パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 笑病日記   Tags: ---

Response: Comment: 7  Trackback: 0  

私の心は曇りです

 ブログに向かう気力がないまま一週間が過ぎました。

 新江(山ノ木竹志)さんが亡くなったことと、それとはまったく無関係に「死にたい」という高校時代の友人のメール&電話への対応で、どんよりとした日々を過ごしました。

 友人は、長年勤めた職場を辞め、いくつか転職したもののうまくいかず、どんどん自分を責めて、心を病んでいきました。
 
 「再就職すればなんとかなる」と思ったようなのですが、4日目でアウト。職場にいかれなくなってしまいました。
 
 「もうどうしたらいいかわからないヨ 死にたいです」
 「どうして俺は真面目に生きてきたのにこんな目にあわなければならないのかもう分かりません。俺がバカなのですか」

 「どうしてまわりの人たちは分かってくれないのですか?」
 「俺は死んだ方がいいのでしょうか?」
 「明日、広島へ行きます。もし明日二見君に会えなければ俺は死にます」

 そして、27日の夜、電話してきて、「俺はなんか悪いことをしたのか」とウォンウォン泣いて訴えます。

 「あんたは何にもわるいことはしていない。そういう社会のしくみなんだ」といったものの、それが分かれば、こんなことにはならない。

 とにかく、広島に来るにしても、医者に行ってこいと諭しました。28日の朝に彼は病院に行ったようで、一ヶ月の入院が決まりました。

 やれやれ、です。しかし、湯浅誠さんがいう「すべり台社会」とは、こういう精神状況に人びとを追い込むのですね。

 こちらもあまり健康でないので、ちと対応がしんどいです。

 そんな一週間でした。

 
Comments
曇りの日は曇りのように 
ご友人、相当しんどいようですね。入院されて徐々に落ち着けるとよいですね。
周囲や社会的条件の問題はありますが、うつとつきあい続けるのはご本人ですからね。頑張らずがんばってほしいですね。
僕は「気が済むまでなにもしなかったらよくなったよ」と経験者が話すのが印象的で少しびっくりもしました。自分のこれまでの考え方になかったことだからです。
でも、それが難しいみたい 
入院後も日に何遍もメールが来ます。
入院前よりはいいみたいですが、つぎつぎに不安がでてくるようです。復帰できるかとか。

「とにかく何も考えずにぼーっとしておきなさい」って何遍も返信しています。
ボクは曇りだけど 
彼は土砂降りのようです
NoTitle 
お友達、病院に行かれたとのこと、ホッとしています。
ふとめさんが相談に乗っていたら、またふとめさんが引っ張られかねないと、心配をしていました。ただ話を聞いているだけでも、なかなかしんどいことですから。
彼にとっても、きちんと専門家の治療を受けるほうが早く楽になるでしょうし。
退院したらしい 
昨日退院したらしいです。
明日、就職面接受けるんだって。

もう勘弁して欲しい。ボクはぐったり、息子はインフルエンザ。
明日の湯浅講演会も欠席です。
うちも 
インフルエンザ流行の影響で今日の日曜参観が流れて、明日は小学生は代休です。湯浅さん行きたかったな。連休なのに中途半端。というか私も静養中。
ふとめさんもぐったりしておいてください。しかし、ご友人、かなりひどそうですね。
NoTitle 
お~い

11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。