パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 近況   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

オレオレ詐欺がやってきた

いせはら004
(8月27日 伊勢原の空 すっかり秋空)

8月24日、東京の友人と会っているとき、母親から携帯に電話があった。
「今日、うち(伊勢原の実家)に電話したか」という。
「いや、してないけど」
「おまえの名前で電話があった。どちらの伸吾さんですかというと〝広島のシンゴだ〟といった。
おまえの声と全然違うから、そんな人知りませんって切ったよ」というのだ。

うーん、ついに来たか。我が家まで。

「ついでに用件聞いてくれればよかったのに」と言ったものの、おそろしい。
実家の電話番号、ボクの名前、そして広島にいることまでつかんでいる。

個人情報なんて、つつぬけだね。

こういう犯罪や麻薬が広がるのは社会が病んでいる証拠。社会が病んでいるのは政治がゆがんでいるから。

古い政治にとどめをさそう。

そう政治は中身が大事だ。そして、このポスターには中身がない。
無内容000
アメリカいいなり、大企業中心の政治を引き続きすすめます、とは書けないものね。

25日の演説であほう与太郎総理大臣は「政治はバクチじゃない」とお嘆きになったそうです。
しかし、小選挙区制という長か半かのバクチに選挙をしたのは自民党じゃあないですか。

4年前の選挙ではそのバクチ勝ちで三分の二以上をかすめとり、悪政の限りをつくして国民の怒りを買っているわけです。

本当にバクチをやめたいのなら、小選挙区制をやめて、比例代表制にすることです。せめて以前の中選挙区制に戻すことです。

 8月31日から、次の選挙のやり方についておおいに論議する必要があります。「民意の集約」というのはペテンです。本質は民意の切り捨てなのです。

日本国憲法前文には「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し…」 とあります。
「正当に選挙」とはなにか。それは民意が正確に反映された選挙だとおもいます。比例代表制がそれです。

比例を削減するなんてとんでもない。小選挙区制を廃止して、全議席を比例代表にすべきです。

そうすればバクチ勝ちもバクチ負けもなくなります。

策を弄する者は策におぼれる。そんな選挙結果になりそうですね。
民主党もひとごとじゃあないでっせ。明日は我が身と思った方がいい。

大山003
(27日朝の大山(おおやま)


スポンサーサイト

Category: 講演   Tags: ---

Response: Comment: 6  Trackback: 0  

なんとか間に合った 市原平和フェスティバル

23日 朝6時起床。前日の笠木透と雑花塾コンサートもぶじ終え、今日は飛行機で羽田へ。市原の平和フェスティバルで講演するのだ。

飛行機は9時5分発。7時30分に家を出るつもりだった。しかし、準備に手間取り、8時近くに。
まずい、乗り遅れる。家から普段は使わないタクシーに乗り、広島バスセンターに。空港まで50分、8時のバスに乗ればぎりぎり間に合うだろう。そう思った。

しかし、バスの時刻表を見るとな、なんと次は8時15分。ってことは空港到着9時5分!奇跡が起きることを祈りつつ、バスに乗る。
ブラザーに「遅刻するわあ」とメール。「笑ってもいいとこですか」というご返事をいただく。

空港9時8分到着。さよならJAL1602便(*_*)

JALの空港カウンターへ。「次の1606便なら乗り換えられますが」これは12時10分発で羽田到着は1時半。空港でたときは2時。2時は市原での出番の時間。

格安チケットだからANAの便には変更できない。ANAの正規のチケット(片道3万3100円)」を買って10時35分発11時55分着に乗ることに。

空港から主催者のI塚S恵さんに電話する。落ち着いた声で「なんとか間に合うから気をつけて来てね」と言われ、心のざわめきが少し落ち着く。「まあ、なんとかなるでしょう」と言い聞かせる。
到着してからのバスを調べると最寄りのJR五井駅へ行く便は12時発。これは間に合わない。次は2時発(@_@)
前、市原に行ったときに、途中のバス停まで送ってもらったことがあって、それはどこかS恵さんに聞く。「袖ヶ浦よ」そこへつく便を調べたら、12時45分発、袖ヶ浦1時17分着っていうのがあって、「それなら何とか間に合う」という。安心して飛行機に乗り、あっという間に羽田到着。

しかし、ギターと荷物がなかなか出てこない。
12時15分頃ゲートをでて、バスの切符を買う。まだ30分ある。バス停を確認して、おにぎり2個買う。食べながら切ってあった携帯の電源を入れるとA食さんからメール。「音楽センターの人が迎えに行っている」と。誰だろうと思っていると、なんとM田社長から電話。11時50分には到着して、何遍も電話をいれてくれていたみたい。まったく申し訳ない。
羽田は2つのターミナルがあって、どちらかと聞かれた、ぱっと目についたゲート名を答えたらそれは循環バスの行き先で反対を答えていた。結局、12時30分すぎにM田さんと合流できた。

「俺迎えに行ってくるから」とM田さんがいうと、「きゃーっ、社長、かっこいい!」という若い娘の黄色い声援があったそうな。

みんな心配してくれてたんだねえ。つくづく申し訳ない。プロ失格やわ。

しかし、そんなかっこいい社長のおかげで会場に1時20分ごろ到着。2時の出番に十分まにあったのでした。ありがとう!

M田社長
(打ち上げで語るM田社長)

そして出番は2時5分。
前回はネクタイをしめていたが、最近はこんなかんじ。
平フェス027小
超ラフスタイル。M穂から「走ってきたみたいですね」と出番前に言われた。

今回は、ヤフーのオークションで落としたタカミネのエレアコをもっていった。
やっぱり音がいまいち。

「しずく」を歌って講演に入る。2時50分に終えてくれというので正味40分少々である。
だっだだーと話していった。

演題は「ふたつの〝戦争〟と平和に生きる権利」
新自由主義、構造改革を国民にしかけられた「もう一つの戦争」ととらえるという観点からこの間の情勢を話してみた。
平フェス030小

あっという間に時間は過ぎ去り、ブラザーK栖(すみかつつし)作曲の「誓い」を歌ってエンド。
おお、時間に収まった。奇跡。いや、プロなら当たり前です(遅刻も厳禁!)。

3時からはゆっくり、じっくり、紫竹あかねさんのピアノと歌、紫竹芳之さんの笛・尺という異色のコラボを聴く。とてもすばらしい。弟さんがアレンジしたジャズ風の「千の風になって」がなかなかいい味。矢野顕子さんの歌(タイトル忘れた)も、本人にしか歌えないと思っていたけど、よかったっす。
こんど広島に呼ぼうっと。

紫竹あかねさんは、こんにゃく座に2005年までいて、「森は生きている」の女王様をやっていたんだって。うちは家族全員、森は生きているのファンだから、これは家に帰って自慢できる。
打ち上げの時には、畏友、Y下K子(口田N保育園保育士)には「いま、森は生きているの女王様と呑んでいる」と自慢メール。
紫竹あかねさん
「ああ、あかねちゃんおひさしです。元気そうね」と返事が来た。
K子はときどき、林光と飲んだりしているからなあ。

打ち上げも実に楽しく、よかったです。

紫竹夫妻と


準備していただいたみなさん。S恵さん、ありがとう。そして、気をもませてごめんなさい。

教訓 リムジンバスの時刻表を確認すること。








Category: 戦争と平和   Tags: ---

Response: Comment: 1  Trackback: 0  

田母神は過去だけでなく現在についても事実をねじ曲げる 

また、とんでもないニュースが飛び込んできました。8月6日に広島で核武装論をぶちあげた田母神元空幕長が、広島の平和式典は左翼ばかりで「被爆者も2世もいない」と選挙の応援演説で言ったというのです。

tamo001.jpg
(写真 田母神俊雄公式ホームページより)

以下の記事は毎日新聞のネット版から。


<田母神元空幕長>広島平和式典「被爆者も2世もいない」

                       8月25日21時11分配信 毎日新聞

 田母神(たもがみ)俊雄・元航空幕僚長は25日、衆院宮崎1区に立候補している無所属前職の応援演説で宮崎市を訪れ、広島原爆の日の6日に広島市で開催された平和記念式典の列席者について「被爆者も2世もいない。左翼ばかりだ」などと述べた。これに対し、広島、長崎の被爆者からは批判の声が上がっている。

 田母神氏は演説で6日に広島市で講演したことを紹介。さらに平和記念式典について「慰霊祭は左翼運動。あそこに広島市民も県民もほとんどいない。原爆の被爆者も2世もいない。並んでいるのは全国から集まった左翼。一部政治勢力が日本弱体化を図っている」などと述べた。

 広島市によると、式典参加者は約5万人。会場には被爆者や遺族のための席も2000以上準備されている。 長崎原爆被災者協議会の谷口稜曄(すみてる)会長(80)は「原爆犠牲者に対して失礼だ。式典には歴代首相が参列して恒久平和と核兵器廃絶を誓っているのだから、日本政府はきちんと田母神氏に抗議すべきだ」と話した。

 広島県被団協の坪井直理事長は「広島の平和記念式典は被爆者が平和宣言を聞き、亡くなられた方々に献花などする場。田母神氏の発言は実証がないのに人を扇動するばかりだが、何の効果もない。騒ぐ必要はないだろう」と話した。


 歴史を修正しようとするものは、現在をもゆがめる。だから、そこから導き出される未来の方向性もまったく誤ったものにしかならない。同じ過ちを繰り返すだけだ。

 

  

 

Category: 憲法フォークジャンボリー   Tags: ---

Response: Comment: 5  Trackback: 0  

笠木透と雑花塾コンサート 未来への成功

8月22日 笠木透と雑花塾コンサート。
実にいいコンサートでした。

朝、病床から山ノ木竹志さんが電話をくれました。

「少ないときは、ステージをフロアーにして、近い感じでやった方がいい」というアドバイス。

事前に下見をブラザーK栖としたときにも検討したのですが、照明の関係で舞台を使うことにしていました。しかし、山ノ木さんがそういうののならやはりそうしようとすぐさま方針変更。

君子豹変すだもんね。

10時に会場に行って、50人分のいすをブラザーと並べます。まあこれだけあれば足りるでしょう。

11時に音響のO木さんが東区民からかけつけ、それからほどなく雑花塾のみんなも福山から到着。


以下の写真はリハのものです。

090822010.jpg
増田康記さん 

090822003.jpg
笠木透さん

090822005.jpg
山本幹子さん

090822004.jpg
上田達生さん

090822009.jpg
山本忠やん

打ち合わせをして、「リクエストは?」と聞かれました。もちろん、「君かげ草」(笠木透詞・高石ともや曲)と答えたわけです。するとなんと「二見さん、歌って」と笠木さんに言われたのです。
今回はまったくの裏方のつもりだったのに出番ができました。ラッキー。

増田さんのギターを借りて、歌っちゃいました。でたついでに新曲、「しずく」もブラザーと歌ってしまったのです。なんということでしょう。

当日、その場で決まったプログラムは…。

パート1

 私に人生といえるものがあるなら
 みんな生きている海 104条
 木が一本あれば
 カンオケの穴 日本語 フランス語 ハングル
 君影草 (プロにはなかったが、「しずく」)
 ひとつぶの涙
 ピースナイン・ピクニック

 (休憩)

パート2

 九条の風
 スミレの花
 アザミの花
 ブタの子
 あの日の授業
 軟弱者
 希望
 ピースナイン

そしてアンコールは

 あなたが夜明けをつげる子どもたち

 でした。


そして、もうひとつサプライズ(驚き)がありました。
来年のフォークジャンボリーinヒロシマが決まっちゃったのです。

打ち合わせの時「来年の8月7日、広島でフォークジャンボリーやりたいんですけど」と言ったら、
笠木さんが、「それはいい。ぜひやりましょう」と即決。
「検討しましょう」ぐらいの返事を予想していたからびっくり。
ネットで検索したら、なんと県民文化センター(500人規模)が空いていて、コンサートが済んだらすぐさまI口実行委員長が押さえにいってくれました。

このブログに「憲法フォークジャンボリーを広島でやりたい」と書いたら、千葉のI塚S恵さんから「ハチロクにくっつけてくれ」というコメントが来ました。そんなら広島県のフォークジャンボリーじゃなくて、広島でやる全国から集まるジャンボリーにしようと妄想は広がり、その妄想が現実になってしまったのです。

来年は満席にするぞ。
全国から来てね。

2010年8月7日 おそらく午後1時から4時ぐらいまで。広島県民文化センターにてフォークジャンボリーをやるのだ。
せいごう兄いも来てね。まっとるよ






Category: うたごえ   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

「しずく」はどうなったのか!!!


本日、合掌(うんにゃ合唱)発表会。

ブラザーと「しずく」(作詞 比嘉昇=ボク 作曲 どすこいブラザーズ)そして「誓い」(曲はブラザーK栖=すみかつつし)をやりました。

しずくはやっぱりうまくはハモれなかった(-_-;) でもからだは鳴った

京都ではなんとかがんばるぜ!

090714005.jpg



Category: 憲法フォークジャンボリー   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

蓮根の会 よびかけ

 笠木透さんが書いた「蓮根の会」の呼びかけです。声を出して読んで欲しい。永六輔さんは、どこかの講演で3回、読み上げたそうです。

                 よびかけ

私たちは無告の民です。
あの戦争で、最もよく協力した私たちは、最も大きな犠牲を払いました。
その言葉にもならないほどの苦しみを誰に告げることができたのでしょう。

戦前、戦中、「お国のために」と叫んで、私たちを導いたえらい人たちは、私たちの声を聞こうとしたことが一度でもあったのでしょうか。
アメリカ軍が上陸した沖縄で、ソ連軍の戦車が迫る北満(中国東北部)で、原爆の焼け野原で、国は私たちを助けようとしたことがあったのでしょうか。

私たちは、いざというときに、たよりとするところを持たず、ただオロオロと逃げまどうしかない無告の民です。
多くのものは家族を失い、茫然自失のどん底で、のたうちまわり、はいずりまわって生きのびるしかなかった無告の民です。その子どもたちです。

それでもこの国を捨てなかった。それでもこの国が好きで、この国を愛してきた。
なんという愚直、なんという純朴。わがことながら、笑ってしまいたくなるほどの、愛すべき人間性。

だが、その心根をこの国は卑劣にも、再び利用しようとしている。私たちはその意図を許すことができません。
私たちは学んだのです。あの戦争を止めることも終わらせることもできなかった、私たちの無力さと無惨さを。
私たちは心に刻んだのです。もうどんなことがあっても、戦争はしない。私たちの手は、銃を握るためではなく、箸や鉛筆をもつためにあるのだと。

私たちのよるべきところは、私たち自身です。無名で無力、無告と呼ばれてきた、私たち自身です。この国と、アジアの人びとの群れです。

この国は、戦後60年間、平和だった。外国を侵略しなかった。こんな素晴らしいことはありません。私たちが、つましくも、人間らしく生きてこられたのは、この平和な時代があったからです。私たちのためにこそ、憲法九条があると言っていいでしょう。

私たちの生存の根源である、憲法九条が改悪され、この国が再び戦争をする国になることを許すわけにはいきません。

私たちは、私たちと同じあなたに呼びかけます。一緒にやりませんか。あなたの参加を願い、心待ちにしております。

                 
                         2005年 蓮根の会 笠木透



22日、あなたの参加を願い、心待ちにしております。

ピースナイン

蓮根の会ことば


Category: 憲法フォークジャンボリー   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

笠木透と雑花塾とは

今日、22日に配る雑花塾のリーフレットをつくりました。

私の書いた笠木透さんと雑花塾の紹介を載せちゃいます。

笠木透さんは1937年岐阜県生まれ。「60年安保」を全学連の闘士として奔走。しかし、新安保条約は成立し、「なぜ、安保闘争で負けたのか」と失意の日々を過ごしていました。笠木さんがその答を見つけたのは6年後。ベトナム歌舞団を見て「目からウロコが落ちた」といいます。

 アメリカと戦争をしながら、歌い、踊っている。「たたかいとは生活しながらたたかうことなのだ」「そしてその生活の中に、歌をつくったり、遊んだりがある」

 ここから、うたをつくってうたうことが始まりました。生活の中からの歌づくり、フィールドフォークを提唱し、今日まで「私の子どもたちへ」「私に人生といえるものがあるなら」「わが大地のうた」など900曲に迫る「うた」を生み出しています。

 著書に『わが大地のうた』(1985年・あけび書房)『修羅のデュエット』(1987年・ささら書房)『私に人生と言えるものがあるなら』(1998年・萌文社)などがあります。「つくった歌のように生きろ。できないことは歌うな」がモットー。

 憲法九条改悪の流れに抗して「憲法フォークジャンボリー」を2005年に提唱。全国規模の大きなコンサート、各地でのさまざまな形態のコンサートを開いています。

 「我夢土下座」「フォークス」のリーダーを経て、創作演奏集団「雑花塾」を創立。「雑花塾」のメンバーは全国にいて、各々がソロミュージシャンとして高い実力を持ち、地域に根ざした活動を展開しています。本日のメンバーは、増田康記さん(ギター)、上田達生さん(ギター)、山本忠生さん(アコ)、山本幹子さん(キーボード)と笠木さんの5人です。

増田康記さん 郡上八幡のフォークシンガー。美しい声にうっとり。

上田達生さん 山口県光市の陶芸家&フォークシンガー ビオレータパラの「なんという胸の痛みだ ろうか」の日本語詞は上田さんの作です。

山本忠生さん 京都ひまわり合唱団の指揮者、忠やん。「戦争につながる一切の行為を否定し、平和を求め、人間性の発露である文化をこよなく愛する心」(沖縄県平和祈念資料館設立理念)を大切にしています。

山本幹子さん 最近CD『草の根のうたびとたち』(音楽センター)をリリース。「アザミの花」を歌っています。忠やんは父親。

蓮根の会マーク
忠やん

「耕す人になろう」 by 忠やん


Category: 憲法フォークジャンボリー   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

22日 笠木透と雑花塾コンサートにおいでませ

22日(土)2時から広島市社会福祉センターで笠木透と雑花塾コンサートがあります。

雑花塾
ギターをもってうたっているのは、ボクではない。いばらきのせいごう兄いである。

昨日、I口実行委員長と緊急対策会議を開きました。

30日投票の選挙となって、コンサートの参加はきわめて厳しいもようです。

あと、選挙以外にもいろいろ行事などあってねえ。

「10人は来るだろう」「なんとか50人以上にはしたい」という悲しい状況です。

近くの人はぜひぜひおいでください。最後の一週間がんばるエネルギーがたくわえられまっせ。

参加費は999円。高校生以下、障がい者は無料です。

広島市社福地図(カラー)のコピー



Category: うたごえ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

しずく完成。 が、歌えない…

 8月16日、病人をこき使って、しずく工房社歌「しずく」が完成いたしました。

詞はボクが書いて、山ノ木師匠に直してもらいました。
以前にも載せたことがありますが、いま一度。

         しずく

作詞 比嘉 昇/作曲 どすこいブラザーズ


凍てつく大地に 木枯らし吹く
木々は葉を落とし 虫たち潜(ひそ)む
乾いた大地に 風ざわめく
ほこりまいあがり けものたちさまよう 

このしずく あふれて 大地潤(うるお)せ
草花よ 根を張れ どこまでも深く

凍てつく大地に 光さす
雪は溶けだし せせらぎ流れる
芽を吹く大地に 風そよぐ
鳥たち飛び交い 梢(こずえ)ささやく

このしずく あふれて 大地潤せ
草花よ 咲きほこれ いのちのかぎり

みどりの大地に 人々つどう
ともに学んで 明日(あした)を語る
みどりの大地に うた響かせ
歩いてゆくのさ ギターかかえて

このしずく あふれて 大地潤せ
言の葉よ つなげ 人々の願いを
このしずく あふれて 大地潤せ
言の葉よ つなげ 人々の願いを


曲はボクがつくったのと、ブラザーK栖がつくったのを、山ノ木師匠が病床でうまく
ミックスして仕上げてくれました。熱があったのに申し訳ない&感謝感激です。

とってもいい感じで気に入っています。

が、問題は譜面どおりに歌えないこと。ここに超いい加減フォークシンガーふとめしんどの
最大の弱点があります。

 昨日もブラザーにしごかれました。とくにハモりの部分が、すぐつられてしまい、ずるずるです。
上を歌おうが下を歌おうが、すぐつられてしまうのです。

 本番まであと2日。ちゃんとハモれるようになるだろうか

090817006.jpg

Category: 近況   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

黒帯だあ

090817008.jpg
8月17日の平和公園

ついにやりました。黒帯です。こどもと一緒に始めた空手。初段(見習い)で黒帯をもらいました。

長女が小学校4年で始めた空手で1年ほど送り迎えだけしていたのですが、先生の「お父さんもやったら」という言葉につられて減量のために始めたのが6年ほど前。

まあ、全然からだ動かんし、型は覚えられないし、亀の歩みではありましたが、なんとか…(涙)。

中学の時、柔道をしていて、黒帯をとれないまま止めてしまったので黒帯コンプレックスがありました。

齢46にしてようやく手に入れました。

「お父さん、これからが大変でえ」とは師匠の言葉。

そうそう、子どもたちはとっくの前にやめてしまいました。父さんだけが続け、黒をとったのです。

090817001.jpg
(喜びの一枚)
08 2009 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。