パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: 体験的・古典の修行   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

古典の学び方(1)

●科学的社会主義の「古典」との出会い

これから、科学的社会主義の古典を修行する連載講座を始めます。

この連載講座で扱う古典は①『空想から科学へ』、②『フォイエルバッハ論』。③賃労働と資本』、④『賃金・価格・利潤』、⑤『共産党宣言』の5冊です。2009年に大月書店が、以前出ていた「大月センチュリーズ」という叢書をリニューアルして、「マルクス・フォービギナー」シリーズとして刊行。この5冊を「2ページで紹介して欲しい」という難題が『経済』編集部からあり、「マルクスを理解するための五冊」(2010年5月号)を書きました(結局、3ページになってしまいました)。

古典を読んだことのない人にまず読んで欲しい5冊です。ボクも高校2年生のときに『空想から科学へ』を読み、『共産党宣言』だけ大学へ持ち越しました。理由はとくにないのですが…。

ですから、ボクは古典に対する抵抗感が全くありません。民青同盟神奈川県県央地区委員会の委員長(当時)の高橋時則さんが「『全集』を買ったから」と、マルクス、エンゲルス、レーニンの書いた国民文庫をたくさんくれ、片端から少々分からなくてもへいちゃらで、ずんずん読みました。眼からうろこ。世界がすべて分かったような気になり、わが物にしたような気分になりました(もちろん、それは幻想です)。

●古典とは何か

さて、「古典」とはなんでしょうか? 「昔にかかれたもの?」。たしかに、マルクスやエンゲルスの時代からだいぶたちます。2010年は作曲家・ショパン、医者の緒方洪庵が生誕200年でした。2018年はマルクス生誕200年。日本では江戸時代ですからねえ。

しかし、古ければ「古典」かというと、そうではない。

科学的社会主義の古典にかぎりませんが、今日、「古典」と呼ばれているものは、長い時代のなかで、読み継がれてきたもの、聞かれ続けてきたものを言います。そのときどきのために書かれたのですが、時代を越える普遍性をもっている。だから、現代に生きる私たちにとっても、重要な示唆を与えてくれます。

私たちに考える力をつけさせてくれる作品を「古典」と呼ぶのです。

●古典こそ役に立つ

よく「実践的な学習を」というようなことが言われます。聞いた話がすぐに役立つようなものがいい,というのです。こういうのはたいてい「~への対処法」「体験的○○」(おお、この連載のタイトルではないか)みたいな話になり、話を聞く人も、分かったような気になります。

もちろん、他の組織(個人)の運動や経験から学ぶことは大切です。しかしいざ実践となると、ある組織がこうやって「上手く運動を前進させた」「昔こうやって成功させた」という経験は、違う組織が同じようにやってみると「上手くいかなかった」「いまは上手くいかない」ということにもなりがち。そのまんまマネしてもたいていうまくいきません。なぜなら、現実はつねに変化し、複雑だからです。

時代、国、状況、地域、情勢、組織の力、それぞれの個性などさまざな条件があります。肝腎なのは、その経験のなかにある普遍性を見抜き、自分の活動している組織や運動の中に具体的なかたち、運動として生かせるかどうか。

そういう普遍性を見抜く力をつけてくれるのが、古典なんですね。抽象的で難しくさっぱり分からん…と思われていますが(笑)。理論を深く身につけると、それだけ現実を読み取れるようになる。古典を読むことは、自分の頭を自覚的に働かせるために必要な訓練(トレーニング)です。

「脳トレゲーム」なんかいくらやっても、考える力はつきません。

ニンテンドーと川島隆太が儲けただけ。余談ですが、川島は「現在のレベルの放射能を1カ月間浴び続けるよりも、たばこを一箱吸う方が皆さんの寿命を縮める」とのたまわった。許せません。

彼の提唱する「脳トレ」のひとつで実際に効果があるのは音読。しかし、これは川島のオリジナルではなく、古くからある、それこそ古典的学習法です。

Comments

05 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS