パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 本を読む   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

松竹伸幸『憲法九条の軍事戦略』(平凡社新書)を読む

DSC_0641_convert_20130425213927.jpg

 まずタイトル「憲法九条の軍事戦略」に度肝を抜かれた。憲法九条に「軍事戦略」などあるのだろうか?九条と一体をなす憲法前文には「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意」し、「日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ」とあるではないか。九条のどこに「軍事戦略」などあるものか、と誰もが思う。

 しかし、憲法九条の「軍事戦略」という物騒なタイトルをなぜ考え、その内実はなんなのかについて一人ひとりが虚心になって読んでみることが必要ではないか。論旨は明快で予備知識のない人でも十分理解できる。

 著者は護憲の立場にたちつつも、軍事戦略が必要だという。なぜそう考えるに至ったかは「第一章 九条の軍事戦略が必要とされる理由」に述べられているので、詳細についてはここでは書かない。ただ、著者の「軍事戦略」のスタンスについてだけ紹介しておこう。それは、①「専守防衛」(=よその国に出ていかない)を本来の意味どおりにすること、②周辺諸国の軍隊との対立を減らし、協調を増大させること、③将来的には軍事力を必要としない世界をめざすこと、の三点である。「軍事戦略」とは九条から離れていくことではなく、九条実現のためのアプローチなのだ。

 第二章では「戦後日本に軍事戦略は存在したのか」という観点から、日本の支配層の軍事戦略を歴史的に分析している。
 第三章は、「九条の『制約』は『優位性』に変えられる」というタイトルである。戦後、日本国憲法と安保抑止論、自衛隊の存在は「ねじれ」ていたし、今もねじれている(だからこそ安倍自民党政権はなんとかして改憲し、安保抑止論の方向で「統一」したいと考えているわけだ)。歴代自民党政権は、安保抑止論の立場で自衛隊の増強するさい、憲法とりわけ九条との整合性をどのように図るのかに苦慮してきた。これが支配層からみた「九条の制約」である。著者はこの制約を逆手にとって、九条の軍事戦略の柱にしようという。軍事戦略のスタンスと重なる部分もあるが、①専守防衛と「自衛権」、②武器の制限、③集団的自衛権は行使できない、という縛りが戦後史のなかで積み上げられてきた。支配層にとっては「制約」であったものが、われわれにとっては「優位性」に転化する可能性があるし、そうすべきだというのが著者の立場である。

 第四章はそれをさらに展開したものであり、第五章は憲法九条の実現、憲法九条の軍事戦略の遂行と日米安保条約の矛盾をどう解決すべきかについて著者の見解が述べられている。「憲法九条の軍事戦略」を持つべきか否か、日本国憲法が改憲の危機にされされているからこそ、一人ひとりが検討すべき問題提起だろう。

  
Comments

06 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。