パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 集団的自衛権   Tags: ---

Response: Comment: 1  Trackback: 0  

ああ、軍艦マーチがきこえる

5月15日、安倍首相の私的諮問機関、安保法制懇が集団的自衛権について報告書提出。同日、首相は政府の「基本的方向性」を記者会見で表明した。

 この「基本的方向性」を読み解くキーワードは「守る」である。30分の演説のなかで「守る」は20回も使われた。集団的「自衛」権ということばに寄りかかって、攻めるのではなく「守る」のだということを国民に印象づけたかったのだろう。当然、「攻める」という言葉は一切出てこない。

 さらに「日本が再び戦争をする国になるといった誤解があります。しかし、そんなことは断じてあり得ない。日本国憲法が掲げる平和主義は、これからも守り抜いていきます」とまで言ってのけた。一番言われたくないことだからだ。

 「攻める」という言葉に対しては誰もが拒否反応を起こす。だから戦争を起こすときには「守る」という言葉を使うのだ。日本には実績がある。「居留民の生命を守り、中国軍閥の過酷な支配で搾取されている中国人を守れ」「日本の生命線満蒙を守れ」。日本が中国への侵略、「満州事変」を始めたときのスローガンである。「守れ」は侵略の合言葉である。古くから「攻撃は最大の防御なり」(Attack is the best form of defense.)というではないか。「攻める」は「守る」、「守る」は「攻める」なのだ。

守るも攻めるも黒鉄(くろがね)の
浮べる城ぞ頼みなる
浮べるその城日の本の
皇国(みくに)の四方(よも)を守るべし
真鉄(まがね)のその艦(ふね)日の本に
仇なす国を攻めよかし

ああ、軍艦マーチが聞こえる。


Comments
No title 
最近はパチンコ屋でも流してないよのお。

06 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。