パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: うたごえ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

山ノ木竹志の仕事 その1

とあるところに投稿した原稿を転載します。
 

 昨年10月23日、山ノ木竹志こと新江義雄さんが亡くなりました。
山ノ木さんは、①自ら作詞作曲してうたをつくり、②他の人びとのうたづくりを援助し、③うたごえ祭典やコンサートを企画・構成し、④うたごえ運動をはじめとするさまざまな運動にかかわって人びとを組織する、という仕事をしました。

 八面六臂の活躍です。ここでは第一のうたづくり、についてお話ししたいと思います。

山ノ木竹志の詞(ことば)

 山ノ木さんはたくさんのうたをつくりましたが、運動のなかで歌をつくるようになったのは、1987年から。もみじ作業所の法人化をめざす運動がきっかけです。

 作詞も作曲も手がけた山ノ木さんですが、やはり、山ノ木さんの真骨頂はその詞(=ことば)にあるでしょう。
 今では広く歌われている「人間の歌」は、国鉄分割民営化のなかで仕事を選ぶか、仲間を選ぶかで悩み、苦しみ、「死を択んだ」国鉄マンたちへ捧げたレクイエム(鎮魂歌)です。

 働くものたちへ優しいまなざし、「痛み分けあい楽しさ分かち生きてゆきたい」という連帯のこころ…。「歩いていきたい。人間らしく」と、未来を決して悲観しません。

 彼は「共感共苦」(compassion)「覚醒」ということばをよく口にしました。

 他者の苦悩への想像力をはたらかせること、他者の苦悩に心をよせることが「共感共苦」。
 山ノ木さんは、作業所で働く仲間たち、争議でたたかう組合員(なかま)たち、戦争や飢えで苦しむ世界じゅうの子どもたち、大人たちに心よせ、「共感共苦」しながらたくさんの詞をつくりだしてきました。

 また、人びとが「覚醒」することに対してのゆるぎない信頼がもう一つのベースになっています。
覚醒とは、目覚めることです。人びとは、他者によってむりやり起こされるのではなく、さまざまな経験を通じつつ、互いに働きかけあう中で「自覚」する。そのことへの深い信頼がありました。

 だから、彼の詞は「あせり」とか、「押しつけ」(~ねばならない)とは無縁。品があって美しい「たおやかな未来」(リパブリック讃歌)を決して見失わないのです。

うたの精髄をつかみだす

 山ノ木さんは、乱読の人でした。社会科学、哲学、古代史、文学…。
 アメイジンググレイスやリパブリック讃歌などの日本語詞をつくるときは、さまざまな本を読み、その歌の背景をよく調べていました。

 そして、それらが山ノ木さんのなかで熟成し、あらたな詞がつむぎだされています。元の詞の精髄をつかみつつ、いま生きる私たちの気持ちにぴったりする言葉。
 「誓い」(曲 安広真理)は、韓国の労働詩人パク・ノヘの詩「対決」の「日本語詞」なのですが、全くと言っていいほど、使われている言葉がちがう。しかし、その詞のこころはきっちり踏まえています。

 詩人だなあ、と思うのですが、本人は「わしの書くのは詞であって、詩ではない。詩人はやめてくれ」と照れていました。
 
最後の日本語詞

 山ノ木さんが病床で最後に創った日本語詞は、ピートシーガーの「花はどこへいった」です。 日本で長らく歌われてきたのは、おおたたかし訳詞 安井かずみ補作のものですが、原詞の一番大切な「いつになったら戦争を繰り返す過ちに気づくのだろうか」というメッセージが抜け落ちています。

 山ノ木さんの日本語詞はその心に忠実に、しかもやさしい言葉で表現しています。

 戦争を憎み、平和な社会をつくることをねがっていた山ノ木さんにふさわしい最後の仕事だといえるでしょう。

Comments

08 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。