パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: いろはにこんぺいとう   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

不思議な縁

愛知で、「いろはにこんぺいとう」を増やしてくれている人がいる。友人の斎藤ひろむさん。

斎藤さんはボクの唯一の本『いま君にできること』(学習の友社)を買ってくれて、しかも、そこに紹介したCDを音楽センターひろしまに注文してくれた人なのです。音楽センターは同じビルの仲間なのですぐさま、「二見さんの本を読んだ人が注文してくれたよ」と情報が入りました。2004年の出来事です。

 「CDを聞きながら若い人たちといっしょに勉強したい」って。こういう柔らかな感性と知性をもった人がいるんだあ、と嬉しかった。

 すぐさま、お礼のはがきを書きました。

そして、2005年の原水禁世界大会。分科会で「「戦争する国づくり」とたたかうために 憲法改悪、自衛隊、米軍基地という報告をさせてもらった。

 そのとき、休憩時間に斎藤さんが挨拶にきてくれたのです。

 それからまた2年後、私が東京の労働者教育協会で勤労者通信大学部長をしていたときです。

なにげに「勤労者通信大学」と入れて検索したところ、勤労者通信大学憲法コースを褒めている文章に出会いました。それをしんぶん赤旗の広告や宣伝チラシに使わせてもらうことにしたのです。

一言で言って、すばらしい講座です。
憲法の歴史、9条の魅力、改憲の歴史的系譜、論点がどこにあるのか…などなど。
たいへんわかりやすく、資料もたっぷりと使って解説しています。
(Keep9 9条守ろう!ブロガーズ・リンク Mr.Hさんの書き込みより)


 実は Mr,H は斎藤ひろむさんだったのです。

 本人から勤労者通信大学にメールがきて、「あら斎藤さんだったの。ボクは二見です」と…。

今回、「いろはにこんぺいとう」ができるとすぐさま彼にも送りました。

 そしたら、電話がかかってきて、「もっと送って欲しい」。うれしい限りです。

 考えてみれば、会ったのはたった一度、しかも数分話しただけなのです。

 でも、なんか強い絆で結ばれていると思います。

 縁とは不思議なもの。

 そのうち、ゆっくり会って話がしたいですね。斎藤さん。
 
Comments
No title 
本当に、不思議な縁、ですね。
多分、最初に読んだ「いま君にできること」がよかったのでしょうか。
無条件で信頼をしてると言うか…

一昨日、名古屋の演説会に向かう往復の電車の中で、「いま君にできること」を読み返しました。
青年を取り巻く情勢がますます深刻ですが、うたい、学び、たたかおうという呼びかけが、こんなに求められる状況になるとは!!
あらためていま読んでもよい本ですねぇ

いまさらながら、「いま君にできること」で二つほど…

「人間の歌」は、昨年末、豊橋の「うたの学校」の市民合唱団に参加したときにうたいました。
「確か載っていたなぁ」と思ったのに、本を見返さなかったのは返す返すも残念。
背景をもっと知ってうたえたらずっとよかったのに。

大阪の幼稚園教諭の中村さん、お会いしたこともまったくないのですが、私が最初に選挙に出たときに、「グラフこんにちは」に「20代の若手候補者たち」と掲載していただいたとき、同じ号に載っていたのを覚えてます。
印象的な笑顔が記憶に残ったのと、子どもを相手にする幼稚園がそんな不当なことをするのか!と思ってその後の動きをずっと見ていたんですよね。

無理はなさらずに、いま二見さんが持っているものを少しずつ小出しにしてもらって、これからもいろんな刺激をいただけたらと思います。
ありがとう 
斎藤ひろむさん
コメントありがとう。

「人間の歌」歌ったんですね。作者の山ノ木さんと「このうたが必要とされない世の中にしたいね」という話をするんです。
 しかし、現実はどんどんひどくなって「生きて生きて生き抜いて」という、うたごえを求めている。自殺が3万人を超すようになって去年で11年。33万人が悪政によって「殺された」のです。

 海田九条の会のピンチヒッター講演でも強調したのですが、これは新自由主義、構造改革による「殺人」「戦争」です。

 私たちは「平和に生きる権利」を高く掲げ、アメリカの戦争に加わる本当の「戦争」と、新自由主義という「内戦」に立ち向かわなければなりません。

 「苛政は虎よりも猛し」なのです。

斎藤さんは20代から候補者しているのね。尊敬するわー。 なんとしても議員になってね。
 政治を変えなければ、犠牲者がどんどん増えていくから。

 いのちを何よりも大切にする議員の誕生を心から願っています。

06 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。