パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 近況   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

配達弁当の秘密


10152375_793512894069386_5679074651138479364_n.jpg

フェイスブックに「配達弁当の謎」という題を付けて次のような投稿をしました。

今年1月から職場に、配達弁当が来るようになった。それまで毎日、弁当を作って持っていっていたが共済から補助があり、安いので利用することにした(定価が500円以下で補助があって一食330円)。

朝9時半までに電話することになっている。だいたい9時過ぎに電話しているのだが、忘れて9時半に向こうから電話がかかってくることもある。

それで、10時前には弁当が到着しているのだ。工場から30分以上かかるはずだ。なぜ、こんなに早い! 弁当を載せた車はすでに発車しており、無線で連絡が入って届けているのか? その秘密が知りたい。



するとさっそく情報が入りました。

携帯をヘッドセットにして、常時運転しながらの対応もしているみたいです。



やはり配達車はすでに動いており、会社から携帯で指示がくるのだ。ああ、もう無線の時代ではない(まあ携帯も無線だけど)。

別の方の証言も来ました。

弁当屋に勤めていたことがあるけど、予測して準備しなければ間に合わないのです。それで、追加分を中継点に持っていく係もいます。




製造現場にいた人からの情報も入りました。

時計が0時を回るといっせいに作りはじめるのです。4時くらいにはできあがり、ベルトコンベヤの周りに人がはりついて、弁当箱を流しながら盛り付けていきます。9時には完成します。



そういうことなんだ。ふむふむ。すると第二信がすぐさま届きました。

野菜はほとんど大陸産冷凍品。揚げ物惣菜も工場製造品。加熱して、混ぜ合わせて盛り付ける。自動車のメーカーと一緒です。海外で安い資材を調達し、下請け、孫請けの零細メーカーを泣かし、組み立てラインでヒトを深夜にこき使う。

某コンビニの専用工場もありますし、いろんなところのラベルを張り替えるOEMもあるようです。食品衛生法上安全で、見た目と味がそこそこであれば、原材料とプロセスはコストカットだそうです。この食品衛生法上ってのが曲者です。



おそろしいことです。見た目はヘルシーでかつおいしいのですが、何を食べさせられているのか分かりません。

安くておいしい弁当は製造・配達とも過酷な労働によってつくられているのでした。

Comments

04 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。