パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: ヒロシマ   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

無力な平和 無力なヒロシマ

フラワー

連休の5月3日から5日、広島はフラーワーフェスティバルが開催される。

平和公園周辺はもう準備が進んでいる。今朝、平和公園を通ったらステージが組んであった。

「きっと咲く! つないだ手と手に 平和の花が」

このスローガンを見て、「ああこれがヒロシマの弱さなんだ」と改めて思った。

抽象的に平和を語り、沖縄への連帯などみじんもない。

祭りが悪いわけじゃあない。ボクは祭りが大好き。しかし、それにしてもである。

これまでも憲法改悪が叫ばれたときでも、まったく関係なし。イラク戦争もアフガンも無縁だ。

実行委員会主催だが、実質的には中国新聞がこの祭りの仕掛け人。

毎年、5月4日の中国新聞の紙面はフラワー一色。憲法関係の記事の扱いはとても小さく、ひどい場合には載らないことさえある。

平和と憲法は切っても切れないはずなのに、ヒロシマの5月3日は、フラワー以外のことは、なきに等しい扱いなのだ。

憲法も沖縄もイラクもアフガンも関係ない平和っていったい何なんだ。だれが何のために手をつなぐの?

これでは平和の花など咲くわけもない。

現実と切り結ぶことのない「平和」の称揚。それは何の意味もない。

核兵器による惨状こそが9条を生みだした。「もう戦争そのものをなくす以外にない」

だから、武器も基地もいらないのだ。

いま、ヒロシマは沖縄と連帯し、基地のない日本を、憲法どおりの日本をめざさなければならないと思う。

そこにこそ、核兵器をなくす大道がある。


ヒロシマの平和の弱点の象徴がフラワーフェスティバルなのだ。それは、またオバマジョリティや
のんきなオリンピック開催論とも通じている。












Category: 未分類   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

堺町うたの広場

4月17日、2時から「堺町うたの広場」があり、参加しました。

この日の担当サークルは国鉄広島ナッパーズ。
リーダーをガミ(山上茂典)さんが務めます。

hirobagami17.jpg

今日は、メーデー歌集を歌う、がテーマ。
maydaysongbook2010.jpg

その1曲目に選ばれたのが「8時間ソング」です。

歌ったあと、作詞者の一人(比嘉昇)として紹介され、どうやってこの歌ができたのかお話しました。

実は、アマゾンで2円で売られている『いま君にできること』にもそのことを書いています。

引用しましょう。

 あなたは、メーデー(Mayday)を知っていますか。そう、5月1日。労働者のたたかいの日です。このメーデーは、アメリカの労働時間短縮=8時間労働制を求めたたたかいが起源(詳しくは第3章)。そのとき彼らは「8時間ソング」をうたいながら、パレードしたのです。

 柴田政義さんの『時間短縮』(学習の友社)や山科三郎さんの『自由時間の哲学』(青木書店)などで、原詞や訳詞は紹介されていましたが、譜面がなく、メロディーがわかりませんでした。「音楽センターひろしま」に楽譜を探して欲しいと依頼。最初は「わからない」ということでしたが、しばらくすると「見つかった」と譜面のコピーをくれました。

 譜面をみてフンフンと歌う山ノ木竹志さん。いいメロディーなのですが、今私たちが歌うように1番、2番というふうにはなっていませんでした。

 そんなとき、山ノ木さんが「これはどこかで聞いたことがある」といいます。ピート・シーガーの「世界のみんなに」(To everyone in the world)。CDを聞くと、メロディーが確かによく似ている。詞は、労働時間とは関係なく、「世界のみんながなかよしに」という内容でした。

 ピートが「8時間ソング」あるいはその「もと歌」(だいたいこういう歌は替え歌が多い)をリメイクして「世界のみんなに」をつくったのではないか。そう判断(憶測の域をでないのですけれども…)して、このピートのメロディーに8時間ソングの詞の内容を盛り込んでみました(この歌の詞づくりに私もかかわっています)。ただ、「パンとともにバラをというのは、もともとの詞にないものです。

 「パンとともにバラを」は、20世紀初頭のアメリカにあった世界産業労働者同盟(IWW)のスローガン。だから、もともとの歌が作られたときにはこのスローガンはまだ生まれていません(8時間ソングがうたわれた、たたかいは1886年)。

 バラは文化の象徴。豊かな暮らし、人間らしい暮らしとは、文化のある生活、すなわち花があって、歌があって、芝居がある暮らし。いま、日本の労働者の生活にもっとも欠けていることではないでしょうか。労働時間の短縮によってつくられる自由な時間の使い道についても考えて欲しいという願いが込められています。

  「さあ 集まれ うたおうよ /働くのは8時間/休むのが8時間/あとは自由な8時間」といううたごえが全国でこだまする日が早く来ないかなあ。


この本を書いたときには、まだメーデー歌集に載っていなかったのです。
いまは、全国各地のメーデー集会で歌われるようになっています。
発掘したものとして、うれしいかぎり。



11日の笠木透と雑花塾コンサートについて憲法フォークジャンボリーのブログに書きましたのでそちらもみてね。


Category: 先達   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

憲法学の泰斗 星野安三郎さん亡くなる

星野安三郎
(「住基ネット差し止め訴訟を支援する会」のホームページから借用)

星野 安三郎さん(ほしの・やすさぶろう=東京学芸大名誉教授、立正大名誉教授・憲法学)が3月13日死去した。88歳。葬儀は近親者で行った。連絡先は、神奈川県小田原市城内1の13の新名学園私学教育研究所(0465・23・3787)。

 平和的生存権を提唱したとされ、護憲運動や憲法教育に取り組んだ。


asahi.com より。

 星野先生にお会いしたことは一度もないのですが、ボクの憲法学び直しのなかで、一番影響を受けたのが星野先生の著作でした。

 古関 彰一さんとの対談『日本国憲法 平和的共存権への道』(高文研)を読んで眼からウロコ。


日本国憲法 平和的共存権への道―その世界史的意味と日本の進路日本国憲法 平和的共存権への道―その世界史的意味と日本の進路
(1997/02)
星野 安三郎古関 彰一

商品詳細を見る


 平和的生存権をたんに「平和のうちに生きる権利」ととらえるではなく、「恐怖と欠乏から免れ」という文言を重視して、「圧政の恐怖から免れて自由に」、「欠乏から免れ豊かに」ということと分かちがたいものとして「平和に生きる」権利を理解しています。いわば三重構造として平和的生存権をとらえ、その方向で新しい社会を展望しているのです。

 「いろはにこんぺいとう」に書いた該当箇所を下記に掲載します。

 「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有する」と書かれています(そのもとになる考えは1941年の「大西洋憲章」にあります)。

 この「平和に生きる権利」というのは、戦争がなければいいということではありません。「恐怖と欠乏から免かれ」という非常に短い文が大切で人権の歴史が実は集約されているのです。

「恐怖からまぬがれる」というのは、圧政の恐怖から免れるということ。圧政というのは国民いじめのひどい政治のことです。ひどい政治の恐怖からまぬがれて自由に生きる、という「自由権」が、「恐怖からまぬがれる」という言葉の中にふくまれているのです。

この自由権は18世紀に起きたフランス革命で世界で初めて宣言されました。

そして、「欠乏からまぬがれ」るということは、貧しさからまぬがれて、豊かに生きるということです。これはどこが一番最初に宣言したかというとドイツ、ワイマール共和国です。1917年にロシア革命がおきて、8時間労働制や社会保障など、国民が豊かに生きるための施策が行われました。このロシア革命の影響をもろに受けたのが、近くにあったドイツ。このドイツで、ロシア革命から2年後に革命がおきます。ワイマール共和国という政府ができたのです。この共和国の憲法、ワイマール憲法が、豊かに生きる権利、今の25条にたどりつく考え方を、世界でまっ先に提起しました(「すべてのものに人間たるに値する生活を保障する」ワイマール憲法151条)。

そして、三番めにくるのが、日本国憲法が世界で最初に提起した「平和的生存権」「平和に生きる権利」です。
ですから、平和的生存権というのは、単に戦争がない状態を意味しているのではなく、「自由で豊かで平和に生きられる世の中」に生きる権利のことなのです。そして、それが日本人だけにあるなんていうケチなことは言わない。「全世界の国民」に、そういう世の中で生きる権利があるんだと宣言したのです。日本国憲法は「一国平和主義」で、日本が平和であれば、他国のことはどうでもいい、なんて悪口を言う人がいるけど、とんでもありません。

 戦争は、平和を奪うだけでなく自由と豊かさも奪います。

 戦前・戦中の日本がまさにそうでした。まず、自由がない。学習会には、おまわりさんが座っている。そして、「こんな世の中はダメです、変えましょう」なんて言ったら「解散」を命じられてしまうのです。「戦争中もけっこう自由があった」なんて言う人がいますが、それはお上の許す範囲内でのこと。体制に逆らわない限りでの自由であり、批判することは許されない社会でした。その証拠が「伏せ字」です。
伏せ字とは「××」というもの。マルクス主義の文献は、ほとんど伏せ字だらけ。手元にある『ドイツ史』(改造文庫)という本の一部を紹介するとつぎのような惨状です。

深淵に顛落した挙句意識を失つたプロレタリアートは、その××××××××××××××××に生ぜしめられたこと、そうして××××××××××××××××××され得るものであることを、未だ認識する能力が無かつた。

 この本は第二次大戦後、『マルクス主義の源流』(徳間書店)と改題されて復刊されます。該当個所は次のとおり。

 深淵に落ちたあげく意識を失ったプロレタリアートは、その窮乏が支配階級の利益のために人為的に生みだされたこと、そして支配階級の利益との闘争においてのみ除去できるものであることを、まだ認識する能力がなかった。

 この程度の内容が削除するよう命じられたのです(1)。

 そして「豊かさ」も否定されました。それは政府の作ったスローガンにあらわれている。「欲しがりません。勝つまでは」「ぜいたくは敵だ」「パーマネントはやめましょう」。

 女性がパーマをかけることさえも否定される。日本の戦時中とは、そういう世の中だったのです。

 ですから、この平和的生存権は、戦争さえなければいい、ということにはならないのです。世界じゅうの人びとが人間らしく、自由で、豊かに平和な社会に生きることが保障されなければならない、と日本国憲法は考えている。平和的生存権は三重構造なのです(2)。


1)訳者の栗原佑さんは本書出版の経緯を次のように書いている。
「この訳書ははじめ1936年8月、改造文庫の一冊として出版された。それはおびただしい××にみたされ、数か所は1ページ以上も××(さる大学教授は当時これを奴隷制度のバッジと評した)で蔽われて世に出た。それから6年、1942年、この訳行はH.ハイネの《ドイツ宗教・哲学史考》やG.ブランデスの《ゲエテ》の訳書とともに、共産主義的文書宣伝活動なりとされ、訳者は治安維持法によって起訴され、6年の懲役刑に処せられた」(『マルクス主義の源流』5ページ)

2)星野安三郎『平和に生きる権利』(法律文化社)、星野安三郎・古関彰一『日本国憲法 平和的共存権への道』(高文研)

Category: 九条の会   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

井上ひさしさん亡くなる

井上ひさしさんが亡くなりました。

井上ひさし花束トリミング03

写真は昨年「子どもの本 九条の会・広島」の結成総会のもの。花束を渡しているのは次女・ひかるです。

いろはにこんぺいとうに書いた井上ひさしさんの紹介を掲載して、追悼します。



山形県小松に生まれる

 井上ひさしさんは、1934年、山形県東置賜(おきたま)郡羽前小松町(現在の川西町)に生まれました。5歳の時に亡くなった父親、修吉さんは作家志望で農地解放運動家。アカ呼ばわりされ、何度も警察に連れていかれたといいます。井上さんも「スパイの子」「非国民」と言われていじめられました。

 戦争が終わり、初めて買った本が宮沢賢治の『どんぐりと山猫』。

野球と映画の日々

 中学校になってからは映画と野球の日々を過ごします。

 観た映画は中学校の3年間で600本近く。高校(県立仙台第一高校)に入ってさらに映画への熱は高まり、3年間で1000本も観た井上さん。孤児院の図書室の本を古本屋に売ったりして映画代を捻出。授業をさぼって映画をみていて、美しい女性に手をつかまれたと思ったら、警察官だったということも。

 憲法学者の樋口陽一さんは高校の同級生。吉野作造は第2回卒業生で大先輩にあたります。
 
渡部昇一と対決

大学は上智大学。大学の図書館に足繁く通った井上さんですが、大学院生のイヤな館員がいました。
 時間に厳格で一秒でも過ぎると返却を受けつけてくれない。意趣返しに大学図書館が一番大事にしている本を共謀して盗んだといいます。

 このイヤな館員、「後日談を言いますと、彼はのちに有名な評論家になられました(笑)」(『本の運命』116~117ページ)

この「有名な評論家」とは渡部昇一らしい(渡部昇一は田母神俊雄元航空幕僚長の先生である)。
大学に通いながら浅草フランス座で文芸部進行係をつとめた後、放送作家の道をすすみます。「ひょっこりひょうたん島」はつとに有名。

 『吉里吉里人』で憲法讃歌
 
『吉里吉里人』(新潮文庫)は、1981年に刊行され、ベストセラーに。
岩手県内にある人口4187人の小さな町が、100%の食料自給率と世界最高水準の医療技術などを背景に、独立を宣言するという奇想天外な物語。

 作中、沼袋老人はつぎのように憲法9条を讃えます。

 「……吉里吉里国民は、はァ、正義(しえーぎ)と秩序(つつぞ)ば基調(けとー)ど為(す)る国際平和ば誠実(しえーづづ)に希求(のんぞみ)す、国権の発動(みせびらかし)たる戦争(ドンパチ)ど、武力(ぶろぐ)さ依(よ)っかがった威嚇(おどす)又(まんだ)ァ武力(ぶろぐ)の行使は、はァ、国際紛争(もめごと)を解決(ほんどぐ)する手段(てだて)とすては、永遠(とことん)にこれば放棄(ぽい)すっと。この目的(めあて)ば達すっため、陸海空軍、その他(ほが)の戦力は、はァ、保持しない(もだねーど)。国の交戦権は、はァ認めねえ。

 ……美し(うづくす)いのう。子守唄(ねろてば)の様(よ)に優し(やさす)いのう。まるでお天道様(でんとさん)だ、公明正大で、よう。そすでがらに、まんつまんつ雄々し(おおす)いのう。力強い(つからづえー)言葉だのう。皆の衆も知っての通り、俺達(おらだづ)、吉里吉里人は、この条文(くだり)ば日本国憲法から盗んだんだっちゃ。この条文(くだり)さ、惚れで惚れで、惚れ抜いで、そんでそっくり掻っ払って来たんだっちゃ」(『吉里吉里人』新潮文庫、上巻470-471ページ)

憲法と政治は人びとのために  

民本主義を唱えた吉野作造とそのおとうと、信次を描いた『兄おとうと』(新潮社)。憲法と政治は人びとのためにあると作造に語らせます。

  「これまではみんな「人生ってそんなものさ」と、何の疑問も持たなかったが、最近は違う。わが子のための石炭やシャツがないのはなぜ? 雨風から家族を守る住まいが持てないのはなぜ? 自分を暖めてくれるショールがないのはなぜ? なぜ、なぜ、なぜ。(すこし改まって)さよう、人びとは「なぜ」と考えることによって政治に目覚め始めたのであります。(チラ)こうなると政治学も変わらねばなりません。……(中略)……これからの政治学は人びとが抗議するときに役立つ学問でなければならぬのです。為政者すなわち政治を行う側にではなく、人びとの側に立って考えること、これこそが大正新時代の政治学なのであります。
 ……では、人びとはどのような方法でお偉方に抗議するのか。もちろん、憲法と議会をもってそれを行うのであります」(『兄おとうと』34ページ)

なぜ遅筆堂なのか

 締め切りを守ろうと自戒してつけた雅号が「遅筆堂」。
 大江健三郎さんは、「紙屋町さくらホテル」を観た感想のなかで井上さんの「遅筆」の理由ををつぎのように推理しました。

 「まともな作者は、できるかぎり準備をし、構想をかためて出発するけれども、そのうち具体的に細部を書き進めることではじめて正体の見えてくる困難につきあたってしまう。その大きい困難な石を、最初の構想をゆがめるとして見て見ぬふりをしたり、避けて通ったりすることもできなくはありません。しかし本当の作者なら、その厄介な石を正面に引きつけて立ち向かうことに情熱を燃やします。なぜなら、こうした困難の石を掘りあててしまうことで、構想の間には予想できなかった、深い核心にめぐりあうのだからです。そしてなんとか困難の石を掘り起こしえた時、それは逆に幸いの手がかりだったことがはっきりすることがある。そして作者は新しいかれ自身を達成することができるのです」(1997年11月10日「読売新聞」、「the座」№53に再録)

 困難を一つひとつ乗りこえてゆくなかでよりよい作品となり、結果として遅筆になるというわけです。

 井上さんは力強くこういいます。

 「夢を見る力、その夢を信じて挫けぬ力、この二つの力があれば奇跡は起こせます」(遠藤征広著『遅筆堂文庫物語』日外アソシエーツ、に寄せた序文)

Category: 九条の会 広島   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

澤地久枝さん 講演情報

九条の会の呼びかけ人 澤地久枝さんが広島で講演します。

澤地久枝(カラー)

「いろはにこんぺいとう」の読者で「友の会」会員の方からお電話いただきました。

「全国友の会は1930年 羽仁もと子 の思想に賛同した女性たち
によって生まれた団体です。キリスト教精神に基づく愛と協力
をモットーに、健全な家庭をはぐくみ、地域に働きかけ
よりよい社会を創りたいと活動しています」(ホームページより)


広島友の会創立80年記念
「婦人之友」愛読者会


「一人からはじまる」

講師:澤地久枝氏

日時 4月27日(火) 10:00~12:00

会場 広島国際会議場フェニックスホール

広島市中区中島町1-5(平和記念公園内)
JR広島駅よりバス約20分
広島バス24号線吉島営業所行き「平和記念公園」下車

入場料 800円(当日券1000円)

問い合わせ 広島友の会 広島市東区牛田東3-22-19
TEL 082-228-5546
FAX 082-228-5553
後援 婦人之友社 中国新聞社 中国放送 広島テレビ
テレビ新広島 広島ホームテレビ


昼間だけど、仕事をさぼってでも参加する価値があると思います。

前売りチケット(当日精算券)20枚あずかりました。
参加される方はメールください

Category: 科学的社会主義   Tags: ---

Response: Comment: 1  Trackback: 0  

マルクスを理解するための5冊

雑誌「経済」5月号に短い原稿(3ページ)を書きました。

keizai05.jpg

 読書ノート「マルクスを理解するための5冊 マルクス・フォービギナーの魅力」です。

今日のしんぶん赤旗の広告にもちっちゃいですが、出ていました。

マルクス・エンゲルス全集や国民文庫などを手がけてきた大月書店が、新しい解説つきで、①共産党宣言、②空想から化学へ、③賃労働と資本、④賃金・価格・利潤、⑤フォイエルバッハ論を新装版でだしました。

 それへのコメントです。

 初心者(ビギナー)が読んで、これらの本に挑戦してみようと思ってくれるように書きました。

 できるだけやさしく、難しい言葉を使わないように。

 「経済」5月号はボクが経済学部に行こう、と決めた雑誌。高校生のとき、5月号だけ買っていた。

志望校に法政大学を選んだのも、その頃、法政の先生が経済の執筆者のなかで一番多かったから。

宇佐美誠次郎、土屋保男、上杉捨彦、大谷禎之介、入学する年の前年に亡くなったけど、久留間鮫造といったすばらしい経済学者がいたもの。

でも、なぜか、社会思想史のゼミに入って、日本近代史を専攻したのは??ですね。自分でも。

そんな思いでのある「経済」5月号
 

定価980円


Category: 笑病日記   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

元気です

ブログの更新がなかなかできないのは、このブログ以外に2つブログを管理していて、そっちの方が忙しいのです。

このブログが一番アクセスが多いのに…。

 すまんことです。

 鬱がひどくなったわけではありませんのでご心配なく。秋口ぐらいまではとりあえず大丈夫そうです。

 2年連続、秋から冬にかけて鬱状態。春から夏は躁状態です。

 今年の秋が乗りこえられればいいのですが。

今日は、ブラザーと大竹まで音響機材を借りにいきました。11日の笠木透と雑花塾コンサートに使うもの。
本格的な機材にびっくり。ブラザーが元業界人だとは知っていましたが、やりとりを聞いていて「たいしたもんじゃ」と思った次第。

 11日の参加者がちと少ない感じで困っております。


ootake017.jpg

近くで咲いている桜がきれい。


ついでに江波山にも連れていってもらいました。

ebayama010.jpg

ebayama012.jpg
被爆した江波山桜です。

ついでにいつだったかに偶然写した。平和公園の噴水の虹の写真を

niji006.jpg
niji007.jpg
わかるかなあ。
04 2010 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS