかし、こういう説明では不十分だとマルクスは言います。

「黒人奴隷とはなにか? 黒色人種の人間である。右の説明はこういう説明とおっつかっつである」(同)



「おっつかっつ」とは両者が変わりないということ。「どっこいどっこい」ですね。

「黒人は黒人である。一定の諸関係のもとではじめて、彼は奴隷となる」(同)



「蓄積された労働」が、どういう諸関係のもとで資本となるのかを明らかにしなければならない。その答えはちょっと飛んで、82~3頁にあります。

「直接の生きた労働力との交換をつうじて、自立的な社会的な権力として、すなわち社会の一部の成員の権力として、みずからを維持し、ふやすことによってである。労働能力のほかになにももたない一階級が存在していることが、資本の必要な一前提である。
蓄積された、過去の、対象化された労働が直接の生きた労働を支配することによってはじめて、蓄積された労働が資本となるのである」



労働によってつくり出された富が蓄積されるだけでは資本ではありません。「蓄積された労働」が「生きた労働力」と交換され、生きた労働を支配することが必要なのです。

 『資本論』では「蓄積された労働」を「死んだ労働」とも呼んでいます。

「資本とは、生きた労働を吸収することによってのみ吸血鬼のように活気づき、しかもそれをより多く吸収すればするほどますます活気づく、死んだ労働である」(新日本新書版②395頁/原書S.247)



これは、まさにいまの日本ですね。私たちは、私たちがつくりだした富=死んだ労働によって支配され、生き血を吸われているのです。資本は空前の富を手にして凱歌をあげ、労働者は疲弊してゾンビのようになっています。
 
Comments

05 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS