パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: 政治   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

公約うっちゃり 三党合意

PK2011081002100008_size0.jpg
(会談する(左から)公明・井上、自民・石原、民主・岡田の各党幹事長=9日午後、国会で)

あきかん退陣発言とセットですすめられているのが,民主​,自民,公明の三党合意。高校無償化,農家所得補償,こ​ども手当など民主党のが2009年総選挙でかかげた公約​(いわゆるマニュフェスト)を見直すことを合意したので​す。「国民の生活が第一」は結局うそだったということな​んですね。責任をぜんぶ「あきかん」に押しつけて,大連​立するんですよ。ダメだこりゃ。

→三党合意

そのうち読めなくなっちゃうので、以下に東京新聞の記事を貼り付け。

民主、自民、公明3党が9日、公債発行特例法案の今国会成立で合意したのは、菅直人首相退陣後をにらんだ3党それぞれの事情がある。民主党は首相の早期退陣と今後の国会運営、自民、公明両党は2011年度第3次補正予算案編成に関与したかった。今回の合意で「民自公」3党体制に道筋が付いたといえる。 (古田哲也)

 三党合意では歳出見直しについて「二〇一一年度第三次補正予算と一二年度予算の編成プロセスなどにあたり、誠実に対処することを確認する」と明記。三次補正や来年度当初予算編成を三党で協議していくことが前提になっている。予算をともに組むとなれば、自民、公明両党は事実上の与党だ。

 公債法案の扱いで自民党は「大きな武器」(谷垣禎一総裁)と位置付け、党内ではこのカードを手放すべきではないとの意見が強かった。それでも公債法案を成立させる決断をしたのは、一一年度予算の財源を裏付ける公債法案を処理し、首相を辞めさせなければ、本格的な震災復興対策を盛り込む三次補正予算の具体論に入れないためだった。

 三次補正は被災地をはじめとした国民が早期編成を望んでいる。加えて、この時点で民主党に協力しておけば、三次補正や一二年度予算の編成で政府・与党側に党の要求を強く主張できる。予算は政治の「力の源泉」といわれる。自民党としては、首相が退陣するとなれば、無理に突っ張るよりも発言権を保持し、政権担当能力を示す方が得策と考えた。

 世界同時株安や円高など経済・金融情勢が緊迫化していることも、自民党の決断を後押しした。

 公明党も野党暮らしを続けるよりも、自身の政党の主張などを実現したい思いが強いほか、早期の衆院解散・総選挙のハプニングを回避したかったのが本音だ。

 民主党は首相退陣を急ぎたいのはもちろん、ポスト菅での政権運営をどう円滑に進めるかも考えた。首相が辞めても、参院でのねじれ状態は続くことになる。これを打開するには、党内に批判があってもマニフェスト見直しで譲歩しても、自民、公明両党との関係を固めるしかないという判断があった。

 「三党で話し合いを続けてきた路線というのは大事にしていきたい。それ以外に民主党政権の続く道はない」。民主党の安住淳国対委員長はこう言い切った。

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS