パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: 憲法Q&A   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

アメリカが日本を守ってる?(憲法Q&A 8)

Q8.すでに日本には自衛権に基づいて自衛隊があります。それでは不十分なので核兵器を持ったアメリカの軍事力によって日本は他国からの侵略から守られてきたから、いまも平和なのではないですか?


●ソ連脅威論はウソだった

日本に自衛隊があり米軍基地があるのも、1945年に日本が敗戦してから70年近く戦争がなかったのも事実。しかし、この二つに因果関係があるかどうかは別です。

そもそも日本に侵略されるような事態があった(ある)のでしょうか。1991年にソ連が崩壊するまで、「ソ連が侵略してくるから守らないといけない」ということがさかんに言われました。

しかし、元防衛庁審議官の太田述正(のぶまさ)氏が「たかじんのそこまで言って委員会」(2007年11月04日放送)で、 「ソ連脅威論は明らかに嘘なんですよね」と証言しています。自衛隊の存在を正当化し、軍備増強をはかるための宣伝だったのです。

いま、中国脅威論や北朝鮮脅威論がふりまかれていますが、ソ連脅威論と同じなのではないでしょうか。
 
●強い軍備は戦争をとめられるのか

そもそも、強い軍事力をもち「攻めてきても反撃できるぞ」という姿勢を示していれば、攻められることがないのでしょうか。

実は、相手しだいなんですね。その実例が日本。満州事変(1931年)から始まった日中戦争は泥沼化していくなかで圧倒的な軍事力の差を持つアメリカとも開戦(1941年)しました。

アメリカの軍事力は当時の日本にとって、開戦の障害(抑止)にならなかったんですね。

 第二次世界大戦後、アメリカはさらに強大で圧倒的な軍事力を持つ国になりました。それでアメリカは戦争のない平和な国になったでしょうか。1946年のイランへの核による脅しから始まり、朝鮮戦争、ベトナム戦争、イラク戦争、アフガニスタン戦争など戦争や干渉、軍事介入を繰り返してきました。アメリカは戦争大国なのです。

47316078-jpeg_preview_large.jpg


●平和憲法の力

攻められないという点でも、攻めていかないという点でも、強大な軍事力を持つことは決め手になりません。そのうえ、軍事力によって対抗することは、緊張を高めるばかりで、一触即発ということにもなりかねません。

日本は1945年以降、侵略されることも、侵略することもありませんでした。侵略されることがなかったのは、ソ連の例からも分かるように日本を侵略しようとする国がなかったからです。

日本が侵略することがなかったのは、日本国憲法が、「武力による威嚇又は武力の行使」を禁じ、交戦権を認めていないからです。

日本が平和だったのは、軍事力のおかげではなく、軍事力を抑制してきたから。

自衛隊は設立(1954年)から60年経ちますが、一度も戦闘行為をしたことがありません。だから戦死者もいません(事故死はある)。自衛隊員を守っているのは日本国憲法なのです。
Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS