パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 産経「学問の自由」侵害事件   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

ヒロシマ・アクション声明

他者の尊厳への務め ヒロシマ・アクション声明

2014年5月28日

ヒロシマ・アクションは、2014年5月21日付『産経新聞』によって引き起こされた広島大学准教授へのハラスメント、学問の自由への侵害及び歴史修正主義、そしてそれに続く当該教授へのネット上におけるヘイトスピーチに対し結集した市民有志です。

Hiroshima-Action is an organization of the civic supporters who rose up against harassment and online hate-speech toward an associate professor of Hiroshima University, violation of academic freedom and historical revisionism, caused by Sankei Newspaper May 21, 2014.

히 로시마 액션은 2014년5 월21 일자 산케이신문에 의해 야기된 히로시마 대학 준교수에 대한 희롱 및 조롱, 학문의 자유에 대한 침해 및 역사수정주의 그리고 계속하여 해당교수에 대한 인터넷상에 쓰여진 폄하성글에 대해 결집한 시민요지입니다.

广岛群起是由公民发起,对抗2014年5月21日日本产经新闻引起的对广岛大学副教授的污蔑,对其学术自由的侵害以及历史修正主义,而接下来,有诸多网友在网路对该教授口出秽言。

********************************

ここ広島の大学での准教授の講義に関して、一学生の投稿から端を発して産經新聞が当該准教授の尊厳をも踏みにじるネガティヴ・キャンペーンを張った。この件はネットにも飛び火し、広島大学にも脅迫が届き、業務に支障を来しているとさえ伝え聞く。

私たちは、広く「市民」から構成されたゆるやかな集まりだが、強い怒りと不安を持って、この事態を注視し、同時に事態の悪化を防ぐ行動を起こし、また、それぞれの場での「動き」を広く呼びかけるものである。ここでいう「市民」とは、従来の所与の権利と義務のなかにおさまる「市民」ではなく、より能動的に「人びと」としての務めを果たそうとする自覚的な「市民」であると宣言したい。

まず、産經新聞に対しては、今回の記事並びに一連の国家主義的な紙面づくりを厳重に抗議する。また、「新聞」としての最低限の機能を回復ないしは再構築し、その第一歩として、今回の記事の撤回、当事者への謝罪、一方的な一連のキャンペーンの即時停止を要望する。

私たちの社会は、国際的な状況も含めて、大きな緊張状態の時代に入りつつある。この不安の時代にもっとも必要とされるのは、他者の尊厳に対しての想像力を、相互にどのようにつくりあげるかということである。小さくはあるが、しかし無数に必要とされる他者の尊厳への務めがさまざまな義務に最優先されるべきだ。

今回の記事にまつわる攻撃性は「歴史認識」の問題であるとともに、さらなる問題をもっている。むしろ、歴史認識の議論すらできない位相に入り込んでいるといってもいい。それは、痛みを抱えながら証言することを選んだ年老いた女性たちと、その姿を身体を声を、映像を通して伝えようとした准教授に対しても加えられた、尊厳に対しての暴力であるということだ。この件に限らず、路上でネットで新聞で書店でばらまかれることばの数々は既にそうした危険水域に入り込んでいる。ことばだけではない。実際に、そうした老いた女性たちも含めた、諸個人の身体へと加えられる暴力すら、私たちは目撃している。

付言すれば、私たち「ヒロシマ・アクション」のなかには、慰安婦であった女性たちに実際に出会い、あるいは映像を通してそのことばに身体に力づけられてきた者も少なくない。彼女たちと向き合うことが、私たちがくらしてきた日本社会と批判的に向き合いながら、よりよい社会、共に生きていく道を探ることにつながると痛切に感じるからだ。私たちと彼女たちが、まったく異なった人生を歩んできたことを認めるからこそ、なおのこと一層お互いを隔て、分断するものがあってはならないのだ。

世界はかつても今も不正や暴力に満ちている。まずはそのことを認めよう。まったく曇りのないものだけが正しく、発言を許されるのではない。私たちは、そうした歴史や記憶を学ぶ権利を有しているし、積極的にあやまちを学ぶことで、未来を手中にしていくことができるのだ。

今回の事件が喚起したのは「学問の自由」ということでもあるが、既に私たちの日常では、その「自由」すらが特権的なものとなってしまうほどに、日常的に尊厳も公正も売り渡されてしまっている。「学問の自由」は最後の砦であるがごときだ。いや、しかし、そうではない。日常のなかで、他者の尊厳への務めを心に銘記し行動することで、相互的に「学問の自由」も保障されるはずだ。学問の自由とは、「学ぶ」自由でもあるはずだから。

繰り返すが、今回の事件は、広島大学あるいは大学という場所に限った事態ではない。朝鮮学校無償化の問題に対しても沈黙をもって遠ざけているわけにはいかない。あるいは、「民族」問題といったものに限定されるものですらないだろう。ハラスメント社会ということばが喧伝される場に生きる「私たち」ひとりひとりが問われているのだ。それぞれの場で寛容性を持って行動すること。またその寛容さに対しての暴力には毅然とした態度をとることを広く呼びかけたい。そこにあるのは他者の尊厳をもって、自らの尊厳とするという構えだ。

他者への尊厳を! そして、その尊厳を踏みにじる者へは、愛に満ちた厳格さを。自分にとって都合の悪い他者の声に耳を塞ぎ、保身のために他者を傷つけることでしか安心できない者たち。これ以上、そのような、人びとの尊厳を踏みにじる者たちの好き勝手にさせてはならない。

私たち「ヒロシマ・アクション」は、私たちの公正であるべき社会を卑劣極まりない手段で破壊し、他者の尊厳を傷つけ愚弄する、ありとあらゆる勢力に対し、路上で、言論で、学内で、職場で、各々の現場において、徹底的なアクションを起こすことを呼びかける。
スポンサーサイト

Category: 憲法診断   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

原発は人格権より劣位  憲法診断№9

広島中央保健生協 憲法を学ぶ大運動推進ニュース「憲法診断」№9

原発は人格権より劣位

集団的自衛権ってなんだ? (1)攻撃されていないにもかかわらず


→憲法診断№9






Category: 産経「学問の自由」侵害事件   Tags: ---

Response: Comment: 1  Trackback: 0  

「産経抄」 広島大学の授業をプロパガンダ、洗脳と攻撃

以下、5月24日付「産経抄」

 NHKがたまに放送する「ハーバード白熱教室」という番組が、若い世代になかなかの人気だとか。米ハーバード大のマイケル・サンデル教授が、多くの学生を相手に「ビンラーディン殺害に正義はあるか」「今の世代に過去を謝罪する責任はあるのか」といった難問をぶつけ、「君ならどうする?」「その理由は?」とたたみかける。

 ▼さまざまな背景を持つ学生たちも真剣に答え、丁々発止と教授や違う意見を持つ学生とやりあう。どこかの国の国会や討論番組と違って汚いヤジは飛ばず、視聴者も知らず知らずのうちに考えさせられる、という寸法だ。

 ▼対話の積み重ねによる手法をソクラテス式というそうだが、これがうまくできる先生はなかなかいない。教員が一方通行的に話した後、2、3質問を受けて終わり、という旧態依然たる講義が、日本の大学ではいまだに幅をきかせている。

 ▼ソクラテス式どころか、元慰安婦が「日本の蛮行」を告発するドキュメンタリーと称するプロパガンダ(宣伝)映画を上映しただけで質問も受け付けずに終わり、という講義が広島大学で堂々と行われていた。しかも講義の題目は「慰安婦問題」ではなく、「演劇と映画」だったそうで、詐欺といって差し支えない。

 ▼学問の自由は、言論の自由と同じく、大切に守らねばならない。ただし、まったくのデタラメや偏った政治的メッセージを学生に垂れ流す行為は、学問ではなく、洗脳という。

 ▼きのう広島大に電話したところ、「事実関係を確認中」とのんびりした答えが返ってきた。独立行政法人になったとはいえ、国立大学の収入の大半は、税金で賄われている。お隣の国の勝手な「反日」宣伝の場に国民のキャンパスを使わせてはならない。


Category: 産経「学問の自由」侵害事件   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

教養教育科目「演劇と映画」に関する報道について 広島大学当局の見解

産経新聞による不当介入事件について、広島大学当局が見解を表明しましたので紹介します。


 本学教養教育「演劇と映画」の 4 月 28 日の授業について,一部報道等でドキュメンタリー映画を一方的に見せたことは問題であるとの指摘がありました。

 同科目は,「現代的・学際的なトピックスをテーマに,広い視野から全体像を把握するための総合的な知見を獲得すること」を目標とする「総合科目」の授業(担当教員 12 人が 1 人平均 1 回(総計 15 回)の授業を行うオムニバス形式)であり,公開シラバスでは,「それぞれの専門家が,日本・アジア・欧米の演劇と映画について授業を行い,多様な文化を多角的な視点から学ぶ」と位置づけ,「演劇と映画に関する教養と問題意識を学び,解釈の手法を身につけること」をねらいとしています。

大学において確認したところ,4 月 28 日の授業担当教員は,ドキュメンタリー映画に関する資料を配付し,ドキュメンタリーであっても事実をありのままに伝えることはできないこと,手法・構成等について考える必要性を論じ,その後,韓国ドキュメンタリー映画を上映しました。

しかし,映画前の説明部分に時間がかかり映画終了時には授業時間を超過していたため,補足説明・質問時間を確保できず,その結果,学生の理解を促すことが不足し,学生と討論する時間が確保できなかったとのことです。これについては,本授業担当教員間で連携して対応し,5 月 26 日の授業で,授業責任者が受講生に授業目標を再度説明し,ドキュメンタリーの多様な見方について補足説明を行い,学生の意見も聴いております。また,授業最終日に担当教員が集まり,再度学生と授業について質疑応答時間を設けることもアナウンスしました。

以上の経緯が示すように,本授業そのものは本学のカリキュラムポリシーに従って適切に行われておりましたが,授業の進め方で改善を要する点があり,これについては既に対応したところです。

今後とも,本学が掲げるカリキュラム編成方針に基づいて,授業目標が受講生に十分伝わるよう,高等教育機関としての教育の質の保証と向上に努めていきたいと考えています。

平成 26 年 5 月 27 日
広島大学教養教育本部長 坂越 正樹


Category: 憲法診断   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

広島中央保健生協「憲法診断」№8 


広島中央保健生協、憲法を学ぶ大運動推進ニュース「憲法診断」№8

安倍首相の言わないホンネを語る岡崎久彦氏(安保法制懇メンバー・安倍首相の師匠)

ありえない事例で戦争へつれていくのか 安保法制懇

→憲法診断№8




Category: 産経「学問の自由」侵害事件   Tags: ---

Response: Comment: 6  Trackback: 0  

広大教職員組合が「学問の自由を守るための臨時集会」を呼びかけ

産経新聞による「学問の自由」侵害事件。広大教職員組合がが「学問の自由を守るための臨時集会」を呼びかけました。

広島大学教職員組合総科支部、および関係各位

 「学問の自由を守るための臨時集会の呼びかけ」

 お忙しいところ恐れ入ります。既にお聞き及びかもしれませんが、教養教育科目の一つとして提供された講義について、それを受講していた学生が、その内容に対する不満を産経新聞に投稿し、それを受けて同紙が5月21日に新聞の1面で取り上げ、学生の主張を無批判に取り上げ、講義を不当に攻撃しました。その記事の趣旨は、授業が従軍慰安婦問題について、根拠のない極めて偏った内容であり、韓国の主張を一方的に表明したもので、討議の余地を与えないものだとするものです。

 それを受けて、日本維新の会の中丸啓議員が、衆議院の内閣委員会で文部科学省に説明を求め、ネット上では、担当教員に対する不当な非難と中傷が行われ、大学宛に多数の抗議が寄せられています。遂には、「在日外人の特権を許さない市民の会」(在特会)が当該講義の開催を阻止するという脅迫までしてくる事態になっています。

 授業内容についての不満を、外部のマスコミや政治団体が取り上げ誹謗中傷するという事態は、大学における学問の自由に対する重大な侵害であり、学生・教職員が安心して意見表明できる場を奪うものです。また、とりわけ韓国籍の教員に対して理不尽な攻撃をしていることは、自由で平和な一つの大学を建学の理念とし、世界に開かれた大学をめざす広島大学にとって、無視できない問題です。

 今回、広島大学教職員組合は、そうした事態を重く見て、まず総科支部の緊急集会を開いて、学問の自由と外国人教員の権利を擁護するための行動を起こすことにいたしました。組合員以外でも皆様是非ふるってご参加下さい。

場所:総合科学部A704

日程:2014年5月28日(水)12.10~
広島大学教職員組合総合科学部支部
支部長 荒見 泰史  
支部代表 フンク・カロリン


Category: 産経「学問の自由」侵害事件   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

重い15文字

 「いつから日本の大学は韓国の政治的主張の発信基地に成り下がってしまったのか」

こういう書き出しで産経新聞は1面で大学の授業を攻撃した。広島大学の「演劇と映画」と題する授業の一コマで、もと従軍慰安婦が証言を行っているシーンを含む「終わらない戦争」という映画(金 東元監督、2008年、60分)を上映。
 この講義を聴講していた学生の一人が産経新聞に投稿。それをもとに記事をつくり、学生の声として従軍慰安婦募集が強制であったことを次のように否定した。

講義を受けた学生らは「日本だけがものすごい悪いように映った」「映像内容がその通りだと素直に思ってしまった」と漏らしていたという。
 男子学生は国立大学の授業として、慰安婦募集の強制性があたかも「真実」として伝えられたことに疑問を呈し、「何の説明もなしに、あの映画を流すのは乱暴だ」と指摘する。



 この記事が出されて以降、広島大学には「抗議」の電話が殺到しているという。多くが,「国民の税金で運営されている国立大学でこのような反日的教育がおこなわれているのはけしからん」という内容。

 大学は、真理を追究する場であり、研究者はそれを学生に伝える。教授を英語でプロフェッサーというが、ラテン語のprofessusが語源で、自らの信ずるところを告白する人ということがそもそもの意味だ。また、何が正しいかどうかは、学問的な論争を通じて行われる。政治的な圧力に屈すれば学問は死ぬ。学問の自由のないところに思想・信条の自由はなく、体制に対して批判の声をあげることはできない。そう、それがあの1945年8月までの日本であり、それはファシズムと呼ばれるものである。

 日本国憲法は19条で、思想及び良心の自由を、20条で信教の自由を、21条で集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由を、保障すると述べ、しんがりに23条を置いた。

第23条 学問の自由は、これを保障する。

わずか15文字。しかし重い15文字である。¡No pasarán!(ヤツらを通すな)

Category: 憲法診断   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

広島中央保健生協「憲法診断」№7

広島中央保健生協、憲法を学ぶ大運動推進ニュース「憲法診断」№7

安保法制懇報告は「憲法ハイジャック宣言」


→憲法診断№7






Category: 近況   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

小さな図書館 ふくしま文庫 第30回総会

ボクの職場の近くに小さな私立図書館(一般社団法人)、「ふくしま文庫」があります。
「ふくしま」は広島市西区福島町という地名からきています。

今日はその「ふくしま文庫」の第30回総会があり、参加しました。この小さな図書館、1985年の創設から今日まで9万6千人が来館し、11万6千冊が貸し出されました。

140522_1840~01


わが広島中央保健生活協同組合が送ったメッセージを以下に掲載します。


            
                メッセージ

 ふくしま文庫の第30回総会おめでとうございます。「本を通して仲間づくりができる場所。だからいつもあたたかくて居心地がよい」、そんなふうに子どもたちから慕われている小さな図書館、ふくしま文庫は、この地域でかけがえいのない役割を果たしてきたと思います。パチンコ店の建設をひとつのきっかけとしながら、母親たちの読書運動、青年たちの地域民主化の学習活動、保護者・教師のによる子どもの健全な成長を保障する運動を、さらにすすめようとつくられたふくしま文庫が来年、30周年を迎えることは私たちにとっても大きな喜びです。

 安倍政権は、集団的自衛権の行使を認めることによって、アメリカとともに戦争する道を突き進もうとしています。それと軌を一にしながら、「はだしのゲン」を子どもたちの目から遠ざけたり、「アンネの日記」を破り捨てるような事件が起きています。

 図書館の自由に関する宣言は、「図書館は、権力の介入または社会的圧力に左右されることなく、自らの責任にもとづき」「図書館の総力をあげて、収集した資料と整備された施設を国民の利用に供するものである」と述べていますが、まったくこれに反しています。

 そういうなかで、ふくしま文庫が子どもたちにさまざまな図書を提供し、子どもたち自身が本を選び、自らの判断力をつけていくことを支える活動していることは、小さくとも図書館らしい図書館として誇るべきものです。

 広島中央保健生活協同組合は、この4月に新病院を着工しました。あのパチンコ屋が建っていた場所です。30年の月日が流れ、パチンコ屋は潰え、その地に新病院が建つ。なんと感慨深いことでしょう。

 新病院は来年の9月1日に開院する予定です。新病院が安心して住み続けられるまちづくりの医療・福祉介護を支える「要」としての役割を果たしていきたいと思います。また、医療・介護の公的責任を投げ捨て、健康を「自己責任」の問題にしてしまう政策に私たちは反対します。安心して子どもを生み育てられる国とまち、長生きしてよかったといえる人権が輝く福祉国家づくり、まちづくりをみなさんと手を携えてめざしていきたいと考えています。

本総会がみのり多い成果をおさめ、みなさんの運動がさらに発展することを願い、メッセージとします。

       2014年5月22日

                広島中央保健生活協同組合
                  理事長 吉富 啓一郎

 

Category: 憲法診断   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

広島中央保健生協「憲法診断」№6

広島中央保健生協、憲法を学ぶ大運動推進ニュース「憲法診断」№6

戦争への道 集団的自衛権 6つの条件は歯止めになるか

→「憲法診断」№6






05 2014 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。