パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 労働組合 どうたたかうのか   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

労働組合 どうたたかうのか(4)

141023_1737~01

組合役員の役割とは

「組合の役員はだれがやっても一緒」とはならない。ここに役員のやりがいの秘密があります。労働組合運動に限りませんが、運動は生き物です。役員のあり方、姿勢によって、元気にもなるし、病気にもなるのです。役員はリーダー(leader)であり、リード(lead)とは、先頭に立って「導く」「する気にさせる」という意味です。決して司令官(commander)ではありません。「あれせい、これせい」と命令する人じゃあダメ。反対に、なんでも自分でやってしまって組合員をお客さんにしてしまう傾向もありますが、これでは労働組合の力である、連帯と団結の力は発揮されません。

みんなをやる気にさせる。やる気を引き出すリーダー(役員)が求められているのです。では、みんなのやる気はどうやったら引き出せるのでしょうか。職場討議や団体交渉、ストライキなどに即して具体的なことはすでに書きました。ここでは少し総論的なことを述べましょう。

①明るく楽しい運動をつくる 

組合運動は、まじめな運動ですよね。人間らしく生き、働くことを正面にかかげて、みんなの力をあわせる。だからこそ、運動は明るく楽しくやりたい。みんなの願いをみんなの力で実現する運動が辛気くさくてはダメ。そんなの誰も寄ってきません。署名のときに、ティッシュやアメを配るのだっていい。テーマソングをつくって歌いながら署名を集めるとか。広島の給食調理員さんたちは、商店街で給食まつりを開催。試食会なんかもあって、学校給食の意義を「百聞は一見(一食?)にしかず」で伝え、商店街も大賑わい。まじめな課題を楽しくやる。これが大切です。

②原則的とは柔軟なこと

ですから、原則的なことは柔軟なことなのです。「これはこういふうにやってきた。これしかない」と杓子定規に思わずに、どうやったら広がるのか、発想を柔軟にして、あれこれ工夫してみましょう。

③たたかう知恵も力も組合員はもっている

そして、そういう楽しい工夫をする知恵は必ず組合員のなかにあります。労働組合は多種多様な人の集まりです。いろんな趣味や特技をもっています。困ったら自分でかかえこまずに「仲間(組合員)に聞け!」。「組合員が頼りない」ともし、あなたが考えているのなら、それはあなたが組合員を頼りにしていないのではないでしょうか。人間は人の役に立ちたいと思う生き物です。頼りにすれば頼りになる。もっともっと組合員に頼って、みんなの知恵と力で楽しい運動をつくりましょう。

とりあえず、終わり。(「学習の友」春闘別冊に掲載。2007年)



Comments

08 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。