パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 科学的社会主義   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

一般人さんへの返書 その12

11回までで「一般人」さんからの最初のコメントに私なりの返事を書きました。第3回めに新たにコメントをいただきましたので、最後にそれに「回答」し、まとめとしたいと思います。

「日本共産党が、ソ連、東欧、中国、北朝鮮などと全く違った、社会主義・共産主義をめざしているということです。」

そういうのなら、日本人と日本のために政治をすると宣言すれば良い。

ちょっと難しい言い回しもありますが、日本共産党は「一般人さん」の言うとおり宣言しています。
 いままでも引用してきましたが、日本共産党綱領は、「現在、日本社会が必要としている変革は、社会主義的変革ではなく、異常な対米従属と大企業・財界の横暴な支配の打破--日本の真の独立の確保と政治・経済・社会の民主主義的な改革の実現を内容とする民主主義革命である。……この民主的改革を達成することは、当面する、国民的な苦難を解決し、国民大多数の根本的な利益にこたえる独立・民主・平和の日本に道に開くものである」(第四章「民主主義革命と民主連合政府」)


 日本の侵略戦争説を撤回して日本の近代史を確定させ、日本国民のほとんどが認める日の丸と君が代、天皇制を認め、憲法9条をはじめ、時代に合わなくなった憲法を改正し、中国共産党や北朝鮮、旧ソ連や東欧の社会主義の失敗を認め、これらの国の社会主義と日本共産党が作ろうとしている社会主義の違いを国民に堂々と説明すれば良いではありませんか?  

「日本の侵略戦争説を撤回して日本の近代史を確定させ、日本国民のほとんどが認める日の丸と君が代、天皇制を認め…、」

日本の侵略戦争説を撤回することはないでしょう。日本が朝鮮半島や中国をはじめとしたアジア諸国に侵略し、焼き尽くし、奪い尽くしたことは歴史的事実だからです。「日の丸と君が代」はその侵略のシンボルでした。「天皇制」については、廃止という方針をかかげたこともあることもありましたが、現在は、日本国憲法第4条に「天皇は、この憲法に定める国事に関する行為のみを行い、国政に関する権能を有しない」
という規定通り(権利も能力もない)にすることを求めています。

「中国共産党や北朝鮮、旧ソ連や東欧の社会主義の失敗を認め、これらの国の社会主義と日本共産党が作ろうとしている社会主義の違いを国民に堂々と説明すれば良い」

この点についても、綱領に叙述があります。

 「ソ連とそれに従属してきた東ヨーロッパの諸国は……社会主義の道から離れ去った覇権主義と官僚主義・専制主義の破産であった」「『国有化や『集団化』の看板で、生産者を抑圧する官僚専制政治の体制をつくりあげた旧ソ連の誤りは、絶対に再現させてはならない」

 北朝鮮は社会主義国だと認めていません。中国やベトナムなどは「社会主義をめざす国」と判断しており、現状そのままが「社会主義」的性格があるとはかんがえていないのです。私たちは堂々と説明しているのですが、私たち自身の努力不足と、こういうことをマスコミが一切報道しないことによって、「日本共産党はソ連や中国、北朝鮮のような国をめざしている」という誤解が残っている。私が「一般人」さんのコメントに返信しようとおもったのもそういう誤解を一つでも解きたいからです。

 「私は現在の日本共産党のように、人権・平和・平等・自由などのきれいごとで反日をごまかして革命を実現しようとする、偽善が大嫌いです」 

いままで述べてきたことで分かっていただけたと思うのですが、日本共産党にとって「人権・平和・平等・自由」をかちとることは、もっとも重要な戦略的課題であって、「一般人」さんが心配されているような、「羊頭をかかげて狗肉を売る」ということではありません。

「昔のまま、間違ったことを改めず革命を遂行しようとするから国民の支持を得られず、80年も革命が成功せず万年野党なのではありませんか?」


 革命を遂行するのは(しないという判断をするのも)、その国の国民です。
 現時点では、国民の支持が多くないのはそのとおりです。しかし、情勢は動き、変わるものです。困難はいつの日か乗り越えられて、国民の多数の支持を得る日が必ずやってきます。
 私たちは、その日をめざして地道に努力を重ねていくだけです。
 衆議院「解散」の日も近づいてきたようです。日本共産党は今度の選挙で議席倍増をかかげて、この選挙にとりくもうと意気込んでいます。

 この拙文が、日本共産党への誤解を解くことにいささかでも役にたてば幸いです。

                                          (おわり)


Comments

04 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。