パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: うたごえ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

山ノ木ソングブック「歌わずにはいられない」脱稿

誓い譜面
(最後に仕上げたコメント、「誓い」)


やっと終わりました。

ソングブックのコメント、つけられるものは全てつけました。

音楽センター、さくらさんに3月7日午前10時40分、ガッシンと送信。

2008年7月、うつ病になって広島に戻ってきて、調子が戻ってきた頃から

ソングブックづくりの手伝いをしてきました。新江さん(山ノ木竹志の世を忍ぶ仮の名)

の体調もよくなったりそうでなかったり、ボクの病も躁と鬱を繰り返し、進んでは止まり、止まっては進む…。

新江さんは、全曲に新たなコメントをつけるつもりでしたが、それはかないませんでした。

しかし、それぞれの曲についてすでに書いたものがけっこうありましたので、それを各曲につけました。

数曲、私が代わりに書き、「友とうたえば」は作曲者の山上茂典さん(ガミさん)に書いてもらいました。


新江さんは、何度も収録曲を選び直し、構成を考え、その順番に譜面とコメントの素材になる「書いたもの」を遺してくれました。

 ボクはその遺言執行代理人として、なんとかその仕事を果たすことができました。

 ほっとしています。

 これから先は、さくらさんにバトンタッチ。校正で再びバトンがまわってきますが。

 いいソングブックができます。

 新江さんの願いは、「うた・うた・うた」やかつての「青年歌集」さらには、ジョーヒルがつくった「小さな赤い歌の本」のように、人びとが歌う場にこの本があって、歌いあってほしいということ。

 その願いをうけとめていただけたら、と思います。

 
 


Comments

09 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS