パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: 秘密保護法   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

あなたをねらう秘密保護法(5)

■この法律のねらいは?

●アメリカの要求に応える
 
 これまで秘密保護法の問題点についてお話してきました。こんな危ない法律をなぜ急いで通そうとしているのでしょうか。
 
 第一に、日米同盟の強化のためです。「同盟の強化」とはアメリカのする戦争に日本が加担するということ。そのためには情報の共有が必要だというのです。アメリカの情報が流出しては困るので「手を打て」ということなのでしょう。日本政府はアメリカから情報を得たいようですが、「イラクは大量破壊兵器を持っている」というようなガセネタをつかまされる可能性だってあります。情報の共有の名で今以上にアメリカにコントロールされるでしょう。
 
 法案は、日本政府が入手した情報をアメリカに提供できるようになっています(9条)。しかし、すでにアメリカはインターネット情報を網羅的に収集しています。メルケル首相の携帯電話を盗聴したことも発覚しました。日本政府の情報もすでに筒抜けになっているはずです。
 
●戦争の司令塔をつくる
 
 第二に、この法律は戦争の司令塔づくりと一体です。その司令塔とは国家安全保障会議、アメリカのまねをしたので日本版NSCといわれています。肝心なのは内閣官房に国家安全保障局をつくることです。内閣官房は「内閣の重要政策の企画立案・総合調整、情報の収集調査」を仕事とし、政府の中枢機関です。ここはすでに警察官僚が主要なポストを占めています。内閣官房の幹部は12人です。安部首相と菅官房長官以外に10人。そのうち国会議員が2人、民間企業、財務省、外務省、経産省出身者から各1名。それに対して警察出身は3人もいるのです。
 
 新設される国家安全保障局は50~60人規模とされ幹部自衛官(一佐クラス)が十数名参加することが予定されています。軍部の政治への介入をふせぐ文民統制(シビリアン・コントロール)の原則は崩れ、軍人が政策立案の中心に座るのです。警察官僚と軍人が手を組んで外交・防衛政策を決めていくことになります。
 
 国内の行政各部の秘密情報を集約。アメリカと情報共有・協力して日米同盟を強化する。いざともに戦場へ、ということなのです。そのことを一言で表したのが「積極的平和主義」という奇妙なことばです。

●政府への批判を封じ込める
 
 第三に、マスコミや国民を萎縮させ、政府への批判をさせないようにすることです。この点についてはすでに述べました。希代の悪法である秘密保護法。成立はしてしまいましたが、その適用を許さず廃止をめざしましょう。

Comments

05 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS