パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: 講演   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

介護保険は廃止して、真の介護保障を

27日は、「介護保障を求めるひろしまの会」主催の講演と総会のつどいに行きました。

講演は鹿児島大学教授の伊藤周平さん。
shuhei03.jpg

昨年5月「新たな保育のしくみの内容と問題点」という講演を聞いて目から鱗!

それまで、介護保険、後期高齢者医療、障害者「自立支援」法、
保育への攻撃をバラバラにとらえていたのですが、
伊藤さんは、「福祉の介護保険化」という視点ですっきり整理していて、
福祉への攻撃の全体像がすとんと腹に落ちました。

今回は、福祉への攻撃の先鋒を担った介護保険がテーマ。

「介護保険制度の10年を考える 新政権における社会保障の課題」

 昨年夏の総選挙で「生活・暮らしが第一」を掲げて圧勝し、政権についた民主党ですが、
後期高齢者医療の廃止は先送りされ、「福祉政策については、政策理念を欠いたまま、旧政権のとき以上に、新自由主義的政策がなし崩し的にすすめられようとしているように思われる」と伊藤さんは言います。

 介護保険施行(2000年4月)から10年がたとうとしているが、マスコミなどでは「介護崩壊」という言葉がとびかうようになっています。
 「介護労働者の劣悪な労働条件や過重労働は、サービスの質の低下や介護事故の増大をもたらし、要介護者の安全と生命を脅かしつつある」

 そして、「劣悪な労働条件と人材難は、介護保険の構造的な問題」です。

介護保険は、給付抑制にねらいがあるので、劣悪な労働条件を改善し、「安心できる介護を保障するために介護報酬を引き上げようとすると、介護保険料の引き上げ、利用者の負担増になるしくみ」(介護保険のジレンマ)。負担と給付が直結するようになっています。

 2009年、要介護認定の厳格化がはかられました。そのねらいは、給付の抑制にあります。介護報酬を引き上げても、給付対象者を減らし、軽度に判定し支給限度額を引き下げれば、給付全体は抑えることができるからです。

認定基準は「ものさし」であるべきだが、そのものさしは、財政によって伸び縮みすようなものであっていいのか、と伊藤さんは批判します。

 民主党政権のもとで、障害者者自立支援法は廃止が確定しました。

 国と原告団・弁護団との基本合意文書は、

「障害者自立支援法を、立法過程において十分な実態調査の実施や障害者の意見を十分踏まえることなく、拙速に制度を施行するとともに、応益負担(定率負担)の導入等を行ったことにより、障害者、家族、関係者に対する多大な混乱と生活への悪影響を招き、障害者の人間としての尊厳を深く傷つけた」ことに対して、反省の意を表明し、この反省を踏まえて、今後の施策の立案、実施にあたることを明記しました。

 自立支援法をはじめ、後期高齢者医療、「新保育制度」の制度設計は「介護保険そのもの」

この合意文書の考え方に基づけば、後期高齢者医療制度、介護保険も廃止すべきだし、「新保育制度」の導入も中止すべきだが、そうはなっていない。

 伊藤さんは「介護保険も廃止し、訪問看護や老人保健施設の給付は医療保険に戻したうえで、高齢者・障害者への福祉サービスの提供は、全額公費負担により現物給付方式にすべきだ」と言います。

 後期高齢者医療制度は、このまま推移すれば、年齢を65歳まで引き下げただけの高齢者医療制度となり、介護保険との統合も考えられる。

 介護保険法の廃止を求める運動を起こすべきだ、と伊藤さんはいいます。

 
 とっても面白かったです。

 伊藤さんは5月3日、広島憲法集会(ミュージカルね! 県民文化センター)で講演します。

 実は、昨年の保育の講演を聞いた後、I口弁護士に「来年、伊藤さんにしようよ」と提案したのです。

  




Category: 未分類   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

こつこつとソングブック

ようやくお尻に火が付いて、「歌わずにはいられない 山ノ木竹志ソングブック」の編集作業をしています。

今日は第1部の殺陣師ならぬ「タテ詞」を整理し、音楽センターS田さんにガッシンと送信しました。

タテ詞の打っていなかったやつは、千葉の友人、I塚S恵さんに下請けに出したところ、たちまち出来上がりました。

S恵さん誕生日おめでとう。平成は好きじゃなかろうけど、2のぞろ目ですね。

かつてぽちぽち打っていたやつと、S恵さんにやってもらったのを、順番にならべて一丁上がり。

1曲だけタテ詞がみつからんかったのでそれは後回しにしました。

 
 送るとS田さんから、すばやい返信とつぎなる課題がだされ、「あひあひ」状態です。

まあ、プチ躁のときにやってしまわんと、大変なことになるから、馬車馬のようにがんばるです。

表紙も熊さんがすてきなのを描いてくれました。写真とっとけばよかった。

山ノ木ファンの皆さん、期待していいですよ。

山ノ木セレクション(自選)50曲プラス2(編集委員会選)のソングブック。

ご予約の方にはスペシャルなプレゼントつき!

Category: 笑病日記   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

反省と後悔の日々

14日から飲み通し。

14日(日)、学生無年金裁判の終結集会のあとの飲み会
16日(火)、山ノ木竹志ソングブック編集委員会のあとの飲み会
18日(木)、全日赤休日手当裁判勝利報告集会のあとの飲み会
19日(金)、ヒロシマ地域総行動、ティッシュにリーフ入れ作業終了後、K林さんと飲みに
20日(土)、つながりレクのT中さん、Y幡さんに呼び出され、9時から2時まで飲む

とアルコール漬けの日々でした。

 さすがに日曜日はダウン。月曜日もいまいちの調子でした。

今週は、木曜日のヒロシマ地域総行動の打ち上げまで飲まんぞ。

アルコールは週2日までにしたい…。でも飲むの好きなんだよねえ。

総行動の打ち上げはうまい酒がのめるといいなあ。

ryuu001小
(つながりレクのお姉様たちと飲んだ「琉H」のあんどん。翌朝自転車をとりにいったとき撮影)

Category: うたごえ   Tags: ---

Response: Comment: 1  Trackback: 0  

Art is long 創ったものは永遠に生きる

16日は、山ノ木ソングブックの編集委員会がありました。

東京から音楽センター、M田社長、S田さんが、京都からは忠やんがやってきました。

ほんとうは昨年、山ノ木さんが生きているうちにだすつもりだったのですが、

山ノ木さんの具合もよくなく、編集担当のボクも鬱がよくなったり悪くなったりだったので、

なかなか進行しませんでした。

11月頃、M田社長から連絡があって、

「1月31日のコンサートを済ませて、それからやっちゃおう。31日まで何もせんでいい。ゆっくり休んでなさい」 

 その頃、31日に間に合わせねばと、あせりにあせっていたのでこの言葉はたいへん助かりました。

そして、運良く、コンサート一週間前に、鬱から躁へギヤチェンジ!

 会議は、とてもよかったです。やはり、一人で悩まず、みんなで相談!ですね。

 いくつか、どうすべきか悩んでいたことがスッキリ。

 あとは一つずつ煉瓦を積み上げてゆくだけです。音楽センターのS田さんが全面的にバックアップしてくれるので心強い。

 ただ、締め切りが今月いっぱいというのがちと不安ですが…。

 今週のうたごえ新聞(2/22)は、山ノ木特集号(?)。

 三輪編集長がコンサートの全貌を上手にまとめています。

 作曲家、池辺さん、うたごえ全国協会長の高橋さんとのトークで忠やんがつぎのように発言しました。

 「友人が、『命に終わりがあるけれど、こうして歌になっている。芸術とは永遠に生きるから』とメールをくれましたが、本当に新江さんの命・想いはずっと歌ってくれる仲間たちの中に根づいてつづいていくのだと思い、本当にありがとうという気持ちでいっぱいです」

 この「友人」とはボクです。

 山ノ木さんが死に近づいてゆくなかで、"Art is long,life is short."という言葉が思い浮かびました。

中学の時に英語で習ったのですが、そのとき先生は「このことわざは、人生老いやすく、学成りがたしと同じ意味だと言ったのです。

 芸術はきわめつくすことができないということでしょう。

 しかし、山ノ木さんと一緒の時をすごしていて、そうではない、と思ったのです。

 「人間の生命(life)は短く、限界がある。しかし、人間のつくったもの(Art)は、それを超え出る永遠性をもつことができるのだ」

 それが Art is longの本当の意味なのではないかと。

 山ノ木竹志うたつづり 歌わずにはいられない 5月15日、発売予定です。

 今谷書人間の歌


  

Category: うたごえ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

予想外に好評 ♪「しずく」

「そういや、合唱発表会の講評はまだ来んの?」

とブラザーにメールすると、「わしんところには来ている」とのこと。

ボクが鬱っていたので、ブラザーは連絡しそこね、そして忘れていたらしい。

昨年10月、京都でひらかれたうたごえ祭典の「オリジナルコンサート」に
わが「どすこいブラザーズ」は出たのだった。

 どのように評価されたのか、気になっていたが、思っていた以上に、ほめてもらって
にんまり。紹介させていただこう。


●大西進さん(「青い空は」などの作曲者)
とっとっとと語るようにせまってきます。リフレインとなる後半の展開部が自然で力強い。


●小村公次さん(音楽評論家)
二部形式で書かれているが、リフレインの「このしずくあふれて~」でもっと変化がほしい。このbの旋律がaと似たような響きになっていて、起伏に乏しい印象を受ける。歌詞自体も、もっと踏み込んだ表現がほしい。
 イメージが一般的なものにとどまっていて、独自性が乏しいのが残念。演奏を聴いて、もう少し音程を正確に歌う必要を感じた。

●木下そんきさん(「君の笑顔すてきだから」「明日へ」などの作曲者)
出だしのモチーフも音の運びもなかなかいいけれど、どうしても「なにかのパターン」につかまっている?感じもある。それはいいとしても、後半の入りが最低音からでは、それまでの前半の力が生きてこない。別の手もぜひ模索して欲しい。どうしても歌いきる高揚感が欲しい気がするのだが。


 木下さんはA、B、Cの三段階評価でA-(マイナス)をくれた。びっくり!!

●中島光一さん(「大きなうた」などをつくったシンガーソングライター)
淡々とした演奏のなかに、つつみこむ優しさを感じます。「生きとし生けるもの」への愛情をしみじみと伝えてくれます。

●武義和さん(小国フォルケホイスコーレ代表 作曲家)
北国の山深い場所に住む私には、もっとも身近な詩でした。こころから、「このしずくあふれて」いつまでも大地を潤して欲しいと思います。声もよく通り、演奏はよかったです。ただ、2部になったところの音程がいまひとつ。
 曲としては、2部の部分の音をもう少し考える余地がありそう。たとえば、「木々はともに…」のしたのパートはC♯になっていますが、「これは違う音かユニゾンがいいでしょう。アレンジのアイデアはまだありそうです。
 伴奏がアルペジオのギターだけでよいのかなと思いました。
 盛り上がるところがやや弱い。



 この「しずく」はボクが詞を書きました。

 曲はボクとブラザーがそれぞれ作ったものを、山の木さんが合体してくれたものです。

 ブラザーのは、全体として盛り上がる曲だったんですが、かっこよすぎて、ボクのイメージにはあいませんでした。

 もっとささやかでさりげないのがよかったのです。

 そんなことを山の木さんに相談すると「わしに任せてくれるか」といってくれました。

 もうかなり、しんどいときだったと思うのですが、病室をたずねたとき、仰向けになりながら、譜面を書いていました。

 不肖の弟子のために最後の命を燃やしながら、仕上げてくれたのです。

 音程のことは、はははは。やっとブラザーにつられなくなったぐらいでしたので…。

 曲はブラザーと相談して「別の手」を考えてみたいと思います。

 この「しずく」、しずく工房の「社歌」?としてつくったもの。

 躁の産物のひとつです。

しずくちゃんのコピー
     (しずくちゃん by岡田しおり)

 次回作は「河のうた」の予定です。

 先日、笠木透おやぶんがきたとき、「二見さん、河の歌はつくってないのか? 河の歌をつくりなさい」
といわれました。

 毎朝、太田川を散歩しながら、考えています。 
 

Category: 憲法フォークジャンボリー   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

買ってやっておくんなせえ

 ど、どーんと届きました。
 日本手ぬぐい300本

 雑花塾の増田康記さんが「〝ピースナイン〟の手ぬぐいが余っているので
それを広島の現地実行委員会に寄付します。これで当面の資金をつくって」
と送ってくれたのです。

 peace9.jpg

 広島のみなさん、これから「押し売り」に行きますので、
買ってやっておくんなせえ。ゴム紐と歯ブラシはありません。

futamiバンダナ

バンダナがわりにもなります。ぼうずあたまに巻けば、暖かい。

えっ、ぼうずじゃあない?

手ぬぐいにもなります。

8/7ヒロシマ憲法フォークジャンボリーの成功のために、ワンコイン(500円)
カンパを。

お礼に、このピースナイン手ぬぐいさし上げます。



 
 

Category: 講演   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

試される言葉の力

辻井喬001

2月11日、ヒロシマ革新懇(平和・民主・革新の日本をめざす広島の会)主催の「音楽と講演のつどい」に行ってきました。

 第一部は、広響の団員で音楽家ユニオンの松崎祐一さんのトランペット演奏。ピアノ伴奏は奥様の由紀さん。

 「ヴァレンティノ ソナタ」から始まって、「ロンドンデリーの歌(ダニーボーイ)」、サイモン&ガーファンクルの「明日に架ける橋」など、すてきな演奏でうっとり。ナマはいいねえ。

 第二部は、詩人であり、作家の辻井喬(セゾングループをつくった堤清二)さんの講演。

 タイトルは「大転換時代 試される言葉の力」です。

 世界は大変革期にはいってます。資本主義そのものが問われているし、アメリカの一極時代もおわりです。私たちは、資本主義に変わる経済システムをどうつくりだすか、ということを考えるときにきている。 
 
 セゾングループを作った人がこういうことをいう時代なんですねえ。


「試される言葉の力」という点では、「説得する力を高めよう」といいます。

 長い間、議会の三分の二が保守、三分の一が革新という時代が続いてきました(55年体制)

 なぜ、革新側は三分の一を超え、過半数になれなかったのかを考えてみる必要がある。

 その弱点の一つに、保守勢力に対する分析が十分でない、ということがある。

 また、「議論に勝って仲間が減る」ということもあったのではないか。

 日本人はもっと、「外交感覚」を身につける必要がある。

 日本企業がアメリカの球団を買収するなんてもってのほか。アメリカにとって野球は国技のようなもの。それを外国の企業が買収したらどう思われるか、想像力が欠如しています。

 国連の常任理事国入りをめぐって外務省が「一番、日本がお金を出しているから」などというのも最低です。

 思想と感性を結合して、考え発言することが大切。 


 最後に、マスコミは、自分たちで調べず、同じような論調で書いている。
  とくに中央紙はひどく信用できない。

  広島の人は「中国新聞」を、と付け加えて講演を終わりました


心をつなぐ左翼の言葉心をつなぐ左翼の言葉
(2009/10)
辻井 喬浅尾 大輔

商品詳細を見る

Category: 労働運動   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

歌われなくなる校歌

広島市は、なんと30もの小中学校を「廃校」にしようとしています。

以下は、ヒロシマ地域総行動のブログから


許せない!学校リストラ・統廃合 


「機械的に30校を選んだ」(広島市教育委員会次長)

通学、安全はどうなるの?

 1月21日、広島市教育委員会は、市議会文教委員会で、小中学校「適正」配置計画(素案)を提案しました。 

 市教育委員会はさしあたり、基町小(中区)、井原小・志屋小・小河内・久地小(安佐北区)の5校が、統廃合に「適している」と判断。この5校を含め、小学校24校、中学校6校、計30校が「適正配置」の名で統廃合されようとしています(学校名は下のリスト参照)。
 
 文教委員会で教育次長は「アンケートや計画協力者会議で検討した結果、機械的に30校を選定した」と答弁。
 適正規模を口実にしていますが、ほんとうの理由は、財政削減にあります。
 子どもたちの通学、安全、地域の実情などおかまいなし。こんな「計画」は、白紙撤回させましょう。


統廃合リスト

▼小学校
中区 基町
南区 荒神町・黄金山・元宇品・似島・似島学園
西区 己斐東・山田
安佐南区 戸山・
安佐北区 高南・井原・志屋・三田・大林、飯室・小河内・久地・鈴張・筒瀬・
安芸区・阿戸
佐伯区 河内・湯来東・湯来西・湯来南

▼中学校
南区 似島・似島学園
安佐南区 戸山
安芸区 阿戸
佐伯区 湯来、砂谷



田原小学校の校歌の額をみて、きっと素敵な歌なんだろうけど、子どもたちが歌わない校歌って悲しいなあ、と思ったのです。

広島市は29(似島学園はおそらく小と中と一緒だろうから)もの校歌を歌われないものにしてしまうのです。



核兵器廃絶のためにオリンピックなんてするよりも、子どもたちのためにお金をつかってほしい。

国際平和都市は、命、子どもを大切にする都市であるべきです。

核兵器と戦争を否定する9条のこころ。それにふさわしいのは25条「健康で文化的な生活」、26条「教育を受ける権利」を追求するヒロシマです。

そういう街になったあかつきにこそ、「オリンピックをヒロシマで」が現実性を帯びるでしょう。

 

Category: 近況   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

田原温泉

今日、6日 ひさびさにブラザーと温泉にいきました。

本日のお湯は、旧大朝町(北広島町)の田原温泉

田原温泉

廃校になった小学校を改装してつくられた温泉宿です。

今日は雪が舞い散るなか、露天風呂に2時間もつかってました。

講堂を改装した休憩室には田原小学校の校歌がかかげられていました。

田原小学校校歌


な、なんと、はらみちお作詞、たかだりゅうじ作曲です。

たかださんは「俺たちのシルクロード」などを作曲している広島国鉄ナッパーズのメンバー。
そして広島合唱団の指揮者です。

TAKATA.jpg

いいお湯でした。

Category: いろはにこんぺいとう   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

畑田重夫さんから来た手紙 憲法と安保  

ボクの安保問題の師匠であり、学習運動の大先輩、畑田重夫さんから、
手紙がきました。
hatada.jpg



「こんぺいとう」第4号ありがたく拝受しました。体調が必ずしも万全でないなかで本誌を継続して刊行されていることに心から敬意を表します。編集後記に書いておられる趣旨、私もまったく賛成です。いまこそ「憲法」とともに「安保」の学習を深め、広めなければと切実にそう思っています。

今号は澤地久枝さんのことを書かれておられますが、鎌倉に住んでいる井上ひさしさんが肺ガンで自宅療養中という情報に心を痛めています。
 
九人のうちすでに加藤周一、小田実のお二人は亡くなられましたし、私の口癖である「健康と生命に勝る大義なし」をますます数多く、くりかえさなければならないと思っています。

くれぐれもご自愛を
  感謝を込めて

二見伸吾様

         畑田重夫



ありがたや

どうみる新しい内外情勢どうみる新しい内外情勢
()
畑田 重夫

商品詳細を見る

02 2010 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS