パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 戦争法制   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

真の友を衆議院憲法審査会に呼べなかった事情

自民党、公明党、次世代の党推薦の長谷部恭男氏を含めた憲法学者3人すべてが「安保法制は憲法違反」と批判した。

菅官房長官は苦し紛れに「全く違憲でないと言う著名な憲法学者もたくさんいる」といったことに対して、あちこちから、名前を挙げてみろ!という批判がとんだ。

思いつく憲法学者は百地章、西修、八木秀次の3人ぐらい。

いずれも産経の常連、八木は安倍のブレーンで自民党の皆さんはとうぜんご存じである。ではなぜ、彼らを呼ばなかったのか。彼らは自民党のホンネをあけすけに語ってしまうからだ。

安倍政権は、改憲を避け、日本国憲法の下で、集団的自衛権容認を果たし、アメリカのする戦争により深く加担するという「迂回」戦術をとっている。しかし、当然いずれは改憲しようとおもっている。

これに対して、この3人は「まず改憲派」、正面突破路線なのである。「違憲」とまでは言わないだろうが、もっと正面からやれと叱咤される危険性がある。そうすると政権与党の姿が浮き彫りにされてしまう。だからさすがに呼べなかった、ということなのだろう。

 彼らの主張を拾ってみたので、以下紹介する。

◎百地章

「速やかに第9条2項を改正して、自衛隊を「軍隊」とすることが不可欠である。戦後70年もたって占領憲法を一字一句改正できないようでは、英霊に申し訳ないと思う。その意味でも、今こそ、憲法改正が必要である」 (2015年4月6日号 週刊「世界と日本」第2050号 より )

◎西修

「憲法9条は、自衛戦力の保持が可能であるのかどうかという本質のところで、解釈が分かれている。異常であるといわざるを得ない。平和の理念を基調に据えつつ、軍の存在を明記すると同時に、シビリアン・コントロールに徹し、民主国家にふさわしい条項に変える必要がある」(「 産経」正論2015.4.8)

「戦後70年という節目の中で、まず憲法をきちんと変えていくことが大きな目標になる」(「産経」2015.4.24)

◎八木秀次

「やらなければならないことは、やはり憲法改正。解釈での対応には限界がある。その本丸は何といっても、9条改正だ。9条改正を志向しているということ自体が抑止力にもなる。そして、自衛隊をしっかりと軍隊と位置づけることも重要だ」(「産経」2015.4.14)
スポンサーサイト
06 2015 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。