パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: 科学的社会主義   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

「一般人さんへの返書」 その4

◆日本国憲法にかかわる問題について (2)

 「護憲を主張するのは『共産主義と対立する自由主義陣営の日本の防衛政策発展を妨害すること』が目的だったのであり、革命のため打倒すべき自国の現体制が保持する戦力の弱体化を目論(もくろ)んだからなのです」という「一般人」さんの意見について一つずつ検討したいと思います.

「日本共産党など左派政党は、侵略戦争だといって日本人と日本を貶め軍隊と戦争を忌避する世論を作り、平和運動で米軍基地反対運動をして日米安保を廃し、問題のある憲法9条の改正に反対し、永住外国人に対する外国人参政権付与を主張するのも中国や韓国、北朝鮮、ロシアの介入しやすくして、革命を起こしやすくしたいからなのです」と言います。

◆「侵略戦争」とはなにか

 日本共産党は、1945年8月15日に終わった戦争※を「侵略戦争」だと考え、また、全国各地で「基地反対闘争」に取り組んできました。また、日本に米軍基地が半永久的に置かれる根拠が「日米安全保障条約(安保条約)」であり、その廃棄を主張してきました。
 
※正式には9月2日。東京湾上のミーズリー号艦上で降伏文書に調印。

 「侵略戦争」とはなんでしょうか。手元にある『広辞苑(第二版)』では、「侵略」…他国に侵入してその土地を奪い取ること」とあります。戦争については特段の説明はいらないでしょう。

 日本は、朝鮮半島、中国、そして東南アジアへ侵入(侵略)し、その土地と食料、何より尊い多くの人の生命を奪い、女性をレイプし、「従軍慰安婦」という性奴隷制をつくりました。これは評価の問題ではなく事実の問題です。事実を述べることがなぜ「日本人と日本を貶める」ことになるのか、私には「一般人さん」の意見が分かりません。アジアで日本は人を殺さなかったのか、土地は奪わなかったのか?レイプや「従軍慰安婦」は中国人や韓国人などが「お金ほしさにウソをついている」というのでしょうか?

 田母神俊雄氏は毎年、8月6日に広島で講演をしていまうすが、彼の主張が本当ならば、中国へ行って正々堂々と「君たちの言っていることは誤りであり、日本を貶めるものだ」と講演されたらいいのではないか、といつも思っています。アメリカに行くのもいいでしょう。「あの戦争はアメリカとの関係で、どんどん戦争に追い込まれていった」(東大安田講堂講演より)と主張なさったらいい。しかし、タモガミ氏は中国にもアメリカにも行かず、日本国内だけで熱心に語られているようです。事実をよく知らない日本人を相手に講演して悦に入っているといったら言い過ぎでしょうか。


 ◆領土問題をめぐって
 
 「憲法九条を改正せず沖縄の基地をなくして、日米安保も廃止し、どうやって尖閣諸島や沖縄、竹島や対馬を守るのでしょうか?」

 逆に、「一般人さん」にお訊ねしたい。

 「武力があれば、強い力があれば、解決するのでしょうか?」
 「原発事故が起きて、まともな対応をしない日本政府が日本国民を守るんでしょうか?」
 「北方領土について、日本共産党は全千島の返還を要求しています。歴代自民党政府は、『国後、択捉、歯舞・色丹』の四島しか返還要求してきませんでした。それはなぜですか?」

 いずれにしても、領土問題は歴史的事実を踏まえ、道理ある主張をして、周辺諸外国ひいては世界に、いずれの国の領土に属するのかを明らかにしていくことが、遠回りのように見えて、近道だと思うのです。

 日本国憲法は、その前文で「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすること」と述べたのは、侵略戦争に対する真摯な反省の表明であり、この立場に立ってこそ、領土問題の解決--外交による平和的な解決の道が開かれると私は考えます。





Category: 脱原発   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

I have a dream

DSC_0347_convert_20120827010359.jpg


私には夢がある

ヒロシマに本社がある中国電力が
日本で真っ先に原発を廃止することを

私には夢がある

広島市内に流れる太田川
山手川、福島川。それが一つになった太田川放水路
天満川、本川、元安川、京橋川、猿猴川
そして支流にも
古式ゆかしい木製の水車がつくられ
小水力発電がされることを

水車のまわりには
子どもたちが安全に水遊びができる
親水公園がつくられることを
子どもも大人もはしゃぎ
魚がはね、鳥たちがとびかう

私には夢がある

子どもたちの暮らす施設、
児童館、学童保育の施設に
公的責任でエアコンが設置され、
太陽光パネルによって生み出される電気で動くことを

私には夢がある

50度を超すこともある給食調理室すべてがドライシステムとなり
エアコンが設置され、快適な労働条件の下で給食がつくられることを
この電気も、自然エネルギーでまかなわれる

私には夢がある

大企業の儲けより、子どもたちのいのちが大切にされる
社会と政治がつくられることを

Category: 脱原発   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

中核・革マルの醜い策動

週刊ポスト8.31

『週刊ポスト』8月31日号に「脱原発の敵はサヨクとネトウヨだ」という記事が出ていたので買って、読んでみました。

官邸デモ主催者のMisao Redwolf(ミサオ・レッドウルフ)さんと自由報道協会代表の上杉隆さんの対談です。

僕は左翼だから、どんな風に批判されているのかとどきどきしながら読んだら、「サヨク」として批判されているのは中核と革マルでした。

以下、記事からの引用。

上杉隆 自由報道協会の会見(7月27日)でも、セクト(新左翼)を名指しで批判して
ましたよね。

Misao 私は5年ほど前から反原発のデモや集会に取り君でいて、3・11以前も反原発の集会などをすると、革マルや中核っていうのが来るわけですよ。私はその頃からとにかくアンチセクトでやっているるんですが、(参加しないでくれ、という)クレームをつけると面倒くさいので、来られても放置みたいな状況でした。

 いま、私たちの反原発連合では、組織や反原発以外ののぼり旗を立てない、勧誘のビラを配らないといった(自主的な)ルールを設けています。それは反セクト的な意味だけじゃなくて、一般の人が入りやすいという理由もあるんですけど、それで裾野がが広がった。だんだんシングルイッシュー的な部分が理解されて、運動が成熟してきたわけですが、やはり最後はこの問題なんですよ。

 結局、デモが巨大化してから、(セクト系が)またドーッとくるようになった。でも、これに始末をつけなければ、本当の意味での市民連動にならないっていう思いが私の中で強い。

 去年前半もいろんなデモが盛り上がったけど、やっぱり革マルが入り口でビラを配ったり、のぽりをを立てていた。中核なんて主催者名を書かずに、あたかも自分たちが呼びかけ人であるかのような乗っ取りフライヤー(チラシ)を勝手に作ってオルグ(勧誘)に利用しょうとしていた。こうしたことをいまやられると、マイナスにしかなりません。

上杉 (元首頼の)鳩山由紀夫さんは官邸デモに参加したあとに、「(運動は)とてもいいことだけど、セクトが来ているから、僕はちょっと2回目は行けないな」といっていた。(民主党衆院議員の)川内博史さんも、7・29の国会包囲デモに行った際、セクト系の団体に「政治活動するな」と注意したら、保守反動扱いされて罵倒されたそうです。

Misao 7・29のデモでは、日比谷公園での集会のときにビラを配ってましたね。彼らのタチが悪いのは歩道から車道にデモの列が決壊してしまったときに、いきなり前に来て自分たちの旗をバーンと先頭で立てて、それを自分たちの会報に載せるっていうやり方をすること。7・29のときも、集会が始まる前に管轄の警察署の警備の人が「革マルがいるから」って教えてくれました。私たちの「共通の敵」ですから。

原発は要らないっていう純粋な気持ちで来ている参加者が多いので、そこを草刈り場にしてほしくない。セクトの人たちもはんとに原発を止めたいっていう気持ちなら、旗を下ろして参加すればいい。

上杉 記者会見では右翼団体にも言及及していました。

Misao 一度、在特会(在日特権を許さない市民の会)に、官邸前に選挙されたことがあるんです。ちょうど参加者が4万人を超えたぐらいのときで、向こうは20人ぐらいで色々いってきて。最終的には警察の説得で退場しましたけどね。でも、彼らは本物の右翼じゃなくて、ネトウヨ(ネット右翼)でしょう?


しごく、まっとうなやりとりでほっとしました。

中核や革マルは「左翼」を偽装する暴力団で、「内ゲバ」といって互いに殺し合いをしてきたセクトです。

僕も法政大学時代に、彼らのやり方はおかしいと批判したら、「学生自治の敵 日本共産党・民青 二見を許すな」というビラをまかれて1か月ほど授業をうけることを暴力的に阻止された経験をもっています。

人殺し集団に「反原発」=「命を守れ」という集会に参加する資格はありません。

Category: 核兵器廃絶   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

秀逸な「モノ」語りに脱帽  『さがしています』(童心社)

さがしています (単行本絵本)さがしています (単行本絵本)
(2012/07/20)
アーサー ビナード、岡倉 禎志 他

商品詳細を見る


わずか33ページの本。
 詩人のアーサー・ビナードさんが広島平和記念資料館の地下収蔵庫にある2万1千点のなかから14点の「モノ」を選びだし、モノたちから、その声を聞き取った「聴き取り」である。「モノ」の写真は岡倉禎志さんが撮った。
 原爆が人に何をもたらすのか。詩人は見事に「モノ」たちの声をとらえ、写真家はその「かたち」を捉えた。
 原爆ばかりでなく、これから原発が何を人びとにもたらすのかを私たちが考えるよき縁(よすが)となるだろう。

Category: 科学的社会主義   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

「一般人」さんへの返書 その3


◆日本共産党のめざす社会主義・共産主義

④左翼政党の本質は、独裁・人民抑圧・虐殺・経済の停滞のため世界各国で失敗しているというのに、理想の思想にこり固まり、共産主義や社会主義の国に変えようとしている組織だということです。


 社会主義国と呼ばれ、自称してきた国々が「独裁・人民抑圧・虐殺・経済の停滞のため世界各国で失敗している(きた)」と、ボクも考えています。「一般人」さんと同じ意見です。ただ、違うのは、日本共産党が、ソ連、東欧、中国、北朝鮮などと全く違った、社会主義・共産主義をめざしているということです。
 ひとことで言えば、自由や民主主義の発展方向として、社会主義・共産主義社会を想定している。社会主義・共産主義とは平たくいえば、社会を構成している一人ひとりを大切にする社会です。共産主義の英語はコミュニズムであり、接頭辞であるcoあるいはcomは仲間を意味しています。生協のコープ(coop)、地域社会のコミュニティ(community)、仲間を大切にする社会、共同社会がもともとの意味なのです。

 日本共産党の綱領では次のように述べられています。

 社会主義的変革の中心は、主要な生産手段の所有・管理・運営を社会の手に移す生産手段の社会化である。社会化の対象となるのは生産手段だけで、生活手段については、この社会の発展のあらゆる段階を通じて、私有財産が保障される。

 生産手段の社会化は、人間による人間の搾取を廃止し、すべての人間の生活を向上させ、社会から貧困をなくすとともに、労働時間の抜本的な短縮を可能にし、社会のすべての構成員の人間的発達を保障する土台をつくりだす。

 生産手段の社会化は、生産と経済の推進力を資本の利潤追求から社会および社会の構成員の物質的精神的な生活の発展に移し、経済の計画的な運営によって、くりかえしの不況を取り除き、環境破壊や社会的格差の拡大などへの有効な規制を可能にする。

 生産手段の社会化は、経済を利潤第一主義の狭い枠組みから解放することによって、人間社会を支える物質的生産力の新たな飛躍的な発展の条件をつくりだす。

 社会主義・共産主義の日本では、民主主義と自由の成果をはじめ、資本主義時代の価値ある成果のすべてが、受けつがれ、いっそう発展させられる。「搾取の自由」は制限され、改革の前進のなかで廃止をめざす。搾取の廃止によって、人間が、ほんとうの意味で、社会の主人公となる道が開かれ、「国民が主人公」という民主主義の理念は、政治・経済・文化・社会の全体にわたって、社会的な現実となる。

 さまざまな思想・信条の自由、反対政党を含む政治活動の自由は厳格に保障される。「社会主義」の名のもとに、特定の政党に「指導」政党としての特権を与えたり、特定の世界観を「国定の哲学」と意義づけたりすることは、日本における社会主義の道とは無縁であり、きびしくしりぞけられる。

 社会主義・共産主義の社会がさらに高度な発展をとげ、搾取や抑圧を知らない世代が多数を占めるようになったとき、原則としていっさいの強制のない、国家権力そのものが不必要になる社会、人間による人間の搾取もなく、抑圧も戦争もない、真に平等で自由な人間関係からなる共同社会への本格的な展望が開かれる。

 人類は、こうして、本当の意味で人間的な生存と生活の諸条件をかちとり、人類史の新しい発展段階に足を踏み出すことになる。

◆日本国憲法にかかわる問題について (1)

⑤日本共産党は1946年6月25日戦争放棄および戦力放棄の宣言を盛り込んだ憲法改正案(日本国憲法の原案)が衆議院本会議に上程された審議で、日本国憲法(もちろん憲法第9条を含む)に反対していました。  

 これは事実その通りです。
 「野坂(参三)は戦争を侵略戦争と『防衛的な戦争』とにわけ『この憲法草案には戦争一般放棄という形でなしに、われわれはこれを侵略戦争の放棄、こうするのがもっと的確ではないか』と迫った。これに対し吉田(茂)は共産党の質問にいささか興奮したのであろうか、つぎのように答えた。『私はかくのごときこと(国家正当防衛権に依る戦争)を認むることが有害であると思うのであります(拍手)近年の戦争は多くは国家防衛権の名のおいて行われたることは顕著なる事実であります。ゆえに正当防衛権を認むることが偶々〔たまたま・「思いがけず」という意味・二見〕戦争を誘発する所以(ゆえん)であると思うのであります』」(古関彰一『日本国憲法の誕生』岩波現代文庫191ページ、カタカナ表記をひらがなに変えました)

 私は、当時の共産党(野坂参三)の見解よりも、吉田茂の方が正しかったと思っています。

⑤つまり戦後すぐは、日本が共産主義の国になっていくかもしれないと考えて、武力は必要だと考えていたので憲法9条には反対だったのです。共産主義の国になれば、アメリカをはじめとする自由主義の国の攻撃から守らなければならないからです。  

ですから、武力革命を想定しそのために反対したのではなく、「自衛権」を留保すべきではないか、という見地から憲法九条に反対したのです。

⑥日本共産党が護憲を訴えるようになったのは、サンフランシスコ講和条約により日本の主権が回復し、自由主義社会の一員になった上に、1951年に始まった武装闘争路線の失敗したためです。「革命を起こして社会主義や共産主義の国に変える」という本心を隠して政治運動を始めたのです。

 1950年にコミンフォルム(ヨーロッパ共産党・労働者等情報局)の機関紙「恒久旧平和と人民民主主義のために」に「日本の情勢について」という論評が載り、これがきっかけとなって、ソ連と中国の合作で武装闘争路線が日本に持ち込まれ、共産党は分裂させられました。もちろん武装闘争路線は国民の支持をえられることなく、1949年1月の総選挙で300万票近くを獲得していましたが、52年10月には89万票、53年4月65万票へと激減。49年当時いた35人の衆議院議員は、52年にはゼロ。53年でようやく1議席を回復しただけでした。(『日本共産党の80年』日本共産党中央委員会出版局、2003年)

日本共産党は、混乱が続きましたが、1961年の第八回党大会で新しい綱領を決定。
アメリカと日本の大企業が日本を支配していて、この2つの「敵」に反対する新しい民主主義革命という方針が採択されました。また、日本の社会変革は「国会で安定した過半数」をえて実現するという方向性も確立。これは先ほど述べた「武力闘争」「武力革命」は日本の現実に合わないという真摯な反省にもとづくものです。
 「一般人」さんがいうような、革命をめざすことを隠すようなことはありません。問題は革命のあり方、内容なのです。


(明日10日から帰省の旅に出ます。次回は20日以降になります)
08 2012 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS