パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: 反貧困   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[いまのニッポン我慢ならん!] Genre[政治・経済]

二つの戦争で国民は殺される

 稲葉剛


5月30日、もやいの代表理事、稲葉剛さんの講演を聞きました。

 地道にホームレスの人びとを支援してきた稲葉さんの話は大変面白かったです。
講演を聞いて思ったことは、いま、日本国民は二つの戦争へ向かわされているということです。

一つはアメリカのする戦争に無条件・全面的に協力するという文字通りの戦争。
もう一つは、新自由主義・構造改革によって、人びとが殺されるという「戦争」です。

自己責任論で国民をおいつめ、人びとを死に追いやってゆく。
自殺者が3万人を超すようになってもう10年。30万人以上が死ななくてよいのに「殺されている」。
首都圏では毎日のように「人身事故」という名の飛び込み自殺が起き、よほど列車が遅れないかぎりニュースにもなりません。

 介護保険、後期高齢者医療制度も人びとの命を軽くしています。構造改革にもとづく医療制度の改悪は、病院経営を圧迫。患者のたらい回し、医師の過重勤務によって患者・医師ともに命をあやうくさせられています。

 厚生労働省は「水際作戦」によって生活保護の申請を拒否するよう福祉事務所を指導してきました。北九州市が悪名をはせていますが、全国で「餓死者」を生みだしています。

 稲葉さんは国民から批判をうけた厚労省は、水際作戦とともに「硫黄島作戦」を併用するようになっている、といいます。とりあえず申請をうけつけ、いったんは保護を開始するが、強引な「就労指導」などで辞退に追い込んでいくというものです。迎え入れて撃つ、ので「硫黄島」なんだそうです。

 若者はワーキング・プアにされ、職場で名前すら覚えてもらえない「透明な存在」にさせられています。自己肯定感がもてないのも当然です。
 さいわいにも「正規」であった中高年は、働き過ぎで死の淵にたたされています。
 お年寄りは、介護保険と後期高齢者医療制度によって「早く死ね」というメッセージをうけとります。

 稲葉さんの講演でとりわけ印象深かったのは、群馬県の無届け静養ホーム「たまゆら」の火災について、その焼け跡を見た人が「ここだけ空襲にあったようだ」といったということです。
 福祉の民営化の行きつく先が「空襲のような焼け跡」なのです。

 財界の思惑に忠実な日本政府の政策によって、人びとは死へと追い込まれている。
 自然に「そうなった」のではありません。自己責任なんてもってのほか。政策、悪政によって「つくりだされている」のです。そう「苛政(かせい)は虎よりも猛(たけ)し」。人民を苦しめるむごい政治は虎より恐ろしい。私たちは日本政府から見えない銃を撃たれているのです。

 私たちは、日本国憲法13条の個人の尊厳と生命、自由、幸福追求権、25条の健康で文化的な暮らしをする権利を高く掲げ、「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障および公衆衛生の向上および増進につとめなければならない」という規定どおりにするよう、政府に迫らねばならないのです。

 25条は「プログラム規定」で努力目標にすぎないとする暴論が幅をきかせており、悪政を援護しています。しかし、この条文は素直に読めば「つとめなければならない」という強い義務規定です。

 日本国憲法のどこにも、アメリカのいうことはひたすら聞いて湯水のようにカネをつかえ、とか高速道路や空港をたくさんつくれとは書いていない。社会福祉(子どもと老人と障がい者を大切にする)と社会保障(医療と年金、雇用保険など)、公衆衛生(病気の予防、母子、メンタルをふくむ健康をまもるここと)にお金をつかえといっているのです。

 しかし、政府はそもそもこの分野を軽視し、1980年代の臨調行革以降、「低下および減少につとめて」きました。それに拍車をかけたのが小泉構造改革だったのです。

 自然に「そうなった」ものはなかなか対処が難しいですが、政策によって「つくりだされた」ものは、政策を変えればいいだけです。日本国憲法どおりに。

 アメリカのする戦争に協力するのも、日本政府の、命を削る悪政による「戦争」もまっぴら。

 憲法をくらしのなかに今こそいかすときです。

 

 


Category: いろはにこんぺいとう   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

こんぺいとうの反応 

わが母校H政大学のO野内先生から「これからの展開がたのしみです。刺激をうけました!」というメールを頂戴しました。

 O野内先生は、5月16日に広島であった中東学会の公開シンポ「暴力と平和を考える ヒロシマの視点から」で初めてお会いしたのです。O野内先生は、シンポのディスカッサント(discussant,討論者)で発言時間は短かったのですが、「グローバル・ベーシック・インカム(Global Basic Income )」について発言。

 初めて知りました。そんな考え方が世界で論議されているなんて! 

 世界中の人びとに基本所得を無条件で給付する。日本国憲法の25条「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」、池田香代子さんの百人村訳では「すくなくともこれだけは、というレベルの、健康で文化的な生活をいとなむことは、すべての人の権利です」(『やさしいことばで日本国憲法』マガジンハウス)を具体的、実際的に保障しようというものです。

O野内先生に、つぎのような返事をだしました。


   シンポの帰りに本屋によると『ベーシック・インカム入門』(光文社新書)がぱっと目に入り、すぐさま買いました。家に帰って書棚をみると、『狂気の核武装大国アメリカ』(集英社新書)があり、おおこれを訳した人だあ...と。
 両方ともこれから読みます。

 『主権者力を磨く』の第6章(2010年4月発行。まっててね)につぎのように書きました。この論議が、ベーシック・インカム論と結びつくのでは、 と思っているのです。

(前略)
こういう状況をなくすべく、国連は次のような「ミレニアム開発目標」を決め、実現しようとしています。

①1日1ドル以下で生活する人口を半減させる。
②男女のすべての子どもたちが初等教育の全課程を修了できるようにする。
③初等・中等教育におけるジェンダーによる格差を2005年までに解消し、すべての教育レベルでのジェンダー格差を2015年までに解消する。
④5歳未満児の死亡率を3分の1に削減。
⑤妊産婦死亡率を4分の1まで削減する。
⑥HIV・エイズの蔓延を食い止め、減少させる。
⑦マラリアその他の疫病の発生を食い止め、減少させ始める。
⑧安全な飲料水および基本的な衛生設備に持続的にアクセスできない人口の割合を半減させる。

 そうすれば、「5億人が貧困から脱し、2億5000万人が飢餓を免れ、5歳の誕生日を超えて生きることはなかったはずの3000万人の子どもたちの命が失われずにすむ」のです。これらを実現するために必要なお金は400~700億ドルと、国連は試算しています。

 世界の軍事費はいったいいくらでしょうか。
 年間1兆ドル(約100兆円)。ケタが違うのです。2003年の日本の軍事費(国防費)は4兆8000億円(約500億ドル)。
 ミレニアム目標は、日本の軍事費分でほとんど実現できるのです。

日本が軍事費をなくして、その分を国連に拠出すれば、それだけでほぼ目標は達成可能。日本に続く国がでてくれば、よりいっそう実現は早くなります。

 アメリカは日本の財政的な支えなしに戦争を継続することはできません。アメリカがソ連と違って潰れないのは、日本の支えがあるからなのです。ですから、日本国民が憲法を選び直し、その選択に基づいて、アメリカの戦争に協力しないことを明確にすれば、アメリカも変わらざるを得ないでしょう。

 日本が、岩国や沖縄などの米軍の駐留経費の肩代わりをやめれば約6000億円。それだけあればアジアのHIV感染者(500万人)への援助が5年にわたってできます。もう少しプラスして8400億円にすれば、途上国の子どもすべてに基礎教育を受けさせることができます。

日本の政策が変わるだけで、世界中の子どもたちが学校に行けるようになる。失われるかもしれなかった命が助かる。世界じゅうに希望が広がる。なんて素敵なことでしょう。

 「世界の平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しよう」というのは、けっして受け身ではなく、こういう積極的な施策をすることなのです。戦争をやめることによって、恐怖と欠乏、圧迫と偏狭(不寛容)をなくす。「平和に生きる権利」を世界の人のものにするのが憲法のかかげた理想です。

 日本が憲法に基づく政治を始めれば、すぐに世界が変わる。それだけの力を日本は持っているのです。


 いかがでしょう。


すると、O野内先生からつぎのような返事をもらいました。

 そうそう、そのミレニアム目標を一挙に解決するのが、Global Basic Income だぜ、というキャンペーンをしているGlobal Basic Income Foundation っていう団体が、オランダにあって、ここ数日、はまっています!

検索するとすぐにでてくるので、お時間あれば、のぞいてみてください。

とにかく、世論の合意さえ得られれば、簡単にできる政策なので、・・・これまでの政治的対立をこえて、っていう意味です!・・・わたしも全力をふりしぼって、などと、燃えてきてるところです。


 世界は日本国憲法の示す方向にまちがいなく進んでいるのです。このすばらしいコンパス(羅針盤)を葬り去ろうとするなんて、なんという阿呆なんだろう。

 おお、6章を加筆しようっと。













Category: いろはにこんぺいとう   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

すべりだし好調 こんぺいとう

 「いろはにこんぺいとう」創刊号は5月21日に印刷し、翌22日に製本ができあがりました。25日に封詰めし、メール便にて発送。近辺には26日配達しました。メール便でしたが、東京でも早いところでは27日に着いたようで、K出版のM竹さんからEメールが。

 昨日29日には学習運動の大先輩で都知事選の候補者にもなったH田先生からはがきをいただきました。「一人でも多くの国民に読まれ、理解され、それが世論と運動の発展と高揚に貢献することを期待してやみません」という推薦文。ありがたいことです。

 尊敬する編集者、S書店のS井さんからはお礼とともに「定価表示がありません。タダで配るのですか。『しずく工房』というのは出版社?」ほかいくつか、お訊ねのお手紙を頂戴しました。
 すぐにメールで返事をだしましたが、たしかに「」がいくつもある「雑誌」ですね。

 この雑誌、創刊号は見本誌として無料配布します。
第2号から第7号(第1期分6冊)を2500円で定期購読(前払い)していただくというシステムです。
ですから1冊ずつの値段はないのです。まあ2500円÷6=417円ですが…。

 S井さんには謹呈のつもりだったのですが、「定期購読者にしていただきます」と2期分も送金してくれました。ありがたや。お金を頂戴したので1期分ではやめられません。

 「しずく工房」は出版社なのか? 雑誌を出すのだから「出版社」ということになるのでしょうね。
「工房」といっても小学校3年生の息子と共用の4畳ほどの部屋なんですが…。2LDKプラスSのS(サービスルーム)です。しずく工房の仕事は企画・編集・出版ということになるのかな。
 今後どのように展開するのか私にも分かりません。

H橋大の「もぐり院生」(試験も受けず授業料払ってない!)をしていたときに知り合い、お世話になったY浜国立大のO門さんからは「二見らしい語り口で、いい文章だね。二見自身も確かめるように書き続ける、その姿勢が読者の共感を呼ぶのだと思います。渡辺さんの推薦の言葉もよかったよ」と。

神戸のI川先生からも激励メールが。「ブログは見せていただいていますので、「できた」という記事を見た直後に、現物が届いたことに驚かされています。とても美しく、なおかつ中身のつまった雑誌(?)ですね」
 
 雑誌とは「原稿を多く集め、一定の期間をおいてつぎつぎに刊行する本」(新明解国語辞典)、「雑多なことを記載した書物。号を追って定期的に刊行する出版物」(広辞苑)ということですね。

 「いろはにこんぺいとう」は「原稿を多く集め」「雑多なことを記載」という点では「雑誌」とはいいがたいですね。なにしろ執筆者は私一人。ああ、創刊号は渡辺治先生のすてきな序文がついていますけど。メインの連載「主権者力を磨く」と「九条の会の人びと①大江健三郎さん」ですが、これは両方とも私が書いています。「雑多性(バラエティ)」という点ではちょっとね。

 しかし、もう一つの要件、定期的に刊行する(隔月刊)という点で「雑誌」としての面目を保ちたい(ああ、自分を追い込んでいる)。

 ちと発行が遅れることあるかもしれませんが、「病みあがり」養生中なのでごかんべんを。


 

 

Category: いろはにこんぺいとう   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[平和憲法] Genre[政治・経済]

運動が生んだ憲法講座  連載に寄せて

         渡辺治(一橋大学教授 九条の会事務局)

渡辺治


二見伸吾さんが、憲法の連載講座を始めます。
 『主権者力を磨く』というタイトルです。
 この講座の個性は、何と言っても二見さんが取り組んできた憲法学習運動のただ中でつくられたものだという点にあります。それは、二つの点でとてもユニークな特徴を生んでいます。

●憲法の学び直しの過程

 ひとつは、この講座が、労働者や市民の人びとに憲法を語り、改憲の危険を訴える過程で、二見さん自らが憲法を学び直した、その努力の道のりを忠実に再現している点に現れています。
 たとえば、第1章「日本国憲法のこころを聴く」は、憲法前文に関する二見さん自身の格闘の産物です。彼は、ここで、「前文」の英文にあたり、池田香代子さんの訳にもあたりながら、「前文」の読み直しをすすめていきます。

 ついで、第2章「こころ優しき憲法」では再び憲法の人権条項に検討が及びます。ここでも、憲法についての新しい発見があります。憲法は、9条だけでなく、13条の個人の尊重がもう一つの柱となってできているという発見です。二見さんは、そのことを伊藤真さんの言説を手がかりに考えていくのです。

 第3章「日本国憲法の原点 ヒロシマ」では彼が憲法を捉え直す契機となったヒロシマが語られます。そこでもヒロシマについての彼自身の足で歩いた学習と発見の過程が再現されています。
 第4章「改憲のねらいと方法」ではそうした憲法を今変えようとする動きが検討されたあと、第5章「諸悪の根源 日米安保条約」では改憲を生む安保の系譜がたどられるのです。
 第6章「戦争をしない地球へ」で、再び、憲法を生んだ20世紀の戦争とそれに対抗する平和への営みの系譜がたどられ、21世紀を私たちがどう生きるかについて考える内容になっています。

 こうしたユニークな構成は、二見さんの、憲法についての、行きつ戻りつしながらの捉え直しの過程をなぞったもののように思えてなりません。

●憲法についての個性ある切り口

 もう一つの特徴は、この講座が、労働者や市民に著者が憲法と改憲の危険性を訴える際の独特の切り口、語り口となっているという点です。
 現代の憲法「改正」に反対して、その思いを市民に訴えてまわっている、数少なくない活動家や知識人、研究者は、憲法と憲法「改正」について、それぞれの憲法理解にもとづく個性ある切り口をもっています。

 自分のことを例にあげて恐縮ですが、僕の場合には、一番訴えたいのは、憲法は死んでいない、僕たちの先輩や僕たち自身の運動の力で、憲法は日本社会を変えてきたし今も影響を与えつつる、という点です。ですから僕は、憲法が危機にあるという点ももちろん強調しますが、どちらかといえば、憲法よくがんばってきたといいたいのです。こうした僕の切り口は、もちろん僕自身の憲法についての理解にもとづいています。こうした切り口に対してしばしば市民の方から、“日米軍事同盟で自衛隊が憲法を逸脱して共同作戦に踏み切っている状況を過小評価しているのでは”、という質問を受けます。そういう人は、憲法「改正」の問題を話すとき、当然、僕とは異なる切り口になるだろうと思います。

 二見さんは、この連載講座で二見さんでなければ絶対しないような語り口を提示しています。そこには、たとえば僕のそれとはおおいにことなる、なるほど、二見さんの個性が現われているのです。

●憲法とヒロシマ

 憲法についての著作なのに、いったいどうして「ヒロシマ」が出てくるのでしょうか? それはちっともおかしくないと考える人も少なくないでしょう。いうまでもなく、ヒロシマはアジア・太平洋戦争で原爆の落とされた地です。日本国民が戦争ということをふり返るとき、沖縄や長崎と並んで、まずは思い起こす場所です。ですから、ヒロシマという地から、日本国憲法の九条の意味を問い直すということは十分に自然のようにもみえるのです。現に、ヒロシマという地から憲法を考えた本には、大江健三郎の『ヒロシマ・ノート』をはじめ、すぐれた本が少なくありません。私ごとになりますが、僕が大江さんのこの本を手にしたのは、僕が大学受験で浪人をしていた1965年のことでした。僕は、大江さんの『厳粛な綱渡り』や『ヒロシマ・ノート』を手に持って喫茶店に入り、たばこを手に本を開いて、いっぱしの大人になった気分でした。

 しかし二見さんにとって、ヒロシマにはそれ以上の独特の思いが込められているようです。というのは、ヒロシマは、神奈川生まれの二見さんが初めて労働者学習運動に携わった地でもあるからです。ヒロシマで原爆の被害に遭った人びと、また戦後ヒロシマに生まれ育った人びとにとって、ヒロシマは現にそこにあるものであり、逃れようもありません。しかし二見さんはヒロシマに生まれたわけではありません。二見さんにとってヒロシマは自ら選びとった場所なのです。

 もちろん、それに加えて、ヒロシマでの彼の経験や観察が彼の憲法観の内容に大きな刻印をしたということもあります。その意味では、彼にとって、ヒロシマは、二重の意味で重いものがあるといえるようです。この本での二見さんのヒロシマへの探求は、ヒロシマに生まれ育ってはいない日本人にとってのヒロシマへのかかわり方の、すばらしい例のひとつを示しています。

●運動のなかでの出会い

 僕が二見さんとはじめてあったのは、2002年9月、ヒロシマに講演にいったときでした。そのあと、彼から『いま君にできること』(学習の友社)という本を送ってもらいました。2004年6月のことです。

 ちょうど、その月、日本の憲法「改正」反対の運動に、ひとつの、しかし小さくない転機が訪れました。加藤周一さん、大江健三郎さんたち九人の呼びかけで、「九条の会」が発足したからです。それからというもの、僕は今までにも増して、憲法「改正」、とくに九条「改正」に反対する集会などで各地を飛び回らなければならなくなりました。なんでこんなに、という気持にもなりましたが、僕より一回り、二回り齡を重ねた人びとががんばっているんだから仕方ないか、と歯を食いしばる思いでまわっています。

 きっと二見さんもそうだったのでは?と推測します。二見さんの講演や活動でも、このころから憲法のことが中心に座りはじめたのではなかったでしょうか。僕が二見さんに再びお会いしたのは、2007年6月9日、またしても「九条の会」の講演会においてでした。

  「九条の会」は、2009年6月で結成から5周年を迎え、全国の「九条の会」は7300を超えています。こうした営みが、憲法九条に対する国民の意識を再び変化させつつあります。二見さんも僕も、そんなたくさんの人々の運動の端っこにかかわっているという連帯の気持があります。
 この連載講座を機に、憲法「改正」に反対する運動が、新しい昂揚をみることを願っています。また、この講座が多くの市民たちの手に渡り、読まれ、検討され、彼ら、彼女らが改憲反対に向かって新たな一歩を踏みだす契機となることを期待しています。

         2009年5月3日 62回目の憲法記念日に


花束.




Category: いろはにこんぺいとう   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

いろはにこんぺいとう 見本誌プレゼント

i
このたび「いろはにこんぺいとう」という雑誌を創刊しました。
憲法を深く学ぶための雑誌です。第1期全7冊、隔月刊。フルカラー印刷、A4版44ページ。
創刊号は見本誌としてプレゼントします。

第2号から7号まで6冊で2500円+送料600円。まずは見本誌を請求してね。

shizuku5432factory*yahoo.co.jp (*を@に変えてください)

第1期「主権者力を磨く」のラインナップを紹介します

第1号(2009年6月) 憲法のこころを聴く
           渡辺治さんからのメッセージ
「九条の会」の人びと①大江健三郎さん

第2号(2009年8月) こころ優しき憲法
「九条の会」の人びと② 加藤周一さん

第3号(2009年10月) 日本国憲法の原点 ヒロシマ
           「九条の会」の人びと③井上ひさしさん

第4号(2009年12月)(2009年5月) 改憲のねらいと方法
           「九条の会」の人びと④澤地久枝さん

第5号(2010年2月) 諸悪の根源 日米安保条約
「九条の会」の人びと⑤鶴見俊輔さん

第6号(2009年4月) 戦争をしない地球へ
「九条の会」の人びと⑥三木睦子さん

第7号(2009年6月) 補講(教育基本法) あとがき
「九条の会」の人びと⑦奥平康弘さん



Category: いろはにこんぺいとう   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

しずく工房 社歌

しずく

           作詞作曲 比嘉 昇/指南・補作 山ノ木竹志


凍てつく大地に 木枯らし吹く
木々は葉を落とし 虫たち潜(ひそ)む
乾いた大地に 風ざわめく
ほこりまいあがり けものさまよう 

このしずく あふれて 大地潤(うるお)せ
草花よ 根を張れ どこまでも深く
このしずく あふれて 大地潤せ

凍てつく大地に 光さしこむ
雪は溶けだし せせらぎ流れる
芽を吹く大地に 風そよぐ
鳥たち飛び交い こずえささやく

このしずく あふれて 大地潤せ
草花よ 咲きほこれ いのちのかぎり
このしずく あふれて 大地潤せ

みどりの大地に 人々つどう
ともに学んで 明日を語る
はるかな大地に うた響かせ
歩いてゆくのさ ギターかかえて

このしずく あふれて 大地潤せ
言の葉よ つなげ 人々のねがいを
このしずく あふれて 大地潤せ
言の葉よ つなげ 人々のねがいを


               09年5月31日修正

Category: いろはにこんぺいとう   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0   Community: Theme[平和憲法] Genre[政治・経済]

「いろはにこんぺいとう」第一期発行スケジュール

第1号(2009年6月) 憲法のこころを聴く
           渡辺治さんからのメッセージ
           「九条の会」の人びと①大江健三郎さん

第2号(2009年8月) こころ優しき憲法
           「九条の会」の人びと② 加藤周一さん

第3号(2009年10月) 日本国憲法の原点 ヒロシマ
           「九条の会」の人びと③井上ひさしさん

第4号(2009年12月)(2009年5月) 改憲のねらいと方法
           「九条の会」の人びと④澤地久枝さん

第5号(2010年2月) 諸悪の根源 日米安保条約
            「九条の会」の人びと⑤鶴見俊輔さん

第6号(2009年4月) 戦争をしない地球へ
            「九条の会」の人びと⑥三木睦子さん

第7号(2009年6月) 補講(教育基本法) あとがき 
            「九条の会」の人びと⑦奥平康弘さん

Category: いろはにこんぺいとう   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0   Community: Theme[平和憲法] Genre[政治・経済]

雑誌「いろはにこんぺいとう」創刊!

 雑誌(隔月刊)「いろはにこんぺいとう」を創刊しました。

『いま君にできること』(学習の友社)につづく2冊めの本をだそうと準備していたのですが、条件が整わず、「それなら雑誌にして分冊でだしちゃえ」という、まったく手前勝手な理由からです。

 本誌のタイトルですが、あれこれ考えているうちに突然ひらめきました。
 「いろはにこんぺいとう/こんぺいとうはあまい/あまいはおさとう/おさとうはしろい/しろいはうさぎ/うさぎははねる/はねるはかえる/かえるはあおい/あおいはおばけ/おばけはきえる/きえるはでんき/でんきはひかる/ひかるはおやじのはげあたま」(違うバージョンもあるようですが…)

 「いろは」は基礎・基本の代名詞。その基礎から出発して、それが「はげあたま」にたどりつくような面白さをもちたい。「難しいことをやさしく、やさしいことを深く、深いことを面白く」(井上ひさし)、「ラディカルであるとは、ものごとを根本からつかむことと」(Radikal sein ist die Sache an der Wurzel fassen.マルクス)という思いを込めました。

 この雑誌の発行元「しずく工房」もあらたに設立。自宅の息子と共用の四畳ほどの部屋が「しずく工房」です。ごまめの歯ぎしりのようなものなので「ごまめ工房」にしようかとも思ったのですが、ごまめの注文がきても困りますので、やめました。

 木の葉ならぬ言の葉からしずくが落ち、大地を潤す(おお、なんかカッコいいなあ)。そんな雑誌になればということなんですね。

 この雑誌は隔月発行の予定です。
 「うつ病」のリハビリをかねた雑誌づくり。7号までは「主権者力を磨く」の元原稿がありますので、この連載で1年。第2期8号めからはどう展開するのか? 乞うご期待。


05 2009 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS