パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: 日本国憲法   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

96条改憲は単なる手続上の問題ではない。

自民党や維新の会が96条「改正」を7月の参議院選挙の争点にする、といっています。

日本国憲法は96条で改正要件をさだめており、衆議院・参議院とも三分の二以上の賛成で改憲の発議をし、国民投票のかけることになっています。

自民党は「日本国憲法改正草案」を昨年つくり、日本国憲法の全面改造をしようとしています。

その手はじめに96条を変えて、改憲をしやすくするという姑息な手段にでているのです。

ネットで見つけた冷泉彰彦さんの論考は個々の点では、私の考えと一致しませんが、最後に述べている点は同感です。
それは、96条改正と「どのような憲法がふさわしいのか」と言うことは分かちがたく結びついていて、別個に論議するわけにはいかないということです。

ここまで考えてみて痛感させられるのは「どのような憲法がふさわしいのか?」といういわば「憲法観」というのがなければ、96条の改正を議論するのは難しいということです。漠然と「現状は余りにも変えにくい」とか「まず変えやすくしておいて、中身の議論はその次に」という主張だけでは、(2)にあるような政治的な駆け引き以前に、憲法改正の実務という意味からも国民の過半数の支持を得るのは難しいのではないかと思います。


Comments

05 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS