パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 学習運動   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

仲間たちとの再会

さて、ACアダプターをリュックに放り込んで、水道橋へ向かう。
まずは、昨日(2日)の講演会の司会をしていたT田さん(バレバレ!)のところに。

蓮池透さんの『拉致 左右の垣根を超えた闘いへ』(かもがわ出版)が話題に。「読んどいたほうがいいよ」とのこと。まだ買っていなかった。
この本です。

そして、この本を出したK出版(これもバレバレ!)の東京OfficeのM竹さんとほぼ1年ぶりの再会。
ランチを一緒にする約束をしていたのだ。当然、Officeの机のうえには『拉致』が。「ひょっとしてこの本、M竹さんが編集したの?」「そうだよ」

 たったいま、会った人とこの本が話題になったと話す。5月10日にでて、まだ一ヶ月もたっていないのに二刷に入っているという。
 そこに、書店の人から電話が入り、「そこに何冊かないか。すぐ近くまできている」とのこと。K出版、もういいね、かもがわ出版の東京Officeは、編集機能だけで、営業所ではないのだ。それでも数冊あって、その書店のかたも「いい本ですね。売れてます」と言って、そそくさと帰って行った。

 いま、この『拉致』を読んでいるのだけれど、蓮池さんの言っていることは、ほとんど納得できる。

 「いま私は、かつてとは異なり、右翼的な人たちから、「あいつは変節した」「裏切り者」とバッシングを受けています。でも、繰り返しますが、私は右でも左でもないのです。

 私が願うことは、この運動が、被害者の救出を第一とするようなものであってほしいということだけです。右も左も、垣根を超えて、被害者のために連帯しあえるような運動です。そういう運動がつくれたとき、拉致問題も大きく動くのではないかと、期待しているのです」(8ページ)

 まったくその通り!

 Officeをでて、食堂へ。鯖の味噌煮定食をたべ、よもやま話。

 それじゃあ、とT田さんの事務所までつれていったのだけれども、あいにく不在だった。

 S書店のS井さんのところにも行こうと思っていたが、電話するとこちらも不在。

 1年2か月働いていた、労働者教育協会へ向かう。ここもほぼ1年ぶり。病気になったとはいえ、たった2か月で「政権」を投げ出してしまったので、心苦しい。

 だから、「政権投げだし」について、僕は安倍も福田も批判できない。

しかし、協会のみなさんは、温かく迎えてくれた。O沢新事務局長やみんなにあいさつし、近況を報告。隣の東京学習会議や国民救援会東京都本部にも顔を出す。

 4階に降りて、全労連へ。O田川事務局長にあいさつして、「いろはにこんぺいとう」を渡す。O田川さんも広島の人である。T間組織局長は不在で会えず、残念。

 夕方、神奈川学習協へ。ふたみサポーターズのみなさんに集まってもらう。学習協も入っている横浜平和と労働会館1階が台所つきのフリースペースになっていて、仕出しをたのんで、宴会だあ。

 みんなが二見伸吾との関わりを話してくれる。
 一番古いつきあいは、神奈川土建のI子(名字よ)さんだ。最初に会ったのが僕が16のときだから、かれこれ30年。空白がだいぶあるけれど。まだ僕が右も左もよくわかっていなかったときに、左の方ひぱっていってくれた青年運動の若き(当たり前か)リーダーだった。

 そのつぎは、神奈川でずっと事務局長をされていたS谷さんだ。僕が広島県労学協の事務局長になって全国の会議でるようになってからだから、15年。S谷さんは、広島市東区で被爆されている。
 S谷さんは、広島から横浜市立大へ行き、そのまま学習協の専従に。
 ぼくは、神奈川から広大の大学院へ行って、そのまま専従に。二人はちょうど対称なのだ。

 そして、三番目は、建設労連のM井さん。2004年に出した『いま君にできること』(学習の友社)を読んで、学習会の講師として、わざわざ呼んでくれたのだ。一度も僕の話を聞いたことがないのに。
 勇気あるよね。

 あとは、だいたい全国学習交流集会in神奈川のプレ集会で会った人たち。
 そのなかには、法政の後輩がいてびっくり。共通の知り合いもいたりして。

 「わたし、二見さんの後輩なんです」と交流会で言われて、うれしかった。

  
みんな相当心配してくれていたようで、口々に「元気になってよかった」と。ありがたい。

 神奈川は私が生まれ育ったところ。労働者教育協会にいた短い間も、いろんな学習会でつかってもらった。

 この日、沢山飲んで、たくさんしゃっべったわ。二次会に行ったのだが、記憶がない。

後日、確認すると、ずっと寝ていた、ということ。記憶がないわけだ(@_@)











Comments

08 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。