パンとともにバラを

----人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 先達   Tags: ---

Response: Comment: 1  Trackback: 0  

社会科学としての倫理を説いた師匠、中易一郎

前のブログに書いた6年前(なんと6年も経つのか!)の記事ですが残しておきたくて、リサイクル。

**************************

ゴールデンバット


(2008年)8月18日、哲学の師匠、中易一郎先生が亡くなりました。79歳。たしか、1928年生まれだったと思います。中易先生との出会いは、大学一年、18歳のとき。法政大学の倫理学の授業です。先生は拓殖大学に勤めていましたが、法政にもドイツ語と倫理学を教えに来ていたのです。

先生は風貌も独特でした。唐草模様の風呂敷包み、ミッキーマウスの安物の時計、たばこはゴールデンバット。  先生も執筆者の一人だった『現代の倫理』(青木書店)をテキストにした講義は抜群に面白く、いつも一番前に陣取って講義を聞いていました。大教室の授業でしたが、私語をするものがいると「こら~、うるさい!でていけ~」と一喝。教育者としての厳しさがありました。 

中曽根氏との面接

ご自宅にも何度かお邪魔し、いろんな話を聞きました。拓殖大学に就職するさい、総長だった中曽根康弘氏の面接を受けたそうです。  

あらかじめ、「マルクスをやっているなどと決して言ってはならない」と就職を世話してくれた人からアドバイスされていたので、「ヘーゲルの研究をしている」と言ったところ、「ヘーゲルか。危険だなあ。哲学はカントまでだな」と中曽根さんは応えたらしい。 さすが中曽根氏。その鋭い(!!)感覚に笑ってしまいました。あっぱれ!

でも、中易先生、無事就職できたんですね。


『君たちはどう生きるか』


 『世界』の名編集長だった吉野源三郎さんが亡くなられた頃で、もともとの日本小国民文庫版の『君たちはどう生きるか』(1937)を見せて頂いたりもしました。

私は、吉野さんが亡くなられて、この本の存在を知り、大学の図書館でポプラ社版の『君たちはどう生きるか』を読んだのですが、「あれはオリジナルとは少し違うから、ぜひオリジナルのものを読むように」と勧められ、オリジナルの復刻版が岩波文庫からそのころ出たので、それを再読しました。

文庫版には丸山真男の「『君たちはどう生きるか』をめぐる回想」が収録されています。

「この1930年代末の書物に展開されているのは、人生いかに生くべきか、という倫理だけでなくて、社会科学的認識とは何か、という問題であり、むしろそうした社会認識の問題ときりはなせないかたちで、人間のモラルが問われている点に、そのユニークさがある」(310ページ)と丸山さんは述べていますが、中易先生が説く倫理学もまた、そういう性格をもっていたと思います。

ファンタジーと哲学

先生は、ファンタジーも好きだったようで、エンデの『モモ』『はてしない物語』、ル・グィンの『ゲド戦記』などについてもよく語っていました。

「『モモ』は、面白いけど、マルクスについて悪口を書いているぞ」。  


今日、その箇所をやっと見つけました(怠け者の弟子をお許し下さい)。観光ガイドの若者、ジジの話に出てきます。  「〈赤い王〉とあだ名された世にも残虐な暴君、マルクスセンティウス・コムヌスのことはごぞんじでしょうが、この暴君は、とうじの世界をじぶんの考えどおりにつくり変えようとくわだてた人なのです。ところがどんな方法でやってみても、けっきょく世界はおんなじようなままでしたし、人間というものはそうかんたんには変わらないものだとわかっただけでした」(62ページ)

当時の社会主義国の実態からすれば、エンデの書いていることもわからないではない。  『はてしない物語』については、こんな話をしてくれました。

 「ファンタジーエン(空想の国)に虚無の侵蝕が始まっている。それを救うために必要なのは、このファンタジーエンに、現実から少年(バスチアン)が訪れることであり、そのことがまた、現実世界の虚無を救う…。これは認識論として重要だ」

人間の認識の源泉は現実世界にあり、現実と思想の行き来が弱まると、その両方の世界が危機に陥る。「はてしない物語」とはその永遠の交互作用のことなのだということでしょう。  

そして、ファンタジーエンの女王、幼ごころの君に新しい「名前」をつけることが重要な意味をもつのですが、「名前」については『ゲド戦記』について語ってくれたことを紹介しましょう。

 「名づけるということは、そのもののもつ本質をつかみだすことである。怪獣が登場して、すぐさま『ゼットンだあ』なんていうのは分かるわけがない。対象についての研究があって、初めてものごとの本質はつかむことができる」と中易先生。

 「たったひとつの名まえをつきとめる。ただそれだけのために、これまで何と多くのすぐれた魔法使いがその生涯をかけてきたことじゃろう。失われたか、また、あばかれぬかするたったひとつの名まえを明らかにせんとしてな」(『影とのたたかい ゲド戦記Ⅰ』76ページ)

 「そう、魔法使いの力にかなうものは、自分の身近なもの、つまり、すべてを正確に、あやまたずに、その真(まこと)の名で言い得るものにかぎられるんじゃ」(同78ページ)

 
 中易先生には、『やさしい哲学』(ペンネーム須賀三郎・学習の友社)という著書があります。

 「ぼくらがあるものを明らかにするには、まず、ほかのものから、区別する必要がある。いつもつながり(連関)とともにちがい(区別)を明らかにしないとだめだ。ーー区別と連関は弁証法的な考え方を身につけるうえで大切なことだ」(15ページ)と書いているが、まさに「真の名」をつきとめ、概念を規定することは同一と区別を明らかにすることによって可能となるのです。

対象変革が自己変革を引き起こし、自己変革が対象変革を…  

 思い出はつきませんが、最後に、ボクがノートに抜き書きして、ときどき読み返しては、自分を励ましてきた文章を紹介し、結びとします。  

「運動というのは、はじめから完璧なものはなにひとつとしてないのも事実だ。運動の運動たるゆえんは、いままでになかったものが生成する点にある。

ダメ男とダメ女の連合というみばえのしない運動であっても、ただ一点、未来を支える次代者を人間へと生成させようとするベクトルで結ばれ、自分自身を例外者の高みにおかない決意さえあるならば、運動そのものの論理によって、

すなわち、対象変革は自己変革をひきおこし、自己変革はまた、対象変革にはねかえるという論理によって、たとえ最初は社会の一部に限定されたささやかな運動であろうとも、この運動の過程のなかで運動者自身が自己を真に民主的、人間的に改造することができ、こうした人間たちの連帯運動は、人類の未来を背負う逞しい次代を出現させるであろう。

小さな運動の流れが各地でつぎつぎ合流しながら、相互に経験を交流して大河になってゆくとき、解決不能にみえた問題も解決可能な形態で開示されてくるだろう。

(中易一郎「社会の鏡としての非行とその克服」『唯物論研究』第5号,1981、 より)


スポンサーサイト

Category: 先達   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

人生を変えた出会い 芝田先生と私(3)

●ともにたたかって書け

なかばやけくそで「では、何をやったらいいんですか」と開き直った。「第一学習社という教科書会社があって、そこに出版労連の組合がある。長い労働争議が続いていますが、なかなかいいたたかいをしていて、もう少しで勝てそうだから」と芝田先生はいう(1993年、争議は全面解決勝利。解雇された2人の組合員は原職〔教科書編集〕復帰した)。

「わかりました。とりあえず連絡先を教えて下さい」というと「いや、その必要はありません。いま、ここから電話をします」といって研究室の黒電話をとった。

「これから、二見君という大学院生をいかせます。封筒貼りでも何でもやらせてください。それが私の指導方針です」といって電話を私に渡した。

「どこかの組合に行って資料をもらって、その資料で書くというのはダメです。いっしょにたたかって、そのなかで論文を書きなさい」

そう芝田先生は私にいった。

指導教官の言われるがままにテーマを決めるのはいやだと思ったが、第一学習社労組の高瀬均さんや小林和俊さんの話を聞き、「この争議をテーマにするとともに勝たせたい」と考えるようになっていた。授業の合間を縫って労組書記局へ通う日々が始まった。

●世界という書物を読む
 
芝田先生はいつも「世界という書物」「現実という書物」を読むことの重要性を語った。そして、先生自身がつねに目前の現実と格闘し、そこからみずからの思想を深めていかれた。ベトナム戦争、ヒロシマ、そして氏自身が「人生最後、最終のたたかい」と呼んだ予防衛生研究所(現、衛生研)とのバイオハザード裁判……。

 「ドラマという思想」というエッセイがあり、そこで芝田先生は次のように述べている。

「思想というもの」は、「たんなる学問的諸命題の体系ではなくて、現実が提起する諸課題と格闘し、それらを解決し、実践的指針を引きだす思想的・理論的活動・能動的営みではないだろうか。現実が提起する諸課題は、どれもこれも新しく、初めての問題提起であって、それに対する解答は、できあいの公式や、〝模範解答的教科書〟のなかに容易に見いだすことはできない。

しかも、それらの諸課題の多くは、緊急に提出されたものであって、無限に解答をひきのばすことも、沈黙し無為にすごすこともゆるさず、即座に、あるいは時間ぎめで解答することをせまってくる。

そのうえ、その解答のいかんによって、みずからの運命、ひいては自分のぞくする集団、階級、民族、人類の運命が左右されるような場合も少なくない。現実が提起する課題を受けとめ、それについて、かぎられた時間内に、研究し、思索し、判断し決断し、実践にうつす。これこそが思想のあり方であり、思想の本領にほかならない」

「マルクスの思想をたんに学ぶだけでは、それをドグマとしておぼえただけのことであって、まだマルクス主義者ないし科学的社会主義者となったとはいえない。現実との格闘をつうじて、その思想をドラマティックに運用・活用できるようになること、そのことを通じて人生と世界史のドラマを生きること。そのことにこそ、ある思想が思想になった、思想的に獲得されたといえるのであろう」(『人生と思想』p.52-3)

 いささか長文の引用となったが、まさに芝田先生の「人生と思想」の繋がりが述べられている。
 
                                      (おしまい) 

DSC_1116_convert_20140131041740.jpg
(先生の主著『人間性と人格の理論』にサインしてもらった。グラムシの「情熱のみが理性を鋭くする」という言葉が添えられています。30歳のとき〔1961年〕に出版されていて、うーん、とてもかないません)
 

Category: 先達   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

人生を変えた出会い 芝田先生と私(2)

●広島大学へ

研究者志望であった私は大学4年のときとその翌年と都内の大学院を2つほど受けたが合格せず、そのままアルバイト先に就職した。仕事は面白かったが、3年ほどたったころ、「このままでいいのか」という内なる声が大きくなり始めた。

その頃読んだ、渡辺治『現代日本の支配構造分析』(花伝社)に刺激され、再び研究者への道を考え始めた。自分の研究テーマを戦前の農民運動から現代の労働・社会運動へ設定し直し、さて、どこの大学院が受け入れてくれるかと考えたところ、労働運動について指導できる教官がいる大学院はそう多くはなかった。そして、芝田先生のいる広島大学を受験することにし、さいわいにも合格した。1990年春である。

●テーマ設定をめぐって

大学院芝田ゼミのゼミ生は4人で、ゼミは先生の研究室で行われた。『資本論』や『経済学・哲学草稿』などを輪読。私は研究テーマを労働・社会運動とはしていたものの、修士論文で扱う具体的な研究対象を何に据えるのかが定まっていなかった。私が当初、考えたのは地域を単位にした地域労組(コミュニティ・ユニオン)についてであった。

ゼミでの報告で、地域の重要性を指摘する際に不用意に「職場だけでなく地域を」という文言を使った。いつもにこにこしながら報告を聞いて、コメントをする芝田先生であったが、このときだけは厳しい表情をして次のように言われた。

●職場とともに地域を

「~だけでなく…を」というのは私が一番、排してきた考え、非弁証法的な考えです。「職場だけでなく地域を」というスローガンは職場闘争を軽視することになり、実践的にも誤りに陥ることになる。職場闘争をおおいに展開し、時短(労働時間の短縮)などもかちとることがなければ、どうして地域へ出ていくことができるでしょう。あなたのいわんとすることは「職場とともに地域を」というふうに言いかえなければならない。

強いショックを感じた。言葉を厳密に使うことの重要性を思い知らされた。そして、「その地域労組というのは広島にあるのですか」と芝田先生は尋ねた。いまは広島にも地域労組があるが、当時はなく、「大阪にはあるのでその事例を研究しようと思う」と返事をした。すると、「あなたはせっかく神奈川から広島に来たのだから、広島の労働運動の研究をしなさい」とすぐさま言われた。


DSC_1114+(1)_convert_20140130055633.jpg
(芝田先生から届いた手紙。ヒロシマ紀元41年1月20日とある。西暦では1986年。ヒロシマ紀元は芝田先生が提唱した時代区分。人類の歴史は1945年の8月6日以前と以後とで区分される。ヒロシマ紀元以後、人類絶滅の危険性に直面し人びとはそれとたたかい克服するという課題を背負うようになった。)

Category: 先達   Tags: ---

Response: Comment: 1  Trackback: 0  

人生を変えた出会い 芝田先生と私(1)

櫻井智志著『座標 吉野源三郎・芝田進午・鈴木正』(いりす)が刊行されました。

「座標とは、戦後民主主義とともに日本が新たにスタートして、今が昏迷した激動の時代であっても、ここに生きる私たちを取り巻く社会的構造と生きる志を客観視したものである。それを解き明かすために、私は縦軸に古在由重を、横軸に吉野源三郎、芝田進午、鈴木正を配し、私見をまとめてみた」(本書「あとがき」より)


座標―吉野源三郎・芝田進午・鈴木正座標―吉野源三郎・芝田進午・鈴木正
(2014/01)
櫻井 智志

商品詳細を見る


横軸のひとりに我が師、芝田進午がとりあげられています。偉大な哲学者であり、とても人間くさかった芝田先生。亡くなられた翌日(2001年3月15日)に書いた「人生を変えた出会い」を3回に分けて掲載します。




DSC_1114_convert_20140129172005.jpg
(写真は芝田先生の自宅で撮影したものです。『核時代Ⅰ思想と展望』〔1987年、青木書店〕、その下にあるのが『人間性と人格の理論』〔1961年、青木書店〕) 


●芝田先生と出会わなければ

 人生を変える出会いというものがある。わが師、芝田進午との出会いはまさにそうであった。現在私は広島で大衆的学習教育運動にたずさわっているが、芝田先生と出会わなければ、広島にいることすらなかったであろう。
 師は、2001年3月14日、永眠。心から哀悼の意を表するとともに、芝田進午先生の思い出を綴ることで、師を偲びたい。

●人間性と人格の理論

 「活動家であるものはこれを読まなくてはいけない」

法政大学時代に先輩がそういって勧めてくれたのが、芝田進午著『人間性と人格の理論』(以下、『人格の理論』)であった。お金がなかったので、神田の古書店で探して買い求め、むさぼるように読んだ。そして引用されている文献について手紙を書いて質問した。

当時私は、大学のゼミで自分の考えとは違う立場の見解について、揚げ足取り的な発言ばかりしていた。ゼミの教官(江村栄一先生)がそんな私をみかねて「相手の言っている本筋のところで批判をしないと意味がない。マルクスも『法哲学批判』で『相手のもっとも強いところを批判せよ』と言っているのだから」とたしなめた。いささか反省するとともに、さっそく『ヘーゲル法哲学批判』を読んでみたが、そんな文言はなかった。それが『人格の理論』に引用されていたのだ。

「グラムシが、政治闘争と軍事闘争では敵のもっとも弱いところをつくべきであるが、理論闘争では敵のもっとも強いところをつけと主張した」(『人格の理論』p.321)。 大学の図書館にいき、合同出版のグラムシ選集をひっぱりだして該当ページをみるが、出ていない。どの全集をみればいいのかというような質問だった。

●ていねいな返事がとどく

 ほどなくして、ていねいな返事が来た。そこには、執筆当時には邦訳がなく、イタリア語原典の全集版の巻数、ページ数であること、合同出版の『グラムシ選集』では、第2巻のp.168~9ページであること、そして、東京に住んでいるので遊びにいらっしゃいとまで書いてあった(当時、私は神奈川県の自宅から大学へ通っていた)。手紙とともに、芝田先生が新聞や雑誌に書かれたもののコピーがどっさり入っていた。

名も知らぬ一学生にここまでしてくれるのかと感激した。送られたコピーも繰り返し読んだ。そして、新宿戸山の自宅にも伺わせてもらった。

それから自宅で開かれている日曜セミナーや水道橋の労音会館での社会科学研究セミナーに顔をだすようになった。

(つづく)


Category: 先達   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

上田耕一郎著作集第6巻

10月11日付「しんぶん赤旗」に上田耕一郎著作集第6巻の広告が掲載されました。三つの論文が収録されていますが、「『ブッシュ戦争』と『核・軍事的帝国主義』論」は、わが広島県労働者学習協議会が2001年に上田さんを呼んで広島県民文化センターを満杯(550人)にした大学習会での講演がもとになっています。

 膨大な著作のある上田さん。わずか6巻の著作集の1編を飾ることができて光栄です。上田さんのようなアジテーターになることが目標だなあ。講演が終わったあと、うがいをしながらぜいぜいと息をはずませていた上田さんの姿が目に浮かびます。謝謝。

DSC_0932_convert_20131012171043.jpg




以下は、当時ニュースに書いた上田さんの紹介文です。国会議員は引退されていたので、若い人は「知らない」という反応もあったりして…。いま読み返すと、中野時代の市民運動のことは書いてないなあ。



名前は、雲輔(くもすけ)になるところだった

 「ぼくが生まれたとき、おやじは、神奈川県茅ヶ崎市に新しくできた雲雀(ひばり)ヶ岡児童の村小学校という自由教育の私立小を開校して校長をしていたわけなんですが、その「雲雀ヶ岡」の「雲」をとって「雲輔」としたんですね。そしたら、おふくろがね、結婚してからはじめておやじに反対したというんですよ。「雲輔」では大きくなってからあんまりかわいそうだ(笑い)、といってね。それでようやく耕一郎と、今の名前におちついたわけです」(植木等さんとの対談から)

●不破哲三さんは弟

 日本共産党の議長、不破哲三さんは上田さんの実弟。なぜ苗字が違うのか? 不破さんは実はペンネームで、本名は上田建二郎。鉄鋼労連の書記をしながら、共産党の理論活動をしていたので、ペンネームが必要だったようです。
 「どこかぼくの方がヤンチャ坊主風でしたでしょうなあ。弟はとにかく小さいころから本が好きで、小学校一年生にあがるときには6年生の教科書の半分は読めるような子でした。……大変仲がよくて、けんかしたのは小学生のころに一度くらいかな」(井上ひさしさんとの対談から)

 プライベートでは建ちゃん、耕ちゃんと呼び合っているとか。
『マルクス主義と現代イデオロギー』(1963年、大月書店)は上田さんと不破さんの共著。 

●カラオケは苦手

「上田さんはカラオケなどおやりにならない?」
「それがだめでしてね。うちの息子が一時期井上陽水の歌にこりまして、『氷の世界』なんてしょっちゅうかけていたもんですから覚えちゃったんですよ。それでなんかの集まりのときに『心もよう』を歌ったんです。そしたら『上田さん』、それはお経ですか(笑い)」(ジェームス三木さんとの対談から)

●マンガは上手い

「僕も療養していたころ、漫画で食ってたことがあるんですよ」
 「漫画でですか」
 「『毎日小学生新聞』に紹介されて四コマ漫画から連載ものに進んだんです。そしたら漫画映画の人が会いたいといってきましてね、どうも僕を漫画映画の世界に引っぱり込みたかったらしいですよ」(同上)

●『国会議員』(98年まで4期24年)

 上田さんは74年から引退する98年まで参議院議員。必ず、現職が一人落ちるといわれている激戦区、東京地方区で一度も落選せず。国会での活動は1999年平凡社新書から『国会議員』(平凡社新書)という本にまとめられています。「野党議員として24年、その緻密かつ鋭い舌鋒で歴代総理・大臣らを追いつめた論客が自らの軌跡をドキュメントタッチでつづりながら、国会議員がなすべき仕事は何か、国会はどうあるべきかを痛烈に訴える。政治不信など甘えてはいられない。日本の政治のあり方を考え、今こそ国会の機能を甦らせることを問う、注目の書」(カバーより)。

●資本主義のもとでも戦争はなくせる 戦争違法化の時代

 日本共産党の第22回大会は「独立・中立を宣言した日本が、諸外国とほんとうの友好関係をむすび、道理ある外交によって世界平和に貢献するならば、わが国が常備軍によらず安全を確保することが、常備軍によらず安全を確保することが、わが国が常備軍によらず安全を確保することが、21世紀には可能になるというのが、わが党の展望であり、目標である」と述べています。これは上田さんが97年の人民大学で提起したものです。

 上田さんはいいます。「マルクス・エンゲルスの時代は、搾取の廃止が戦争絶滅の大前提でした。いまは、発達した資本主義国で、搾取が廃止される前でも、全人類の民主主義的な任務として戦争を防止する、戦争をなくすということが提起され、かつ可能になっている時代ではないでしょうか。帝国主義時代、核時代というのはそういう時代です」(『変革の世紀』新日本出版社p.96)

 今回の講演ではこの提起を軸に縦横に語ってもらおうと思っています。
ちなみに今回の演題「21世紀を平和の世紀に」は『経済』2月号、3月号掲載の論文のタイトルを拝借したもの。事前に読んでおくと講演が深く理解できます。

●なぜ日本共産党に入ったのか 侵略戦争に反対した党、科学的社会主義の理論との出会い

 「私は終戦の翌年、1946年12月に入党して一高(現東大教養部)に党組織をつくりました。この道をと心を決めさせたのは、なんといっても2000万のアジアの人々を犠牲にしたあの侵略戦争に反対し抜いた政党と人間が日本にいたという、戦後初めて知った真実でした。もう一つは、人間の尊厳をおかすすべてのものと、勇敢に組織的にたたかわなければという理論、科学的社会主義にはじめて出会った感動でした」(パンフレット「私の国会報告」92年より)


07 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ふたみ伸吾

Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
府中町議会議員(日本共産党)
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

アクセスカウンター
本を買うなら
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。