パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: うたごえ   Tags: ---

Response: Comment: 1  Trackback: 0  

「どすこい」 広島のうたごえ合唱発表会でなんと金賞

なんかよくわかんないけど,小編成の部で金賞をいただきました。

女性2人の声がすばらしい。ボクはなんとか音を外さず,足を引っ張らなかった。

「とどけこの想い」(比嘉昇 詞/すみかつつし 曲)
「あすという日が」

どすこい
スポンサーサイト

Category: うたごえ   Tags: ---

Response: Comment: 9  Trackback: 0  

新江さん(山ノ木竹志)の声が聞こえた

05118morning24.jpg
(5月18日朝 広島の空)

CDブック「山ノ木竹志 歌つづり 歌わずにはいられない」は予定どおり5月15日に完成。
ボクは岡山にブラザーととも岡山憲法フォークジャンボリーの会場にいたのだが、忠やん(山本忠生さん)がそこへもってきてくれた。

 撫でて「ええもんができたなあ」。忠やんと固い握手。
昨日、音楽センターひろしまに行き、自分の分をゲット。

今朝、散歩から帰って、CDをはずし、またつくづくと眺めた。
「ええもんができたなあ」とまた感慨にふける。

songbook23.jpg
2008年秋に、新江さん(山ノ木竹志)が再入院し、彼からソングブックの編集を依頼された。
一も二もなく引き受けたものの、彼の病状も一進一退。ぼくも軽躁とうつを繰り返し、なかなかソングブックづくりはすすまなかった。「あずる」(あせる)ばかりだったのである。

そして、ソングブックはできないまま、09年10月23日、彼は旅立ってしまった。
ボクの鬱も再発し、「なんとかせねば」という焦りばかりがつのる日々。

そんなとき、音楽センターM田社長から電話があり、現状を伝えると「とにかく来年1月のコンサートまで寝ていていいから」というありがたき言葉をいただく。

そして、実際、手負いの熊よろしく朝昼晩とひたすら眠っていたのだ。

ふしぎなことに山ノ木竹志をうたうコンサート一週間前に鬱から軽そうへギヤチェンジ。

あらたに製作委員会をたちあげ、みんなの力をあわせてあれよあれよというまに出来上がりました。
正味三ヶ月です。



今朝、ソングブックを撫でていたら新江さんの声が聞こえてきました。

「ええのができたのう。こういうのが作りたかったんじゃ。二見、ありがとう」

涙が止まりません。このブログを書きながらまた泣いています。





Category: うたごえ   Tags: ---

Response: Comment: 1  Trackback: 0  

山ノ木竹志CDブック発売まであと少し

CDブック「山ノ木竹志 歌つづり 歌わずにはいられない」が5月15日発売になります。

うたごえ新聞5月10日号に山ノ木さんの思い出と彼のうたづくりについて1300字ほど書きました。

読んでね。うたごえ新聞はとても面白いから、読者でない方はぜひこれを機会に読者になってください。

申込みは   journal@utagoe.gr.jp
広島の人は ボクにメールちょうだい。

utasin22.jpg

Category: うたごえ   Tags: ---

Response: Comment: 7  Trackback: 0  

山ノ木竹志ソングブック「歌わずにはいられない」収録曲

山ノ木ソングブックの収録曲です。

山ノ木竹志セレクションの50曲プラス編集委員会の特別推薦2曲。

「僕は生きている」は、あまりに状況に付きすぎているので最終的に外されたのですが、
ジョーヒルのメッセージはそのまま、新江さんのメッセージだと思い、収録することにしました。
ボクが推薦。

もう一曲の「すみれの花」は新江さんの処女作。たかださんが「彼の原点」を残しておきたい、と推薦しました。

いい曲はまだまだたくさんあるんですけどね。

第2集も出せるといいのですが…。

では、もくじを



歌わずにはいられない/How Can I Keep from Singing?
アメリカ民謡 Doris Plenn/編曲 山ノ木竹志/訳詞

 ●第1部 ひとつの歌から

ひとつの歌から     山ノ木竹志/作詞 山上茂典/作曲
デッカクゆこう      山ノ木竹志/作詞・作曲 たかだりゅうじ/編曲
五月のかぜよ      あらたにかよこ/作詞 山ノ木竹志/改詞・作曲
もっと自由に      山ノ木竹志/原詞 きたがわてつ/作詞・作曲
あらくさの花      あらくさ作業所/作詞 山ノ木竹志/作曲
すみれよ        山ノ木竹志・山上茂典/作詞 たかだりゅうじ/作曲
もっと高く        山ノ木竹志/作詞 たかだりゅうじ/作曲
Enjoy your life     広島東竜/作詞 藤城のぞみ/メッセージ原詞 
              山ノ木竹志/編詞 宇城昌里子/作曲
のんびり行こう      山ノ木竹志/作詞・作曲
にっこにこ        ほり まじょりか/作詞 山ノ木竹志/作曲
私の町          平野栄子/作詞 山ノ木竹志/作曲
私がセントポーリアを買ったのは    西條スミエ/詩 山ノ木竹志/作曲
明日は きっと      山ノ木竹志/作詞 たかだりゅうじ/作曲
ときどき どきどき      濱裕子/原詞 全国創作合宿(増田・志田・佐藤・
                新見・山本・山ノ木)/作曲
友とあれば        山ノ木竹志/作詞 山上茂典/作曲
町             山ノ木竹志/作詞 たかだりゅうじ/作曲

 ●第2部 ねがい

ねがい         広島市立大州中学校3年生有志〈2002〉/作詞
             山ノ木竹志/編詞 たかだりゅうじ/作曲
愛しき人よ        山ノ木竹志/作詞 山本忠生/作曲
平和          全国創作合宿2003「平和」班/作詞 
               山ノ木竹志/編詞 たかだりゅうじ/作曲
虹の民/My Rainbow Race   Pete Seeger/作詞・作曲 山ノ木竹志/日本語詞
花はどこへ行った/      Pete Seeger/作詞・作曲 山ノ木竹志/日本語詞 
Where Have All The Flowers Gone?

アメイジング・グレイス/  黒人霊歌 山ノ木竹志/日本語詞
ディープ・リヴァー/  黒人霊歌 山ノ木竹志/日本語詞
リパブリック讚歌/  黒人霊歌 山ノ木竹志/日本語詞
新世界/  山ノ木竹志/日本語詞 ドボルジャーク/作曲
平和に生きる権利/    Victor Jara/作詞・作曲 
El Derecho De Vivir En Paz  山本忠生・山ノ木竹志日本語詞

 ●第3部 海ははてなく

海は はてなく/Water Is Wide   アイルランド・バラード ピート・シーガー/補作詞 
                      山ノ木竹志/日本語詞
セイリング/Sailing     Gavin Sutherland/作詞・作曲 
                      山ノ木竹志/日本語詞 
シェナンドア/       アメリカ民謡 山ノ木竹志/訳詞
谷間に三つの鐘が鳴る/      Bert Reisfeld/作詞 Jean Villard/作曲
The Three Bells         山ノ木竹志/訳詞 
アイリーン/Irene         アメリカン・トラデイショナル 山ノ木竹志/訳詞
ハッピーホセ/Happy Jose         作者不詳 山ノ木竹志/補作詞
黒い眉/         ウズベク民謡 山ノ木竹志/訳詞
ウスクダラ/Uskudara         トルコ民謡 山ノ木竹志/訳詞
私のノルマンディ/Ma Normandie       フレデリック・パラ/作詞・作曲 山ノ木竹志/訳詞
さくらんぼの実る頃         J.ハチスト・クレマン/作詞 A.メール・ルナール/作曲
                       山ノ木竹志/訳詞 


 ●第4部 みんな元気か

みんな元気か      山ノ木竹志/作詞 たかだりゅうじ/作曲
新憲法ブギ      広島東竜/作詞 山ノ木竹志/作曲
春夏秋冬 よろしくぼうや!!     6才までのなかよしを建設する会/作詞
                    渡辺慶子/作曲 山ノ木竹志/編曲
一度だけの人生だから     広島東竜・穐山絵美子/原詞 山ノ木竹志/編詞
                   宇城昌里子/作曲
これでエエンカ?        広島東竜/作詞 山ノ木竹志/作曲
8時間ソング/
 To Everyone In All The World     Pete Seeger/作詞・作曲 比嘉昇・廣中徹・
                       山上茂典・山ノ木竹志/日本語詞
やがてくる日に―憲法讚歌      山ノ木竹志/作詞 たかだりゅうじ/作曲
うた 春を夢見た労働者に捧げる    山ノ木竹志/作詞・作曲
歌                    山ノ木竹志/作詞・作曲
人間の歌                山ノ木竹志/作詞・作曲
誓い                   山ノ木竹志/作詞 安広真理/作曲
まだ見ぬ明日に盃を         E・エルガー作曲 木田輝久・山ノ木竹志/日本語詞
―「威風堂々」より 
始発列車                山ノ木竹志/作詞 山上茂典/作曲




風のうた                山ノ木竹志/作詞 原田義雄/作曲


 ●プラス2
僕は生きてる/ジョー・ヒルの唄広渡常敏/作詞 山ノ木竹志/作曲
すみれの花 山ノ木竹志/作詞・作曲

Category: うたごえ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

山ノ木ソングブック「歌わずにはいられない」脱稿

誓い譜面
(最後に仕上げたコメント、「誓い」)


やっと終わりました。

ソングブックのコメント、つけられるものは全てつけました。

音楽センター、さくらさんに3月7日午前10時40分、ガッシンと送信。

2008年7月、うつ病になって広島に戻ってきて、調子が戻ってきた頃から

ソングブックづくりの手伝いをしてきました。新江さん(山ノ木竹志の世を忍ぶ仮の名)

の体調もよくなったりそうでなかったり、ボクの病も躁と鬱を繰り返し、進んでは止まり、止まっては進む…。

新江さんは、全曲に新たなコメントをつけるつもりでしたが、それはかないませんでした。

しかし、それぞれの曲についてすでに書いたものがけっこうありましたので、それを各曲につけました。

数曲、私が代わりに書き、「友とうたえば」は作曲者の山上茂典さん(ガミさん)に書いてもらいました。


新江さんは、何度も収録曲を選び直し、構成を考え、その順番に譜面とコメントの素材になる「書いたもの」を遺してくれました。

 ボクはその遺言執行代理人として、なんとかその仕事を果たすことができました。

 ほっとしています。

 これから先は、さくらさんにバトンタッチ。校正で再びバトンがまわってきますが。

 いいソングブックができます。

 新江さんの願いは、「うた・うた・うた」やかつての「青年歌集」さらには、ジョーヒルがつくった「小さな赤い歌の本」のように、人びとが歌う場にこの本があって、歌いあってほしいということ。

 その願いをうけとめていただけたら、と思います。

 
 


04 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。