パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: 科学的社会主義   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

「一般人さん」への返書 その7


貧困者の救済活動は、助けられた人たちは熱烈な左翼のシンパとして、一票を持つ有権者を増やすためです。

 貧困者の救済活動は、豊かな人間らしい社会をめざしている党が力を入れるのは当然です。今日の貧困の緩和は、それに陥っている人びとにとって切実な問題であり、それを見過ごし放置しているようでは、未来社会において、豊かで自由な社会をつくるつもりがあるのか問われるような問題です。だから取り組むのであって「シンパ(賛同者)」を増やしたいとか「票が欲しい」というような問題ではありません。


原発の反対運動をしているのは、原発を止めて日本の経済的な国力を落とし、革命を起こしやすくしたいからです。(今の原発再稼働反対運動のことではありません)  

原発に対して反対運動をしているのは、国民の命に関わる重大な問題だからです。

日本には、太陽光。風力、潮力、小水力(ダムの設置を必要としない)、地熱、バイオマス(牛の糞などを発酵させメタンガスをとるなど)ほか、多種多様なエネルギー源があります。原発の再稼働なしで十分エネルギーはまかなえていますし、これら再生可能エネルギーを組み合わせて実施してゆけば、石油など化石燃料の使用も押さえることが可能です。

 放射能の影響は目に見えず、「ただちに健康に影響がない」けれども5年後、10年後に白血病や甲状腺ガンを引き起こします。その圧倒的な被害者は小さな子どもたちです。健康な子どもこそ、未来を担う力であり、最大の国力です。
 この国力の根本を大切にする、というのが日本共産党の立場です。

日の丸や君が代に反対し、日教組を使って自虐史観を子供たちに教えるのは、反日、反政府主義者、左翼思想の国民を増やしたいからです。

日の丸や君が代に反対し、「新しい歴史教科書」などに反対するのは、歴史の事実を正しく教えるためです。日の丸や君が代は、日本国民を戦争に動員し、侵略戦争の象徴でした。「新しい歴史教科書」は歴史の事実を歪め、あの戦争を「自存自衛のための戦争」として描き出そうとしています。南京大虐殺など「あったこと」を「なかったこと」とするのは歴史の偽造です。歴史の事実を教えることを「自虐史観」などと呼ぶのは誤りです。過去の過ちをしらぬものは同じ過ちをくりかえすのです。

 過去の過ちをしっかり見つめ、平和な日本をつくる。ここに私たちのめざす道があります。

 やはり、日本共産党や左翼の目的は、美辞麗句で真面目で平和ボケな日本人だましながら、日本と日本人を貶めても、反日外国人やカルト宗教団体を味方にしてでも、日本という国が無くなってもいいから、この日本で革命を実現させることなのです。

 私たちは、「日本という国が無くなっていい」などと考えたことはありません。日本の良き伝統、国民性をさらに前へ伸ばしていくために、今の社会の弊害になっているアメリカ言いなり、大企業奉仕の社会構造を変える。しかもそれを「議会の多数を得て」国民の同意の下に実現するというのが私たちの立場です。

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS