パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 反貧困   Tags: ---

Response: Comment: 1  Trackback: 0  

派遣のつぎは契約社員

 派遣法の「改正」は、まったくのザル。これでは、ワーキングプアはまったく減らない。

第一に「常用型派遣」を禁止の例外にしたこと。製造業で働く56万人の派遣労働者のうち、
63%が「常用型」なのです。

第二に、「専門26業務」も例外にしています。そのなかには清掃やビルの受付、「事務用機器の操作」
が含まれていて、パソコンを使えば、「専門業務」になってしまう。

 これも大問題なのですが、昨日、沖電気のことを聞いてびっくり。

 工場ごと請負会社に売り飛ばして、そこの「契約社員」にしたというのです。

 本社・八王子は 多摩エレクトロニクスへ
 宮城工場は、日本エイムへ、
 宮崎工場はエフオーテクニカへ

 
契約社員の賃金は、沖電気の正規労働者の6割ほど。退職金なし、有給休暇は半分。
残業代の割増しも正規が30%なのに対して、25%。家族手当もありません。

大企業は、つぎつぎと非正規労働の型をつくりだし、それを「合法化」させてきています。

大企業の経常利益は1997年には15.1兆円だったものが2007年には32.3兆円に、
内部留保は142兆円から230兆円へと増えています。

内部留保

その冨をつくりだしたのは、労働者の賃下げです。

雇用者報酬は、1997年には279兆円 それが2007年には262兆円。09年は253兆円へと減りました。

その最大の手法が派遣や契約社員といった非正規雇用の拡大なのです。

私たちが、人間らしく働くためには、非正規雇用を禁止する必要があります。


 
Comments
 
マツダ総行動お疲れ様でした。
加盟労組よりさんかしました。

沖電気は連合系の労組があったと思うのですが一切の反対もなかったと聞いています。
いまこそ闘う労働組合の価値が問われていますね。

明日の派遣村にも参加登録してあります。

11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。