パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 科学的社会主義   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

「一般人」さんへの返書 その6

◆日本革命と自由・民主主義

日本共産党や左翼の目的が日本での革命の実現だと考えると、すべての問題の本質が見えてくるのです。 人権や思想の自由を訴えるのも、社会主義、共産主義思想への弾圧を回避するためです。

日本共産党の目的はおっしゃるとおり日本での革命の実現です。

日本共産党綱領(=日本共産党がめざしているものを文書化したもの)でも、「現在、日本社会が必要としている変革は、社会主義革命ではなく、異常な対米従属と大企業・財界の横暴な支配の打破――日本の真の独立の確保と政治・経済・社会の民主主義的な改革の実現を内容とする民主主義革命である」と明確に述べています。

 そして、「(その革命は)資本主義の枠内で可能な民主的改革であるが、日本の独占資本主義と対米従属の体制を代表する勢力から、日本国民の利益を代表する勢力の手に国の権力を移すことによってこそ、その本格的な実現に進むことができる。この民主的改革を達成することは、当面する国民的な苦難を解決し、国民大多数の根本的な利益にこたえる独立・民主・平和の日本に道を開くものである」と主張しています。

人権や思想の自由を訴えているのも、その通りですが、人権や思想・信条、信教の自由などを、人類の共有財産だとかんがえているからで、単に「弾圧を回避」するという狭い了見から擁護しているわけではありません。また、思想、良心の自由(憲法19条)、信教の自由(第20条)、集会・結社・表現の自由、通信の秘密(第21条)などを積極的に擁護するのが私たちの立場です。

平等や権利を主張し、組合活動に積極的に関与するのは、法的に組合活動は守られているため、左翼の活動家にとって少人数で組織の内部から影響力を発揮するのに非常に都合がよいからです。 

 これも、歪んだ見方です。

 日本国憲法第11条で「国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる」とあります。平等や権利を主張するのは、この日本国憲法の立場に立ち、人びとが人間らしく生きるためには平等原則(男女平等を含む)や権利(英語では「正しい」を意味するrightです)が大切だと考えているからです。

 労働組合についても積極的に関与するのは、労働者の生活と権利を守り、人間らしい暮らしを確保するためには労働組合活動が大切だからです。

 それは日本国憲法第28条が「勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する」と労働組合活動の正当性を説き、その根底に憲法第13条「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、……最大の尊重を必要とする」と憲法第25条「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」があり、それを具体化するものなのです。



Comments
No title 
うがった見方という言葉が気になるぞ~
No title 
なおしましただあ

07 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。