パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: 集団的自衛権   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

集団的自衛権って何だ?(1)

攻撃されていないにもかかわらず

●法制局長官のくびをすげ替えてまで

昨年8月、安部首相は内閣法制局長官の首をすげかえました。法制局経験のない外交官を長官にする異例の人事です。この人事は「集団的自衛権は憲法違反」とする今までの解釈を変えるためだと言われています。

1月12日、礒崎陽輔(いそざきようすけ)国家安全保障担当首相補佐官は通常国会の会期中(6月22日会期末)に憲法解釈の修正によって集団的自衛権の行使に道を開きたいと語りました。

●これまでの公式見解

日本国憲法第9条は戦力をもたない、交戦権もないと規定し戦争を放棄しています。

第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

 2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

この条文にもとづき、集団的自衛権についての政府の公式見解は次のようになっています。

「国際法上、国家は、集団的自衛権、すなわち、自国と密接な関係にある外国に対する武力攻撃を、自国が直接攻撃されていないにもかかわらず、実力をもって阻止する権利を有するとされている。

わが国は、主権国家である以上、国際法上、当然に集団的自衛権を有しているが、これを行使して、わが国が直接攻撃されていないにもかかわらず他国に加えられた武力攻撃を実力で阻止することは、憲法第9条のもとで許容される実力の行使の範囲を超えるものであり、許されないと考えている」(毎年発行される『防衛白書』、1981年5月29日、質問趣意書に対する政府答弁書から)

これをひっくり返したいのです。

●攻撃されていないのに武力行使

「わが国が直接攻撃されていないにもかかわらず他国に加えられた武力攻撃を実力で阻止すること」、すなわち、ともに戦争することが集団的自衛権(right of collective self-defense)の行使です。自衛「権」となっていますが、権利じゃなくて義務のようなもの。あるいは「他」衛権なのかもしれません。ざっくりといってしまえば「助太刀進ぜる」ということでしょう。

この集団的自衛権は、どこが問題なのか?

Hana-500-b10a8.jpg
(映画「花よりもなほ」より。長屋に住む貧乏人たちが「助太刀」芝居をうって、ちょいと儲ける、という話。もちろん本論とは、ほとんど関係ない)
Comments

09 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS