パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 科学的社会主義   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 1  

「一般人」さんへの返書 その10

◆「九条の会」と侵略戦争

 九条の会の公式サイトには、学者、評論家、弁護士、芸能人の賛同者の写真が並んでいるのが特徴です。あきらかに、内容よりこれだけの著名人が参加しているのだから正しいことなのだと印象づけています。これを心理学ではハロー効果(後光効果)といいます。そしてその人たちもまた、これだけの著名人が賛同しているのだから正しいと信じてしまうのです。  


 「九条の会」の公式サイトに写真が並んでいるのは呼びかけ人の九人です。九人は確かに著名人ですが「これだけの著名人が参加している」「賛同者が並んでいる」というのは明らかに誇大な表現ではないでしょうか。


 九条の会のアピールを読んでも、日本共産党と同じように、日本が侵略戦争をしたと断定し、憲法九条を戦争したいがために改憲しようとしていると書いています。  
 
 その通りです。 あの戦争が侵略戦争でなく、自存自衛の戦争だという方が無理があります。明治のはじめから1945年まで戦争につぐ戦争でした。明治政府成立6年後に台湾出兵し、つづいて江華島事件(朝鮮への出兵)、日清戦争、東学農民革命・義兵党争・義和団の鎮圧、日露戦争、第一次世界大戦、満州事変以降の15年戦争(アジア・太平洋戦争)と侵略を続けてきたのです。
 
 これらを総称して「70年戦争」と呼ぶ人もいます。最後の沖縄戦以外は、外国から武力攻撃を受けた地上戦は一度もありません(もちろん空襲はありました。そして原爆投下も)。

 すべて日本の側がしかけた戦争です。日本が勝手に「朝鮮問題は自衛問題」「満蒙は日本の生命線」と決めつけて「自存自衛」の戦争にしたてたのです。

 また、「憲法九条をもつこの国だからこそ、相手国の立場を尊重した、平和的外交と、経済、文化、科学技術などの面からの協力ができる」と書いてありますが、今まで、中国や韓国にどれだけの経済、文化、科学技術などの協力をしてきたのですか?莫大な資金協力、科学技術の移転をしてその結果日本への感情はよくなりましたか?まったく良くなっていません。いまだに反日に国民を誘導し、自らの国の政治の失敗を転嫁しています。その結果韓国には莫大な経済支援の上、領土まで奪われ、中国にはODAで散々援助してきたのに、尖閣列島や沖縄の領有権を主張しています。つまり、まったく国益になっていないのです。日本共産党や九条の会などの市民グループは国益にならないことを主張し、日本を貶めているのです。


 日本に対する感情が良くならないのは、あの侵略戦争を反省していないからです。中国は尖閣の領有権を主張していますが、沖縄の領有権は主張していません。日本共産党は尖閣諸島は、日本の領土だと主張しています。

 竹島についても、1905年に日本政府は同島を日本領として島根県に編入(1905年)しましたが、戦後のサンフランシスコ平和条約(1951年)においても、竹島を日本が朝鮮に対して放棄する島の中に含めていません。日本の竹島に対する領有権の主張には歴史的にも国際法的にも明確な根拠があります。しかし、この時代は日本が韓国を武力をもって植民地化していく過程で、韓国の外交権は奪われ、韓国は異議をとなえることもできなかったという問題点をもっているというのが日本共産党の立場です。
 
 日本国憲法の立場にたち、あの侵略戦争を反省し、「果たし合い」ではなく「話しあい」で紛争(問題)を解決する。そうであってこそ、「経済、文化、科学技術などの面からの協力」が生きる、真の友好が生まれるというのが「九条の会」の呼びかけのこころだと私は思います。


Comments

Trackbacks
◆「九条の会」と侵略戦争 九条の会の公式サイトには、学者、評論家、弁護士、芸能人の賛同者の写真が並
08 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。