パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: 未分類   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

千福いっぱいいかがです?

今日、29日はとあるツアーで下蒲刈島へ。天候はもちろん雨。

ブラザーとボクの目的はもちろん風呂である。
kamagari044.jpg
県民の浜、やすらぎ温泉。
11時オープンなのに10時30頃着いてしまった。
しばらくなかで待たせてもらって、11時にいざ温泉へ。
二人で1時間半入っていました(ごく標準的。一人だと30分ぐらいだけど)

kamgari043.jpg
(アロハ姿のぶらざあ)

風呂上がりに、メシを食い、生ビールと千福を飲む。

2時に県民の浜を出発し、呉の「千福」工場見学へ。
senpuku041.jpg

 見学したのは、できたお酒をビン詰めするラインと、紙パック詰めするライン。残念ながら日曜日なのでラインは止まっていた。でも丁寧に説明してくださって、とても面白かったです。この工程はほとんどオートメ化されていて、それぞれ6~7人しかいないと聞きました。
ラインの写真は撮影禁止。しろうとには分からないが、プロが見たらいろいろわかる創意工夫があるのでしょう。
すべてステンレス製で「お金がかかった」と言っていました。鉄だと錆びてしまうそうです。

 驚いたのは海軍とのつながり。

senpuku42.jpg
海軍ゆかりの盃がたくさん展示されていました。

最後の売店にいくと、なんと「海軍御用達」(「ごようたし」と読む)とのかんばん

sennpuku40.jpg

千福のホームページによると

1920(大正9)年
練習艦「浅間」に『呉鶴』を満載して練習航海に出航する(南アフリカ、南アメリカ方面)
220日余りの航海中、何回かの赤道通過にも変質、変味がなかったとして高く評価を受け、証明書を手交された。以後全海軍基地へ『千福』が納入される。


asamasenpuku.gif
(千福ホームページより)

ふーん、そういう歴史があったんだあ。

見学のおみやげに、一人一本(250ミリリットル)リキュールをくれました。
ボクのは「レモンなひまわり」
110529senpuku1.jpg

ありがとうございました。

Comments

05 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS