パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: 体験的・古典の修行   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

フォイエルバッハ論(15) 体験的・古典の修行

ludwig-feuerbach-01.gif


●ヘーゲル弁証法の真の発展

マルクスは、フォイエルバッハがしたようにヘーゲルを「簡単に脇に置」いたのではありません。「ヘーゲルの弁証法的方法という革命的側面、すなわち弁証法的側面」と唯物論を結びつけたのです。

 「ヘーゲルにあっては、自然および歴史において現れる弁証法的展開は、すなわち、あらゆるジグザグの運動や一時的な後退を経て貫徹される、低次から高次に向かう進歩の因果関係は……概念の自己運動の、模造品なのである。問題は、このイデオロギー的転倒を除去すること」(114ページ)にありました。

ヘーゲルは「現実の事物を絶対概念」の発展の模写としてとらえましたが、唯物論は頭脳に存在する概念を、再び、唯物論的に現実の模写ととらえたのです。ヘーゲル流の「概念の弁証法は、逆立ちさせられた、というよりむしろ、逆立ちしていたものが、再び足で立つようにされたのである。こうして、この唯物論的弁証法は、マルクスやエンゲルスの「最良の研究手段となり、もっとも鋭い武器ともなってきた」のです。

こうしてヘーゲル哲学の革命的側面が再び取り上げられ、同時にヘーゲルにあってはこの側面の首尾一貫的展開を妨げてきたフォイエルバッハ流の観念論的美辞麗句(愛、道徳、幸福追求など)から解放されました。

 「あらゆる見かけ上の偶然時にもかかわらず、あらゆる一時的な後退にもかかわらず、最終的には前進的な発展が貫かれる、という偉大な根本思想」とエンゲルスは高く評価しています。偶然や一時的な後退にもかかわらず、前進的な発展が貫かれる。歴史は必ず発展するのだと。

しかし、ここでエンゲルスは「これを言葉において承認することと、それを現実に、個別的に研究されるに至ったあらゆる領域で、貫くこととは、別問題」だと忠告します。これは心しておかねばなりません。「弁証法は発展の科学だろう。そんなの知ってらあ。でもうちの組合はかわらねえなあ」なんてね。

●「形而上学」の歴史的正当性

 「形而上学」(けいじじょうがく)とは、『空想から科学へ』でも説明しましたが、ものごとを固定的にみる見方です。エンゲルスは、この「形而上学」的見方には、「大きな歴史的な正当性があった」といいます。「事物に生じる変化」を知るためには「事物がなんであるか」が分からなければならなかったからです。18世紀の「収集する科学」から19世紀の「整理する科学」へと発展しました。

Comments

09 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS