パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 秘密保護法   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

秘密保護法との関係でみえた自民党改憲草案34条

 憲法の34条は抑留・拘禁についての条文です。

第34条 何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ、抑留又は拘禁されない。又、何人も、正当な理由がなければ、拘禁されず、要求があれば、その理由は、直ちに本人及びその弁護人の出席する公開の法廷で示されなければならない。

 これが自民党の改憲案では以下のようになっています。

自民党改憲案第34条 何人も、正当な理由がなく、若しくは理由を直ちに告げられることなく、又は直ちに弁護人に依頼する権利を与へられることなく、抑留され、又は拘禁されない。
2.拘禁された者は、拘禁の理由を直ちに本人及びその弁護人の出席する公開の法廷で示すことを求める権利を有する。

その違いの第1は、拘禁・抑留の条件です。読み解くポイントは「且つ」「若しくは」「又は」です。アンド(and)なのか、オア(or)なのか。

 憲法では「①理由を直ちに告げられ、且つ(and)、②直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ」とあり、拘禁・抑留の理由と弁護士を依頼する権利の両方が必要です。ところが改憲案では「①何人も、正当な理由がなく、若しくは②理由を直ちに告げられることなく、又は③直ちに弁護人に依頼する権利を与へられることなく」と条件は3つなのですが、「若しくは」「又は」(or)で繋がれている。3つの条件のうち一つが満たされれば拘禁・抑留できる。理由を告げなくても、弁護士を依頼させなくても、「正当な理由」さえあればいいのです。

 この条文は秘密保護法にもってこい。なぜ抑留・拘禁するのか理由を告げなくていいからです。何の秘密を漏らしたのか、取得したのかを明らかにしたら秘密じゃなくなってしまいますから。おまけに弁護士も外せる。

第二は、法廷における抑留・拘禁の理由を明らかにすることをめぐってです。憲法が「(抑留・拘禁の)理由は、直ちに本人及びその弁護人の出席する公開の法廷で示されなければならない」となっており、公開の法廷で理由を明らかにすることが義務づけられています。それが改憲案では「公開の法廷で示すことを求める権利」となっています。「示めさなければならない」が「求める権利」に切り下げられている。公開の法廷で示すことを求めても却下されることがありうるのです。これも、秘密を保護するためには、公開の法廷で抑留・拘禁の理由を明らかにすることはは困るからです。

 知らないうちに尾行などの捜査をされて、ある日突然逮捕。秘密保護法違反としか告げられず、抑留・拘禁される。恐ろしいことです。

 自民党改憲草案は秘密保護法も視野に入れてつくっていたんですね。相乗効果をもたらさないようにするためには、まず秘密保護法を廃案にすることです。そして、改憲を許さない。
スポンサーサイト
11 2013 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。