パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 笑病日記   Tags: ---

Response: Comment: 9  Trackback: 0  

メンタル笑病日記(1) ボクも「うつ」になりました

●「私でもなるんです」

 「うつ病は誰でもなる病気。心の風邪です」なんて講義で話しておきながら、心のどこかで「自分はならないだろう」と思っていました。「いいかげんは好いかげん」をモットーとし、今まで一度も「眠れない、食べられない」ということなかったからです。

 しかし、やっぱり「なる」ときは「なる」のです。

 東京へ単身赴任で半年がすぎ、勤労者通信大学新労働組合コースのテキストが完成した直後(2008年2月ごろ)から体調がおかしくなってきました。そうです、眠れない、食欲がない…。「学習の友」のメンタルチェックをすると、どうやら「うつ病」らしい。

 しかし、いまここでめげるわけにはいかない。さりとて、肩こりはひどく、やる気がどんどん失せていく。食欲がないので、体重が減りはじめた。3月97.1キロ、4月95.3キロ、5月95.6キロ、6月93.8キロ…。「血糖値が好くなっていく」と喜んでいる場合ではない。

●職場に行かれなくなった

 6月23日(月)、日曜日に茨城へ講演にいったので代休を取る。

 24日(火)、いつもの時間に電車に乗る。3つめの駅あたりで胸がむかむかして吐き気が。これは危ない。すぐさま電車を降り、家へ引き返す。翌日から、糸の切れた凧状態。出勤する意欲なし。

 26日(木)自宅から近いところで講演があったのだが、手帳も見ず、翌日だと思いこんでいた。すると携帯に電話が。「お待ちのようですよ」と東京からだ。タクシーをすぐさまひろい、会場へ。30分ほどの遅刻ですんだ。しんどい気持ちを抑えてなんとか講演を済ます。

 27日(金)、今日は代々木病院受診の日だ。糖尿病と無呼吸症候群で月に一度の定期受診日。職場と同じ方向でしんどいが、なんとか病院にたどり着く。

 呼吸器の先生が「この睡眠はちょっと異常だ」という。ボクは「うつ病じゃないかと思うんです」と返答する。「その可能性がおおいにある。すぐ精神科を受診するように」とのこと。前の事務局長(その時ボクは事務局長だった)と職場近くの喫茶店で会い、状況報告をする。「とにかく病気を治すこと。かならず精神科を受けるように」と言われる。

 それから再び代々木病院へゆき、精神科に予約を入れる。

 「男の先生がいいですか、女の先生がいいですか」と看護婦さんに聞かれる。「そんなの、どっちでもええやろ」と思うが、なんの根拠もなく「じゃあ男の先生」と答えてしまう。しかし、受診日との関係で結局、女の先生になったのだった。(つづく ときどき連載)

コスモス
 

Comments
No title 
まあ!こんなのあったの?
saeさんのところからきました。
なんか、わたしの登場する話がいくつかあって、こっぱずかすいです。

毎日チェックしよう。
おいでやす 
あら、sakuraさんから聞いているかと思ったら、ご存じなかったのですね。

 関鑑子さんのことも書こうとおもったんだけど、忘れちゃった(^_^;)。

短い時間だったけど充実していたメタボ会談でした。

 こんどは、スクラムコンサートで。
CDのタイトルどうなりました?


 
No title 
おっ! おおっ! ふとめしんどさんのブログが復活しているではないですか! だんだん更新の頻度が落ちてゆき、しばらく更新されなくなって、もうこのままダメなのかと思っていたら(そういえばマルクス主義は、「死滅しつつある○○」なんて好んで使いましたよね)、見事に復活され、装い新たに再出発を遂げられているではないですか! 感動しました。この間どんな事情がおありだったか知りませんが、今度こそ、私たちを楽しませてくださいね。ふとめしんどさんの再出発に声援を送ります。
 フレー! フレー! フレー!
匿名さま ごぶさたです 
おお、私を叱咤激励する匿名さまですね。

まだ、ちゃんと病気が治ったわけではないので、ふたたび「更新の頻度が落ちてゆき…」を繰り返すかもしれません。

正直、ただ「フレー! フレー!」だけを書き込まれ、ちょっとこの人の真意はどこにあるのか分かりかねていましたが、このくらい書いていただけると、たんなるひやかしでないことが伝わってきました。

 いつの日か、正体を明かしてください。

また、更新がなされないときは、叱咤激励をよろしく。

いまは時間があり、書きたいことが山ほどあるので、「うつ」君が復活せんかぎりは、どんどん書きまっせ。
お仲間が… 
私も行きました、代々木病院!
著書もお持ちの名の通った先生に診ていただいたのですが、意思の疎通がうまくいかず、全くかみ合わず、タイムアップで終わりました。
泣きながら山手線乗ってました。。。

今はちょうどいい感じの先生(女性)とお薬に出会って、何とか社会生活を送ってます。

今日も通院日!
月に一度の息継ぎの日…と勝手に呼んでます。

くれぐれも、壊れない程度に、ほどほどに。。。
あら同病だったんですね 
 そうだったんですか。ここには書かなかったんですが、その「名の通った先生」の名前がでかかったんです。なにしろ椎名誠野本主治医&友人ですから。
 でもその先生はなんか特別なようで、そうでない男の先生と女の先生のどちらか、というチョイスだったのです。

 いまはパキシル(抗うつ剤)を飲みつつ、ちょっとハイな気分で暮らしております。

病を得て仕事を辞めて、自由人!(^^)!
また間違えた 
訂正「椎名誠の元、主治医&友人」
野本主治医 
そうそう、その方のご本も読んだ上ですんごい気合い入れていったんですけど、確かに

別格…

民主医療ちゃうんかいと思いながら別の先生に。

今の先生はまじめにゆる~い女医さん。
来月の大宮出張のために、お守り薬をいただいてまいりました。色付きの文字
うつ友ですね 
sakuraさんと意外な接点がありましたね。
「うつ友」ですね。カミングアウトしてよかった(*^_^*)

これからは、のんびり、ゆったり、わがままに生きるぞ!(^^)!

 妻が「いままでそうだったじゃない」と申しております。

06 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。