パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: 反貧困   Tags: ---

Response: Comment: 1  Trackback: 0  

派遣のつぎは契約社員

 派遣法の「改正」は、まったくのザル。これでは、ワーキングプアはまったく減らない。

第一に「常用型派遣」を禁止の例外にしたこと。製造業で働く56万人の派遣労働者のうち、
63%が「常用型」なのです。

第二に、「専門26業務」も例外にしています。そのなかには清掃やビルの受付、「事務用機器の操作」
が含まれていて、パソコンを使えば、「専門業務」になってしまう。

 これも大問題なのですが、昨日、沖電気のことを聞いてびっくり。

 工場ごと請負会社に売り飛ばして、そこの「契約社員」にしたというのです。

 本社・八王子は 多摩エレクトロニクスへ
 宮城工場は、日本エイムへ、
 宮崎工場はエフオーテクニカへ

 
契約社員の賃金は、沖電気の正規労働者の6割ほど。退職金なし、有給休暇は半分。
残業代の割増しも正規が30%なのに対して、25%。家族手当もありません。

大企業は、つぎつぎと非正規労働の型をつくりだし、それを「合法化」させてきています。

大企業の経常利益は1997年には15.1兆円だったものが2007年には32.3兆円に、
内部留保は142兆円から230兆円へと増えています。

内部留保

その冨をつくりだしたのは、労働者の賃下げです。

雇用者報酬は、1997年には279兆円 それが2007年には262兆円。09年は253兆円へと減りました。

その最大の手法が派遣や契約社員といった非正規雇用の拡大なのです。

私たちが、人間らしく働くためには、非正規雇用を禁止する必要があります。


 

Category: 憲法フォークジャンボリー   Tags: ---

Response: Comment: 1  Trackback: 0  

KFJプレ 笠木透と雑花塾コンサートまであと3週間

気づけばコンサートまであと3週間

チケットつくりました。

zakkaticket.jpg


広げてくださる方、コメント欄に非公開で送付先メールしてください

KFJブログ


Category: 未分類   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

加藤周一 「しかし、それだけではない」

加藤さんのドキュメンタリー映画の県内上映を考えています。
3月30日、試写会をします。参加ご希望の方はメールをください。

31日もやります。両日とも6時30分~

title.jpg
廿日市九条の会のN田さんがメーリングリストに投稿されて、ボクも賛同しました。

以下は
http://www.ghibli.jp/kato/から

戦後の日本を代表する知識人として発言を続けた加藤周一が最後に残したメッセージを、彼自身の歩みとともに構成したドキュメンタリー。

 文学を始めとする芸術全般、文明、社会、政治と、幅広い視点から日本について語り続けてきた加藤周一。2008年12月にこの世を去った彼が最後に試みたのは“決して意見が変わることのない”幽霊たちとの対話だった。戦時中に、自らの運命との共通性を感じた源実朝、自由な言論が失われた中でも意見を曲げることのなかった神田盾夫、渡辺一夫といった恩師たち、そして、学徒出陣で戦地に向かい若い命を落とした友人。彼らに語りかける加藤の言葉の中から、日本の今と未来が浮かび上がる。若い世代への期待を語った講演と生前最後のインタビュー(2008年8月)も収録。

 加藤周一の言葉に示唆を与えられてきたすべての人だけでなく、加藤周一という人物をこれから知ろうとする人にとっても、最良の出発点となる貴重な映像作品。

Category: うたごえ   Tags: ---

Response: Comment: 7  Trackback: 0  

山ノ木竹志ソングブック「歌わずにはいられない」収録曲

山ノ木ソングブックの収録曲です。

山ノ木竹志セレクションの50曲プラス編集委員会の特別推薦2曲。

「僕は生きている」は、あまりに状況に付きすぎているので最終的に外されたのですが、
ジョーヒルのメッセージはそのまま、新江さんのメッセージだと思い、収録することにしました。
ボクが推薦。

もう一曲の「すみれの花」は新江さんの処女作。たかださんが「彼の原点」を残しておきたい、と推薦しました。

いい曲はまだまだたくさんあるんですけどね。

第2集も出せるといいのですが…。

では、もくじを



歌わずにはいられない/How Can I Keep from Singing?
アメリカ民謡 Doris Plenn/編曲 山ノ木竹志/訳詞

 ●第1部 ひとつの歌から

ひとつの歌から     山ノ木竹志/作詞 山上茂典/作曲
デッカクゆこう      山ノ木竹志/作詞・作曲 たかだりゅうじ/編曲
五月のかぜよ      あらたにかよこ/作詞 山ノ木竹志/改詞・作曲
もっと自由に      山ノ木竹志/原詞 きたがわてつ/作詞・作曲
あらくさの花      あらくさ作業所/作詞 山ノ木竹志/作曲
すみれよ        山ノ木竹志・山上茂典/作詞 たかだりゅうじ/作曲
もっと高く        山ノ木竹志/作詞 たかだりゅうじ/作曲
Enjoy your life     広島東竜/作詞 藤城のぞみ/メッセージ原詞 
              山ノ木竹志/編詞 宇城昌里子/作曲
のんびり行こう      山ノ木竹志/作詞・作曲
にっこにこ        ほり まじょりか/作詞 山ノ木竹志/作曲
私の町          平野栄子/作詞 山ノ木竹志/作曲
私がセントポーリアを買ったのは    西條スミエ/詩 山ノ木竹志/作曲
明日は きっと      山ノ木竹志/作詞 たかだりゅうじ/作曲
ときどき どきどき      濱裕子/原詞 全国創作合宿(増田・志田・佐藤・
                新見・山本・山ノ木)/作曲
友とあれば        山ノ木竹志/作詞 山上茂典/作曲
町             山ノ木竹志/作詞 たかだりゅうじ/作曲

 ●第2部 ねがい

ねがい         広島市立大州中学校3年生有志〈2002〉/作詞
             山ノ木竹志/編詞 たかだりゅうじ/作曲
愛しき人よ        山ノ木竹志/作詞 山本忠生/作曲
平和          全国創作合宿2003「平和」班/作詞 
               山ノ木竹志/編詞 たかだりゅうじ/作曲
虹の民/My Rainbow Race   Pete Seeger/作詞・作曲 山ノ木竹志/日本語詞
花はどこへ行った/      Pete Seeger/作詞・作曲 山ノ木竹志/日本語詞 
Where Have All The Flowers Gone?

アメイジング・グレイス/  黒人霊歌 山ノ木竹志/日本語詞
ディープ・リヴァー/  黒人霊歌 山ノ木竹志/日本語詞
リパブリック讚歌/  黒人霊歌 山ノ木竹志/日本語詞
新世界/  山ノ木竹志/日本語詞 ドボルジャーク/作曲
平和に生きる権利/    Victor Jara/作詞・作曲 
El Derecho De Vivir En Paz  山本忠生・山ノ木竹志日本語詞

 ●第3部 海ははてなく

海は はてなく/Water Is Wide   アイルランド・バラード ピート・シーガー/補作詞 
                      山ノ木竹志/日本語詞
セイリング/Sailing     Gavin Sutherland/作詞・作曲 
                      山ノ木竹志/日本語詞 
シェナンドア/       アメリカ民謡 山ノ木竹志/訳詞
谷間に三つの鐘が鳴る/      Bert Reisfeld/作詞 Jean Villard/作曲
The Three Bells         山ノ木竹志/訳詞 
アイリーン/Irene         アメリカン・トラデイショナル 山ノ木竹志/訳詞
ハッピーホセ/Happy Jose         作者不詳 山ノ木竹志/補作詞
黒い眉/         ウズベク民謡 山ノ木竹志/訳詞
ウスクダラ/Uskudara         トルコ民謡 山ノ木竹志/訳詞
私のノルマンディ/Ma Normandie       フレデリック・パラ/作詞・作曲 山ノ木竹志/訳詞
さくらんぼの実る頃         J.ハチスト・クレマン/作詞 A.メール・ルナール/作曲
                       山ノ木竹志/訳詞 


 ●第4部 みんな元気か

みんな元気か      山ノ木竹志/作詞 たかだりゅうじ/作曲
新憲法ブギ      広島東竜/作詞 山ノ木竹志/作曲
春夏秋冬 よろしくぼうや!!     6才までのなかよしを建設する会/作詞
                    渡辺慶子/作曲 山ノ木竹志/編曲
一度だけの人生だから     広島東竜・穐山絵美子/原詞 山ノ木竹志/編詞
                   宇城昌里子/作曲
これでエエンカ?        広島東竜/作詞 山ノ木竹志/作曲
8時間ソング/
 To Everyone In All The World     Pete Seeger/作詞・作曲 比嘉昇・廣中徹・
                       山上茂典・山ノ木竹志/日本語詞
やがてくる日に―憲法讚歌      山ノ木竹志/作詞 たかだりゅうじ/作曲
うた 春を夢見た労働者に捧げる    山ノ木竹志/作詞・作曲
歌                    山ノ木竹志/作詞・作曲
人間の歌                山ノ木竹志/作詞・作曲
誓い                   山ノ木竹志/作詞 安広真理/作曲
まだ見ぬ明日に盃を         E・エルガー作曲 木田輝久・山ノ木竹志/日本語詞
―「威風堂々」より 
始発列車                山ノ木竹志/作詞 山上茂典/作曲




風のうた                山ノ木竹志/作詞 原田義雄/作曲


 ●プラス2
僕は生きてる/ジョー・ヒルの唄広渡常敏/作詞 山ノ木竹志/作曲
すみれの花 山ノ木竹志/作詞・作曲

Category: うたごえ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

山ノ木ソングブック「歌わずにはいられない」脱稿

誓い譜面
(最後に仕上げたコメント、「誓い」)


やっと終わりました。

ソングブックのコメント、つけられるものは全てつけました。

音楽センター、さくらさんに3月7日午前10時40分、ガッシンと送信。

2008年7月、うつ病になって広島に戻ってきて、調子が戻ってきた頃から

ソングブックづくりの手伝いをしてきました。新江さん(山ノ木竹志の世を忍ぶ仮の名)

の体調もよくなったりそうでなかったり、ボクの病も躁と鬱を繰り返し、進んでは止まり、止まっては進む…。

新江さんは、全曲に新たなコメントをつけるつもりでしたが、それはかないませんでした。

しかし、それぞれの曲についてすでに書いたものがけっこうありましたので、それを各曲につけました。

数曲、私が代わりに書き、「友とうたえば」は作曲者の山上茂典さん(ガミさん)に書いてもらいました。


新江さんは、何度も収録曲を選び直し、構成を考え、その順番に譜面とコメントの素材になる「書いたもの」を遺してくれました。

 ボクはその遺言執行代理人として、なんとかその仕事を果たすことができました。

 ほっとしています。

 これから先は、さくらさんにバトンタッチ。校正で再びバトンがまわってきますが。

 いいソングブックができます。

 新江さんの願いは、「うた・うた・うた」やかつての「青年歌集」さらには、ジョーヒルがつくった「小さな赤い歌の本」のように、人びとが歌う場にこの本があって、歌いあってほしいということ。

 その願いをうけとめていただけたら、と思います。

 
 


Category: 憲法フォークジャンボリー   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

KFJブログつくりましたあ

みなさん

今年の8月7日は広島県民文化センターでフォークジャンボリーをやります。

そのブログをつくりました。

これからKFJ関係はそっちに書きますので、そっちも見てやってくだせえ。

アドレスは憲法フォークジャンボリーhttp://hiroshimakfj.typepad.jp/blog/です。

よろしく

090714006.jpg

Category: 笑病日記   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

手術しましただあ

今日は、手術をしました。びっくり。


精神科にいったついでに、その近くの皮膚科に行きました。

のどをさわると小豆大のしこりがあったのです。

痛くもかゆくもないないのですが、気になります。

薬を塗れば治るだろうと気軽にいきました。

すると「これは粉瘤(ふんりゅう)です。アテローマともいいます。ほっておいてもいいですが、大きくなる可能性があります。手術して取る以外にありません」

ウイキペディアによると「粉瘤腫(ふんりゅうしゅ、 atheroma (アテローマ))とは、新陳代謝によって表皮から剥がれ落ちる垢などの老廃物が、皮膚内部(真皮)に溜まることによってできる良性の嚢胞性病変の総称」とある。


な、なんと手術。15分程度で済むというので、手術台へ。

粉瘤のある場所をマーキングして、その周囲に麻酔をブスブスと5,6か所。

ちと痛いが、男の子は泣かない(こういう表現はジェンダー問題!)。

麻酔はすぐ効き、切り取っているのはなんとなくしかわからない。痛みも全くない。

ほんとに15分で終わり、いったいあの小豆大の正体はどんなものだろうか、興味津々。

先生は、フィルムケースのようなものに入った、わが分身をみせてくれた。肉のかたまりだった。

写真とっとけばよかった。えっ、見たくない?

手術代、診察費 9100円 痛み止めの薬 750円 

手術は痛くなかったがこれは痛かった。しかし、払えて良かった。

今日は、アルコールもフロもだめ。もともと今日は呑むつもりがなかったのでよかった。

先週日曜日に、I口弁護士、N比S平さんらと呑んでから今日まで5日間、呑んでいない。

えらいぞ。また日曜日は、呑むけど…。

20100123002.jpg





Category: うたごえ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

あともう一息だ 山ノ木ソングブック

utawazu.jpg

 2月16日の編集会議以来、着々と準備が進んでいます。

 今まで進まなかったのがうそのよう…。

 うまいこと鬱から躁にチェンジしてくれたのもよかった。

 なにより、編集方針がはっきりしたので、迷いがなくなりました。

 当面のボクの仕事は、第3部と第4部のコメントをまとめあげること。うまくいけば今週いっぱいで、とりあえずの仕事が済みます。

 ボクの負担が軽くなった分、東京のさくらさまに荷がいっているのがちと申し訳ない。

 仏のさくらさんが大魔神のごとくならないことを祈るばかりである。

 写真は、熊さんが描いた表紙です。バックのブルーはオーシャンブルーで、上から下へグラデーション!

 イラストのもとになったのは、東京の音楽センター社長、M田さんが、このあいだのコンサートでめざとく見つけた作業所の仲間たちの譜面かくし(?)に使って写真。

 仲間たちに囲まれた新江さんの笑顔がとても素敵で、編集会議でこれでいこう!ということに。

 熊さんがまた、実にいい味で描いてくれています。

 表紙も中身も、CDも期待してね。

 5月15日発売予定。 CDブックで3000円です。


Category: うたごえ   Tags: ---

Response: Comment: 3  Trackback: 0  

「うたごえ」の人になりました!

昨日、3月1日、広島のうたごえ協議会の運営委員会があり、初参加。

このたび、ブラザーK栖とのユニット、どすこいブラザーズがうた協に加盟したのです。

講演でいつも歌うので(そう、シンガーソングチューター)、よく、「二見さんはうたごえをしているのですか」と聞かれるのですが、「いやあ、(うたごえの)周辺にはいるけど、うたごえではないんです」なんて言っていました。

 それが、このたびめでたく(?)、うた協加盟で、うたごえの人になりました。

 全国のうたごえのみなさん、よろしくね。

 2月25日、ヒロシマ地域総行動のスタート集会で、ブラザー作曲の「誓い」(詞は山ノ木竹志)を歌いました。

「元気が出た」という声と、「テーマソングはみんながうたえにゃあ」という声が…。




03 2010 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS