パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 講演   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

至福のとき

watanabe34_convert.jpg

5月21日,ヒロシマ労連結成20周年記念講演会&レセプションが開催されました。

半年ほど前,K林ヒロシマ労連事務局長から「記念講演は渡辺治さんで」と言われ,すぐさま連絡し,3つほど提示した日程の中で唯一空いていたこの日に決まったのです。

会場いっぱいの150人が参加し,熱く語る渡辺治さんの講演をみなさん熱心に聞かれていました。

講演は2時間を予定していたのですが,2時間20分,めいっぱい語っていただきました。

レセプションには130人が参加し,こちらも超満員。

レセプションは,「人間の歌」(山ノ木竹志作詞作曲)で始まり,「みんな元気か」(山ノ木竹志作詞・たかだりゅうじ作曲)で終わりました。

 なななんと,ナッパーズと一緒に歌ってしまいました。伴奏のはずだったのですが…(汗)。
nappa41_convert.jpg


当日本番直前にになって高田龍治さんが「ふたみちゃん,人間の歌,うたいんさい」

「えっ,伴奏じゃないん」
「まあ,流れだから」

ちょっと動揺したが,「人間の歌」は,一人では歌っています。
 ボクが「シンガーソングチューター」(歌う講師。山ノ木竹志さんの命名)をするきっかけになったのが「人間の歌」でした。

 日本で自殺が3万人を超すようになって,この歌を広げねばと思い,ガミ師匠(山上茂典さん)やナッパーズの人たちに「人間の歌」が今,大事だから歌ってね,と人ごとのように言っていたのでした。ふとあるとき,「そういや,ボクもギター弾くなあ」「ガミさんに譲ってもらったマーチンD28もあるし」と思い,講演のときに歌って始めて歌って終わるスタイルをとるようになったのです。
 
 ナッパーズをバックに「人間の歌」をうたうなんて,なんて光栄だろうと思い,がんばって歌いました。

 尊敬し,私淑している渡辺治さんの講演を最前列で聞き,ナッパーズと一緒に「人間の歌」を歌えるなんて,とても幸せな一日でした。

 準備は大変でしたが,やってよかったなあ(涙)。

 来ていただいたみなさん,ありがとうございました。


Comments

06 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。