パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 科学的社会主義   Tags: ---

Response: Comment: 3  Trackback: 0  

「一般人」さんへの返書 その2

まず、「一般人さん」への回答は、あくまで二見伸吾個人の見解であって、日本共産党を代表するものはない、ということをお断りしておきます。私は、地域の支部の一党員であり、日本共産党を代表して見解を述べる立場にないからです。

また、他の左翼政党(一般人さんがどの党派を想定しているか分かりませんが)についてはまったく回答する資格がありません。

①どうして反日、反政府、反米、親中、親韓なのか 

日本共産党は決して「反日」ではなく、「愛国」の立場に立っている、と私は考えています。「愛国」の立場とは、よりよい日本をめざしているという意味です。よりよい日本をつくるためには、過去の誤り、特に朝鮮半島、中国、アジアに対して侵略したことへの反省が必要です。2000万人(推計)もの人をアジアで殺傷し、朝鮮人(韓国人)に対しては日本語の使用を強要したり、重慶(中国)への無差別爆撃、南京大虐殺などについて、真摯に反省することが不可欠です。過去の誤りに目をふさぐ者は、同じ過ちを繰り返すというのが歴史の教訓だと考えています。

 「反政府・反米」なのはその通りです。ただし、「反米」というのはアメリカ人を敵視しているということではなく、日本の「国土や軍事などの重要な部分をアメリカに握られた事実上の従属国」にされており、その根拠になっているのが「日米安全保障条約」という名の危険な条約です。

 オスプレイ配備をおしつけられたり、世界一危険と言われている「普天間基地」(日本の法律では、空港としての要件を満たしていない)のも、日米安全保障条約と日米同盟によるものです(詳しくは拙著『ジョーカー・安保』かもがわブックレット、をお読みいただけると幸いです)。

 「反政府」なのは、歴代自民党政権も民主党政権も、基本的にアメリカいいなり、財界・大企業本位の政治をしているからです。

中国との関係は複雑な歴史を持っています。中国からは、毛沢東時代に、「日中両国人民の4つの敵」の一つにされ(あとの3つはソ連共産党・佐藤内閣・アメリカ帝国主義)、日本も暴力革命をすべきだと干渉を受けました。日本共産党の幹部・赤旗特派員が北京空港で集団暴行を受けるということもありました。
 
 日本共産党は中国の主張がいかに誤りであるかについて、「極左日和見(ひよりみ)主義の中傷と挑発」という論文を発表(1967年4月29日)し、暴力革命がいかに日本の実情にあわないかを全面的に論破したものです。

 その後、長い断絶がつづきましたが、中国側が「文化大革命」以来の干渉を認め、『真剣な総括と是正」の態度を誠実に示し、1998年に日中共産党の関係が正常化(普通の関係)しました。
 韓国とは、独裁政権時代が長く続きましたし、特別、「親韓国」ということはないと思うのですが…。

②日本共産党の本質(目的)は社会制度を変える革命遂行(すいこう)にある。

これは、その通りです。
 日本共産党の綱領にも
「現在、日本社会が必要としている変革は、社会主義革命ではなく、異常な対米従属と大企業・財界の横暴な支配の打破――日本の真の独立の確保と政治・経済・社会の民主主義的な改革の実現を内容とする民主主義革命である。

それらは、資本主義の枠内で可能な民主的改革であるが、日本の独占資本主義と対米従属の体制を代表する勢力から、日本国民の利益を代表する勢力の手に国の権力を移すことによってこそ、その本格的な実現に進むことができる。この民主的改革を達成することは、当面する国民的な苦難を解決し、国民大多数の根本的な利益にこたえる独立・民主・平和の日本に道を開くものである」(日本共産党綱領第4章)とあり、その具体的な内容も引用した文章のあとに書かれています(綱領は日本共産党のホームページなどで読むことができます)

 ③「九条の会」などの市民グループと日本共産党やその他の左派政党の関係者が多くいると思います。

私は広島で「九条の会」ネットワークの事務局の一員をしています。
 日本共産党は、「九条の会」の一翼を担うという立場です。ただし、「一般人」さんが想像されているほど「多く」はない、というのが私の実感です。

                                      (つづく)
スポンサーサイト

Category: 科学的社会主義   Tags: ---

Response: Comment: 1  Trackback: 0  

「一般人さんへの返書」その1

みなさんへ 「一般人」さんから私のブログ「パンとともにバラを」7月18日「梅雨明け&お知らせ」に長いコメントをいただきました。
 とてもよい問題提起だと思いましたので、コメント覽への返事ではなく、メインの方で数回に分けて、私なりの考えを述べてみたいと思います。

 「一般人」さんへ

 まず、なにより、わがブログを読んでいただき、コメントしていただいたことにお礼申し上げます。コメントの内容もまじめで、日本の現状と将来を憂えていると感じましたのでこのブログ上で返事をかかせていただきたいと思います。

 問題提起ないし疑問はボクのカウントでは24項目あると判断しましたので、連載で私なりの考えを述べさせていただきたいと思います。

 その前に、おそらく「一般人」さんは、私が日本共産党員ないし左派政党(左翼政党)の一員であるであると判断されてコメントを書かれていると思いました。

 個別にはともかく、このような誰でも閲覧可能なブログで自分の政治的立場を述べるのは初めてですが、あきらかにしないと、返事が書けないので、正直にその点から説明します。

 私は、日本共産党員です。

 2009年11月29日にガンで亡くなった叔父が共産党員でした。その関係で、「しんぶん赤旗」(当時は、ただの「赤旗」でしたが)の日曜版はほぼずっと、日刊紙はときどき、わが家で購読していました。

 高校2年生の時、民青(日本民主青年同盟、当時は「共産党の導きを受ける独自の青年組織」という規定でしたが、最近は「共産党をよき相談相手にする青年組織」と説明されているようです)に誘われ、悩みましたが、加盟しました。悩んだのは、ソ連や中国など社会主義国が嫌いだったからです。私は生徒会活動をしていて、民主主義(みんなでわいわい言いながら、物事を決め、力を合わせて文化祭や体育祭をすること)が好きでした。
 どう考えても社会主義国には「自由と民主主義」はありません(その考えは今も変わりません)
 
 誘ってくれた人は社会主義国は、「医療費がタダ」「オリンピックでたくさんメダルをとるのはスポーツを国民的に広げているから」などの説明をしましたが、そういう説明では納得できませんでした。

 私は、日本の民主主義が発展することを望んでいましたので、「民青は社会主義革命をめざす組織ではなく、民主主義革命をめざしている。だから民主青年同盟という名前なのだ」という説明を受け、消極的に加盟しました。

 民青に入って、共産党の文献やマルクス・エンゲルス・レーニンなどの文献を読み、
日本共産党が、科学的社会主義(マルクス・レーニン主義)の立場にたちながら、それを日本の現状にふさわしく発展させよう、とりわけ、議会と民主主義を大切にしていることが分かりましたので、誘われもしないのに18歳(共産党員は18歳にならないと入れない)の誕生日前に「予約」して、党員となりました。

 ですから、今年、8月6日(誕生日)をもって31年間、共産党員を続けております。

 という自己紹介だけで、だいぶ書きましたので、「一般人」さんへの意見・疑問への私の考えは「その2」から始めたいと思います。

 さあ、朝ごはん食べよ。腹減ったあ。

Category: 近況   Tags: ---

Response: Comment: 1  Trackback: 0  

梅雨明け&お知らせ

(1)中国地方は「梅雨明け宣言」がだされました。
昨日の暑さは「夏だな」と思ったので納得。

120717dome.jpg

写真は昨日17日、夕方6時10分に原爆ドーム前をチャリで通ったときの写真です。
写真は好きで、中学校の時は写真クラブ(課内)の部長をしておりました。

ボクの写真の師匠は、なんと篠山紀信さんです。
確かミノルタカメラのコマーシャルで「写真と撮るときはグッと寄って、そしてまた寄る」
と言っていたのをいつも心がけ、そのとおりにしていると「あいつはおかしい」と「変人扱い」されているんですが…。

それと雑誌『GORO』の激写(この雑誌にはいろんな意味でお世話になりました(笑)。
もちろん、会ったことなどありませんけど。

好きな写真家は、鳥取の植田正治さんです。

 写真界の巨匠・故・植田正治は、世界で最も注目された日本人写真家です。生地(鳥取県境港市)を離れず、山陰の空・地平線・そして砂丘を背景として、被写体をまるでオブジェのように配置した植田正治の演出写真は、写真誕生の地フランスで日本語表記そのままにUeda-cho(植田調)という言葉で広く紹介されています。もちろん、植田正治の作品はこのような作品ばかりではありません。70年近くに及ぶ作業活動を通して、我々に常に斬新で多彩なイメージを掲示しています。アマチュア精神を抱き続けた偉大な写真家の軌跡は、まるで日本の写真史そのもののようでもあります。(下記ホームページより引用)

植田正治写真美術館

(2)鬱状態はだいぶよくなりつつあるのですが、このブログはしばらくお休みしたいと思います。

 なお、facebookの方はやっていますので、二見伸吾の動向にご関心をもっていただけるなら、
フェイスブックで「友だちリクエスト」と個人あての「コメント」を送って下さい

知らない人から「友だちリクエスト」だけ来ると「なんでこの人、ボクに関心があるのかなあ」といつも不思議&不安になるのです。「コメント」欄に「二見さんのファンです」とか「**で講演を聞きました」「本を読んで感動しました」などと書いていただけると、即「承認する」ボタンを押しますので(笑い)

 この「パンとともにバラを」はしばらくお休みです。「あわてず、あせらず、あきらめず」(三あ主義)で
再開を待っていて下さいね

 では。


Category: 脱原発   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

ていろう君が着ていたTシャツはこれ ガミ師匠へ

taritetano02.jpg

注文・問い合わせは

→ サバイバルデザイン

Category: 脱原発   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

原発は安全 地震だってへっちゃら。

s_atmic09.png

 東京電力が以前、子どもたちに配っていた「未来へのパスポート」。「地獄へのパスポート」だね。


 今度、事故が起きても「想定外」で「ただちに健康に影響はありません」とうそぶくのだろうか。

 「資本は、社会によって強制されるのでなければ、労働者の健康と寿命にたいし、なんの顧慮も払わない。肉体的、精神的萎縮、早死、過度労働の拷問に関する苦情について、資本は次のように答える。
「われらの楽しみ(利潤)を増やすのに、そんなことにかまってられるかい」
(『資本論』第8章労働日、新日本新書版464ページ)

 デモ(パレード)、署名、抗議はがき、集会、自治体を含めた首長・議員選挙…。社会的なバリケードをつくって「強制」しないかぎり、同じ過ちを繰り返すことになるでしょう。

fukusima01.jpg


07 2012 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。