パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 憲法Q&A   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

「公益や公の秩序」は大切?(憲法Q&A 7)

Q7.基本的人権がすべての人に生まれながらにあるといいますが、みんながそれぞれ権利を主張したら、我慢する人が出てきたり、不公平なことが起こるのではないでしょうか?

それぞれの権利は認めるとしても「公益や公の秩序」によって調整する必要があるのではないでしょうか?それが国の役割だと思うのですが……。


●ひとの迷惑かえりみず…

おっしゃるように、この世の中で「我慢する人」がいる一方で「他人の迷惑を考えない人」がいて不公平ですね。

内閣府の「人権擁護に関する世論調査」(2012年)でも「人権尊重が叫ばれる一方で、権利のみを主張して、他人の迷惑を考えない人が増えてきた」と言う意見について、「そう思う」が77.7%、「そうは思わない」が19.8%でした。

ここでの設問に注意したいと思います。「他人の迷惑を考えない」のは、「人権尊重が叫ばれる一方で、権利のみを主張して」いるからなんでしょうか。他人に迷惑をかける人は人権尊重を叫び、自分の権利を主張しているんでしょうか。

●「人権を主張する」とは

そもそも人権、権利とは何でしょう。勝手気ままと同じなんですかね?人権とは、人間らしく生きたいという願いを支えてゆくためのものです。人権は英語でHuman Rights、人間にとって正しいこと(right)。

日本国憲法でもっとも大切な人権規定は「すべて国民は、個人として尊重される」(13条)です。すべての人の尊厳と平等を大切にするのが基本的人権です。だから、他人の尊厳を踏みにじり、迷惑をかけるということは人権の考え方からは出てこない。とんだ濡れ衣です。

●もっと権利主張を
 
内閣府の調査は、権利を主張することは悪いことだというイメージを国民に植えつけようとしています。それはなぜでしょうか。

社会保障制度の改悪、消費税の引き上げ、ワーキング・プアやそれを生み出すブラック企業の放置、農業つぶし・国民皆保険破壊のTPPなど、いまの日本はさまざまな問題を抱えています。

これらに対して人びとがみずからの尊厳(大切さ)に気づいて異議申立をすることが権力にとって一番恐ろしい。だから、あらかじめ「公益および公の秩序」で縛っておきたいんですね。公益とは国益のこと。みんなの権利を調整するのではありません。ときの政府にとって都合の悪いことは禁止できるようにしたいのです。

「私は個人の正当な権利を“わがまま”と表現するような考え方こそが、今の日本にブラック企業を蔓延させてしまった原因だと思います」

竹内結子演ずる労働監督官「ダンダリン」(段田凜)のセリフ。その通りですね。

ところで、権利主張をする人は本当に多いのでしょうか。

「権利のみを主張し、他人の迷惑を考えない人が増えてきた」と答えた77.7%の人たちに、「あなた自身はどうですか?」と尋ねたら、きっと「自分は違う」という答えが返ってくると思いますよ。

81985f6d18ca543d8f1df0b9ae4fa45f_convert_20140205044133.jpg

Comments

04 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。