パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: キーワードで学ぶ労働組合   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

キーワードで学ぶ労働組合 ⑬憲法とともに

●団結権と参政権

人間らしく生き、働くために心強い味方が日本国憲法です。

27条は人間らしく働く権利。28条はそれを手に入れるために団結したたかう権利。私たちは団結権を使い、労働組合運動によって人間らしい労働条件を手に入れることができるのです。

そればかりではありません。25条、健康で文化的な生活をする権利。「生きる」ことは自己責任ではなく、国の責任だということ。

この25条を実現するてだては、15条にあります。「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である」。参政権、政治に参加する権利です。20歳以上の国民ならだれでも持っている一票。金持ちもビンボー人も平等に一票ずつあります。

この一票をムダにしないことが大切。税金を福祉や医療など、人びとの暮らしにもっと使う政治に変えるために必要なのは、国民が主権者としての一票を使うことなのです。

●暮らしと政治はつながっている

労働組合は特定の政党を支持することはしません。そう、大衆的な組織だからですね(⑩参照)。でも、政治と暮らしはつながっています。ですから「政治がいまどうなっているのか」について労働組合として情報を提供し、みんなでよく論議すること。そして一人ひとりがよく考えて大切な一票を使うことです。

※特定政党支持を義務づけている組合もありますが、労働組合のあり方から考えて誤りです。

現代の労働者は、団結権と参政権という二つの力をもっているのです。

この二つを「宝の持ち腐れ」にしないことが重要。自由と権利は「不断の努力」によって守りなさいと憲法12条で言っています。あきらめるな、ということ。

憲法は立ちあがる人たちのためにあるのです。

(2007年執筆 神奈川県職労湘南支部・組合ニュース掲載)

140314_1341~01
(全国生活と健康を守る会連合会」発行のポケット版憲法手帳)
Comments

08 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。