パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 科学的社会主義   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

「一般人」さんへの返書 その5

憲法第九条は日本の宝。そして世界標準へ 

「世界の共産主義国や社会主義の国はもちろん先進国で、軍隊を認めず、交戦権も否定している国はあるのでしょうか?」 

 侵略戦争を否定している国はありますが「交戦権」そのものを否定している国はありません。コスタリカは軍隊がありませんが、「交戦権」を否定している憲法があるわけではありません。
 
 では、なぜ日本以外の国にはないのでしょうか。

 第一に、日本のように平和主義を憲法上の原則としてあげなかった理由として、国連という組織を通じて平和を築こうとした、ということがあげられます。
 国際社会は20世紀に第一次世界大戦および第二次世界大戦という「言語に絶する悲哀を人類に与えた戦争の惨害」を経験し、三度めの悲劇を繰り返さないために国際連合をつくり、各国はそこへ加盟しました。国連憲章は「武力による威嚇および武力の行使」を原則的に禁じ、自衛権の行使についても限定的・暫定的なものに制限しています。

 第二に、「征服を目的とする戦争」(フランス)「国際紛争を解決する方法としての戦争」(イタリア)「侵略戦争を準備する行為」(ドイツ)など個別的武力行使を制限するる規定をもつ国が第二次大戦後にあらわられましたが、「自衛のための戦争」までを否定することはできませんでした。

 ではなぜ日本では「平和主義」が三大原則の一つにになり、平和的生存権を憲法前文に明記し、諸外国にはない憲法第9条を規定したのか、ということが当然検討すべき問題となります。

 その最大の理由は、広島と長崎に原爆が投下され、その惨状があったからです。
 「次回の世界戦争は一挙にして人類を木っ端微塵に粉砕するに至ることを予想せざるを得ない」「文明が速やかに戦争を全滅しなければ、戦争が先ず文明を全滅することになるでありましょう」とまで幣原(しではら)国務大臣が憲法制定議会で答弁したことからも分かります。

国連憲章ができたのは1945年6月であり、原爆による惨禍以前でした。

 国連憲章には第9条1項とほぼ同じ内容が述べられています。

 諸外国にはない日本独自の平和主義の最大のポイントは2項であり、戦争をしないために、「武器は持たない」「戦争する権利はない」(交戦権の否定)という国連憲章ならびに9条第1項の理想を実現する具体的な手だてを書き込んだことです。

 武力を用いず「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意し」、「果たし合い」はやめて「話し合い」によって紛争を解決しようという新しい考え方、徹底した平和主義は原爆による惨状がもたらしたのです。

 それに加え9条1項と国連憲章の元になったパリ不戦条約を日本政府は批准しておきながら、2年もたたないうちに満州へ侵略し、アジアで2000万人(推計)もの人を殺したという事実。天皇の戦争責任をかわすために、日本は二度と侵略しないという証(あかし)をたてる必要からも「平和主義」をかかげざるをえなかったという側面もあったのではないかと想像しています。

以上から、私は、日本国憲法の9条、とりわけその2項が戦争の歯止めとなり、1945年8月15日以降、70年近くにわたって日本が直接戦争しなかった(アメリカの戦争に協力はしたが…)最大の根拠だと考えています。

 日本の青年が武器を取らず、人を殺していない。なんて素晴らしいことでしょう。
私は憲法九条は日本の宝であり、21世紀中に世界に広げるべき国際的な財産だと考えています。

Comments

11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。